動物生理・行動

生体を調節するホルモンや脳内ホルモンを調べ、動物の行動や心理を司るシステムを明らかにする

代謝   神経回路   体内時計   AIロボット   神経生物学

のぞいてみよう!この学問

こんな研究で世界を変える!〜最新研究を読もう

コオロギの脳の情報処理の計算過程のすべてを理解したい!

小川宏人 先生
北海道大学 理学部 生物科学科 生物学/生命科学院 生命科学専攻 生命システム科学コース/脳科学研究教育センター 発達脳科学専攻

記事を読もう

コオロギやクモの脳の仕組みはどうなっているの?~動物の脳神経の研究

青沼仁志 先生
北海道大学 電子科学研究所/生命科学院

記事を読もう

環境光による記憶維持機構 ~トラウマ記憶は消去できる?~

坂井貴臣 先生
東京都立大学 理学部 生命科学科/理学研究科 生命科学専攻

記事を読もう

昆虫のホルモンの研究から、動物の恒常性と変容性の仕組みを調べる

丹羽隆介 先生
筑波大学 生命環境学群 生物学類/理工情報生命学術院 生命地球科学研究群 生物学学位プログラム

記事を読もう


海外で学ぶなら

大学詳細

Tufts University/タフツ大学(米)

生物学科

【ソフトロボティクス】 ロボティクスと神経科学のアプローチから動物の行動を理解しようとしている。

University of Cambridge/ケンブリッジ大学(英)

Department of Zoology

【神経生物学】 ケンブリッジでは昔から昆虫を使った神経生物学が盛んであり、現在の分野リーダーであるDr. Berthold Hedwigは、コオロギの聴覚コミュニケーションの研究で世界的に著名だ。

学問をもっと深く知るために

[動物行動学]
野生動物に名前を付けて観察。動物たちの不思議な「社会」を解き明かす

沓掛展之 先生
総合研究大学院大学

本コーナーは、中高生と、大学での学問・研究活動との間の橋渡しになれるよう、制作・運営されています。

「学べる大学は?」の「研究をリードする大学」で紹介する大学は、科学研究費の採択件数が多い大学です。( →詳しくはこちら )

各先生の所属など、掲載されている大学(学部・学科ほか)の名称は、2020年1月段階の調べによります。実際の進路選択等に際しては、各大学のHP等で改めてご確認ください。

みらいぶっくへ ようこそ ふとした本との出会いやあなたの関心から学問・大学をみつけるサイトです。
TOPページへ