応用生物化学

生物が作る有用物質の分子・遺伝子レベルでの化学反応を調べ、食品、健康増進、医薬品、工業製品などに応用

酵素   CO2濃縮機構   エイズ感染の原因酵素阻害   凍結耐性メカニズム

こんな研究で世界を変える!〜最新研究を読もう

環境汚染物質を分解する微生物の電子伝達系タンパク質の機能を解明して、環境浄化を目指す

木村成伸 先生
茨城大学 工学部 物質科学工学科/理工学研究科 量子線科学専攻

記事を読もう

昆虫のホルモンの研究から、動物の恒常性と変容性の仕組みを調べる

丹羽隆介 先生
筑波大学 生命環境学群 生物学類/理工情報生命学術院 生命地球科学研究群 生物学学位プログラム

記事を読もう

植物が持つエネルギー変換装置「葉緑体」の理解と利活用を目指して

稲葉丈人 先生
宮崎大学 農学部 植物生産環境科学科/農学研究科 農学専攻

記事を読もう


海外で学ぶなら

大学詳細

Duke University/デューク大学(米)

医学部生化学科

【生化学分野】 ノーベル賞受賞の有名大学。

Michigan State University/ミシガン州立大学(米)

Department of Plant Biology

特に植物の生化学・細胞生物学研究が優れている。

University of Toledo/トレド大学(米)

薬学部

【応用生物化学】 薬物代謝としての第2相反応の硫酸化研究。

Vanderbilt University/ヴァンダービルト大学(米)

医学部

【生化学、薬理学】 脂質関連の生化学者が豊富。

学問をもっと深く知るために

[食品科学、応用生物化学]
5%にも満たないミネラルがきみの健康を左右する

神戸大朋 先生
京都大学 農学部

[植物バイオテクノロジー/植物分子細胞育種学]
植物でバイオテクノロジー ~クローン繁殖から、物質生産・遺伝子導入まで

佐藤文彦 先生
京都大学 農学部

本コーナーは、中高生と、大学での学問・研究活動との間の橋渡しになれるよう、制作・運営されています。

「学べる大学は?」の「研究をリードする大学」で紹介する大学は、科学研究費の採択件数が多い大学です。( →詳しくはこちら )

各先生の所属など、掲載されている大学(学部・学科ほか)の名称は、2020年1月段階の調べによります。実際の進路選択等に際しては、各大学のHP等で改めてご確認ください。

みらいぶっくへ ようこそ ふとした本との出会いやあなたの関心から学問・大学をみつけるサイトです。
TOPページへ