発生生物学

卵子と精子、個体、老化まで、生命の一生にアプローチし、切っても死なないプラナリアからiPS細胞まで再生力の神秘に挑む

生殖細胞   幹細胞   遺伝子発現   器官形成

のぞいてみよう!この学問

こんな研究をして世界を変えよう

寄生蜂
ショウジョウバエを乗っ取る寄生蜂の巧みな寄生戦略

島田裕子 先生
筑波大学 生命環境学群 生物学類(生命環境科学研究科 生物科学専攻/生存ダイナミクス研究センター)

生物の形成過程
ウニの個体差はなぜ? 環境が生育に及ぼす影響

谷口俊介 先生
筑波大学 生命環境学群 生物学類(下田臨海実験センター)

学べる大学は?

研究をリードする大学

大学詳細

大阪大学

理学部 生物科学科
【 主な研究者 】
西田宏記 松野健治 今井薫(佐藤薫)

東京大学

理学部 生物学科
【 主な研究者 】
武田洋幸 入江直樹
教養学部 統合自然科学科 統合生命科学コース
【 主な研究者 】
道上達男

京都大学

理学部 理学科 生物科学系
【 主な研究者 】
船山典子

東北大学

理学部 生物学科
【 主な研究者 】
田村宏治 美濃川拓哉 熊野岳
医学部 医学科
【 主な研究者 】
大隅典子 中山啓子

名古屋大学

理学部 生命理学科
【 主な研究者 】
日比正彦 高木新 大隅圭太 清水貴史

筑波大学

生命環境学群 生物学類
【 主な研究者 】
古久保克男(徳永克男) 笹倉靖徳 谷口俊介

基礎生物学研究所

国立遺伝学研究所


その他の優れた大学

大学詳細

山口大学

理学部 生物・化学科 生物学コース

【発生生物学】 受精、卵割(細胞分裂)、胚発生、蛹と成虫形態の季節変化など、発生現象の重要なイベントそれぞれの専門分野の研究室が揃っている。

活躍する研究者

村上柳太郎 先生
山口大学
理学部 生物学科/創成科学研究科 地球圏生命物質科学系専攻 生物学コース

【発生遺伝学】ショウジョウバエをモデル動物に用い、発生現象を遺伝子の働きという面から研究。ショウジョウバエの消化管となる内胚葉の決定・分化に関わる遺伝子群が、脊椎動物と共通だと明らかにした。それは、人間の体や消化管の成り立ちを理解することにつながる。

太田訓正 先生
九州大学
基幹教育院 自然科学実験系部門 幹細胞生物学分野

【幹細胞生物学】細胞内の小器官の1つリボゾームで、自分の体から万能細胞を作ることに成功。ヒト皮膚細胞に生きた乳酸菌を感染させると、細胞塊が形成され、様々な種類の細胞へと分化できることをあきらかにした。

倉谷滋 先生
理化学研究所

【形態進化】Evo-Devoという系統発生と個体発生という、生物形態の変化を統合的、実証的に理解するための学問がある。Evo-devoの視点から、様々な動物種の胚発生を精密に比較分析する世界的第一人者。

若手研究が世界を変える

臓器の形態形成
細胞もひっぱれば反応する!そこに臓器形成の鍵が

平島剛志 先生
京都大学 医学研究科 医学・医科学専攻/生命科学研究科

受精現象
複雑な受精を、 受精胚を守る「透明帯」に注目し解明

德弘圭造 先生
関西医科大学 附属生命医学研究所 ゲノム編集部門

学問をもっと深く知るために

[発生細胞生物学、細胞骨格]
生きて活発に活動している細胞を観察する高度な技術で細胞の謎を解く

清末優子 先生
理化学研究所

興味がわいたら

発生生物学 生物はどのように形づくられるか

ルイス・ウォルパート

私たちの体は、もともと1個の受精卵が分裂を繰り返してできたものであり、どの部分をとってみても、形と機能が見事に調和している。本書では、たった1個の細胞から、どのようにしてこれほど精巧な生物になるのかという疑問を、分子レベルから、細胞、組織形成、個体発生へと最先端の研究を通じて解説している。生物に共通する発生の基本メカニズムについて、重要な概念を含め、基本をわかりやすく解説しているため、高校生なら十分理解できる内容である。 (大内淑代、野地澄晴:訳/サイエンス・パレット新書)


見た目の若さは、腸年齢で決まる

辨野義己

乳酸菌による腸内フローラ制御といった基礎的研究内容から、健康にもたらす実際の影響を幅広く解説している。大腸がん、花粉症、アレルギーなどと腸内環境の関係を探り、病気の治療から予防に至るまでの活用について解説する。 (PHPサイエンス・ワールド新書)


ホメオボックス・ストーリー 形づくりの遺伝子と発生・進化

ワルター・J・ゲーリング

ハエを研究する著名な発生遺伝学者の、研究をめぐる自伝本。1980年以降、発生生物学は驚異的な進展を見せたが、特筆すべきは、動物の体を作り上げる遺伝子とその働きの概要が明らかになり、さらにそれがショウジョウバエからヒトに至るまで共通であることがわかったことだ。これらの発見で重要な役割を果たした一人が、著者のゲーリング博士だ。著書からは発生生物学の劇的な進歩を導いた研究の現場の雰囲気が伝わってくる。ハエの体を作る重要な遺伝子群が、人間を含むほかの生物と同じであることを発見する。これは、人類も含めて従来の生物に対する見方を一変させる大発見だった。研究の競争をめぐる感情的対立にも触れている。 (浅島監:訳/東京大学出版会)


植物のこころ

塚谷裕一

著者は発生生物学、系統分類学を専門にする植物学者で、そのユニークな着眼は本書でも発揮。植物の器官が分化し多様化していく遺伝子群の働きを説明し、多様に進化した植物としてつる植物、着生や寄生する植物、昆虫と共生する植物や食虫植物などの特異な環境に適応した植物の戦略について、植物の感覚の鋭い戦略や特異な環境に適応した植物などを“植物のこころ”という題名で言い表し書き綴っている。 (岩波新書)


本コーナーは、中高生と、大学での学問・研究活動との間の橋渡しになれるよう、制作・運営されています。

「学べる大学は?」の「研究をリードする大学」で紹介する大学は、科学研究費の採択件数が多い大学です。( →詳しくはこちら )

各先生の所属など、掲載されている大学(学部・学科ほか)の名称は、2020年1月段階の調べによります。実際の進路選択等に際しては、各大学のHP等で改めてご確認ください。

みらいぶっくへ ようこそ ふとした本との出会いやあなたの関心から学問・大学をみつけるサイトです。
TOPページへ