発生生物学

卵子と精子、個体、老化まで、生命の一生にアプローチし、切っても死なないプラナリアからiPS細胞まで再生力の神秘に挑む

生殖細胞   幹細胞   遺伝子発現   器官形成

のぞいてみよう!この学問

こんな研究で世界を変える!〜最新研究を読もう

寄生蜂
ショウジョウバエを乗っ取る寄生蜂の巧みな寄生戦略

島田裕子 先生
筑波大学 生命環境学群 生物学類/理工情報生命学術院 生命地球科学研究群 生物学学位プログラム/生存ダイナミクス研究センター

記事を読もう

生物の形成過程
ウニの個体差はなぜ? 環境が生育に及ぼす影響

谷口俊介 先生
筑波大学 生命環境学群 生物学類/下田臨海実験センター

記事を読もう

臓器の形態形成
細胞もひっぱれば反応する!そこに臓器形成の鍵が

平島剛志 先生
京都大学 医学研究科 医学専攻、医科学専攻/生命科学研究科、白眉センター

記事を読もう

受精現象
複雑な受精を、 受精胚を守る「透明帯」に注目し解明

德弘圭造 先生
関西医科大学 附属生命医学研究所 ゲノム編集部門

記事を読もう

ヒトの皮膚細胞に乳酸菌を感染!? 驚きの実験を経てリボゾームの万能性を発見!

太田訓正 先生
九州大学 基幹教育院 自然科学実験系部門 幹細胞生物学分野

記事を読もう

学問をもっと深く知るために

[発生細胞生物学、細胞骨格]
生きて活発に活動している細胞を観察する高度な技術で細胞の謎を解く

清末優子 先生
理化学研究所

本コーナーは、中高生と、大学での学問・研究活動との間の橋渡しになれるよう、制作・運営されています。

「学べる大学は?」の「研究をリードする大学」で紹介する大学は、科学研究費の採択件数が多い大学です。( →詳しくはこちら )

各先生の所属など、掲載されている大学(学部・学科ほか)の名称は、2020年1月段階の調べによります。実際の進路選択等に際しては、各大学のHP等で改めてご確認ください。

みらいぶっくへ ようこそ ふとした本との出会いやあなたの関心から学問・大学をみつけるサイトです。
TOPページへ