動物生理・行動

生体を調節するホルモンや脳内ホルモンを調べ、動物の行動や心理を司るシステムを明らかにする

代謝   神経回路   体内時計   AIロボット   神経生物学

学べる大学は?

研究をリードする大学

大学詳細

東京大学

理学部 生物化学科
【 主な研究者 】
飯野雄一 深田吉孝
理学部 生物学科
【 主な研究者 】
岡良隆 久保健雄

北海道大学

理学部 生物科学科 生物学
【 主な研究者 】
小川宏人 水波誠 松島俊也
工学部 情報エレクトロニクス学科 生体情報コース
【 主な研究者 】
西川淳

京都大学

理学部 理学科 生物科学系
【 主な研究者 】
沼田英治

大阪市立大学

理学部 生物学科
【 主な研究者 】
寺北明久 後藤慎介 小柳光正

広島大学

総合科学部 総合科学科 自然探究領域
【 主な研究者 】
浮穴和義 古川康雄
理学部 生物科学科
【 主な研究者 】
植木龍也

岡山大学

理学部 生物学科
【 主な研究者 】
吉井大志 富岡憲治

大阪大学

理学部 生物科学科
【 主な研究者 】
名田茂之 橘木修志

高知大学

理工学部 生物科学科
【 主な研究者 】
鈴木知彦

その他の優れた大学

大学詳細

東京都立大学

理学部 生命科学科

【ショウジョウバエを使った研究】 ショウジョウバエは簡易に遺伝子改変が可能なモデル生物。そのショウジョウバエを実験材料とした研究室が3つ存在する。研究分野も多岐に渡り、各分野で最先端の研究を行っている。他大学でこれほどショウジョウバエ研究に力を入れている大学はない。

福岡大学

理学部 地球圏科学科

【ミツバチのダンスコミュニケーション】 ミツバチの社会性を生理学的に解き明かそうとしている点が特筆。


海外で学ぶなら

大学詳細

Tufts University/タフツ大学(米)

生物学科

【ソフトロボティクス】 ロボティクスと神経科学のアプローチから動物の行動を理解しようとしている。

University of Cambridge/ケンブリッジ大学(英)

Department of Zoology

【神経生物学】 ケンブリッジでは昔から昆虫を使った神経生物学が盛んであり、現在の分野リーダーであるDr. Berthold Hedwigは、コオロギの聴覚コミュニケーションの研究で世界的に著名だ。

主な研究者

研究者詳細
小川宏人
北海道大学
理学部 生物科学科 生物学/生命科学院 生命科学専攻/脳科学研究教育センター

【システム神経生物学、神経生物学、神経行動学、神経科学】動物が刺激を受けてある行動を起こすとき、感覚情報の処理〜意思決定〜運動の企画〜運動制御というすべての神経回路と、そこで実行されている「計算過程」を究明する。

青沼仁志
北海道大学
生命科学院 生命科学専攻/電子科学研究所

【昆虫の神経生理学、ロボティクスニューロバイオロジー】微小な脳ながら、種独自の行動や優れた学習能力で環境の変化に適応する昆虫の研究。従来の行動観察や細胞レベルでの生理学的な解析にくわえ、新たにロボット工学と連携したロボティクスニューロバイオロジーを推進。昆虫の優れた神経系の設計原理や行動原理の知見をロボット技術の発展や医療に生かす。

志賀向子
大阪大学
理学部 生物科学科/理学研究科 生物科学専攻

【比較神経生物学、時間生物学】昆虫の脳がどうやって様々な時間を刻むのか、ルリキンバエという昆虫の脳組織から休眠調節に重要な2種類の神経分泌細胞を発見。その休眠調節には概日時計ニューロンが必要なこと、それが休眠を誘導するニューロンや生殖に必要なニューロンと連絡しあうことも明らかに。

坂井貴臣
東京都立大学
理学部 生命科学科/理学研究科 生命科学専攻

【神経遺伝学、脳科学】脳は長期記憶をどのようにして獲得するのか、獲得した記憶をどう維持し続けるのか、その機構を分子レベルで明らかにする研究。その過程で長期記憶を促進する遺伝子を発見。老化現象を引き起こす分子経路の解明に取り組む。

石黒章夫
東北大学
工学部 電気情報物理工学科/工学研究科 電気エネルギーシステム専攻/電気通信研究所

【ロボット制御工学】生物を観察しながらその生物の運動をロボットで再現し、生物学からはアプローチできない視点で考察する 。

上川内あづさ
名古屋大学
理学部 生命理学科/理学研究科 生命理学専攻

【ショウジョウバエの聴覚情報処理の神経機構】ショウジョウバエを使って、聴覚器官から脳内の聴覚処理回路を分子遺伝学的な手法で研究している。

吉村崇
名古屋大学
農学部 資源生物科学科/生命農学研究科 動物科学専攻/トランスフォーマティブ生命分子研究所

【脊椎動物の光周性機構】鳥類、魚類の光周性メカニズムについての分子、内分泌学的研究を精力的に進めている。

大須賀公一
大阪大学
工学部 応用理工学科 機械工学科目/工学研究科 機械工学専攻

【陰的制御学】シロアリは取るに足らない微小脳でなぜ巨大アリ塚を築くことができるのか。それは微小脳を働かせるという陽的制御だけでなく、陰的制御との相互作用で高度な作業が可能になる――ユニークな制御論によって、機械の制御と生物の制御に共通するメカニズムを理解しようとしている。

木村幸太郎
名古屋市立大学
総合生命理学部 総合生命理学科/システム自然科学研究科 理学情報専攻

【線虫の匂い忌避行動の神経回路】モデル動物である線虫の利点を生かしながら、精密な行動解析とイメージングなどの最先端の生理学実験を行っている。

後藤慎介
大阪市立大学
理学部 生物学科/理学研究科 生物地球系専攻

【昆虫季節適応の分子生理学研究】分子生理学から生態学と幅広い観点で季節適応機構の研究を行っている。

神崎亮平
東京大学
工学部 機械情報工学科/情報理工学系研究科 知能機械情報学専攻/先端科学技術研究センター

【カイコガのフェロモン探索行動の神経機構】昆虫にBMIの視点を持ち込んで、カイコガロボットや光遺伝学などを使った面白い研究をする。BMIとは脳と外部機器を直結する技術、プレインマシンインタフェースのことである。

沼田英治
京都大学
理学部 理学科 生物科学系/理学研究科 生物科学専攻

【昆虫季節適応の生理生態学および生理学研究】様々な周期現象の実態を明らかにし、次々と新しいテーマを切り開いてきた。

富岡憲治
岡山大学
理学部 生物学科/自然科学研究科 生物科学専攻

【昆虫の時間生物学研究】昆虫時計の脳内の在り処をいち早く突き止め、概日リズムや光周性の分子神経機構を明らかにしてきた。

興味がわいたら

動物行動学入門

P.J.B.スレーター

この本の翻訳者、日高敏隆博士は、動物行動学の第一人者。日本に動物行動学を最初に紹介した人であり、ヨーロッパの代表的な動物行動学者の日本語訳も多い。この本もその流れに沿って生まれたもので、動物行動の面白さ、そのしくみを探る神経行動学、感覚生理学の学問領域の基礎が解説されている。 (日高敏隆、百瀬浩:訳/岩波書店)


生きものは昼夜をよむ 光周性のふしぎ

沼田英治

生物が光を感じ、昼と夜を区別することは多くの人が知っていることだろう。しかし、一日の明るい時間あるいは暗い時間の長さを知り、そこから季節を感じることはあまり知られていないかも。動物も植物も24時間を測る体内時計を使って季節を読むと考えられているが、体内時計をどうやって使っているのか、脳の中でどうやって昼夜の長さを測っているのかまだわかっていない。この本は、光周性がどのように発見されたのか、またそのしくみがどのように明らかになってきたのか、光周性の発見から現在の研究に至るまでわかりやすく紹介されている。これらの多様な光周性のしくみをひもとく研究は、動物生理・行動という学問分野の一つだ。 (岩波ジュニア新書)


生き物をめぐる4つの「なぜ」

長谷川真理子

ノーベル医学生理学賞を受賞した動物行動学者、ニコ・ティンバーゲンの説いた「生物学の4つのなぜ」というものに基づいて、オスメスの違い、鳥のさえずりなど生物の持つ不思議な特徴について解説している。4つのなぜは生物を理解するための基礎となる問いかけだから面白いし重要だ。著者は動物行動学者で、一般の人のためのいろいろな啓蒙書を書いている。 (集英社新書)


食欲の科学

櫻井武

食べたいという欲求を脳に伝え、食行動へとつながっていくメカニズムを明らかにしている。著者は医師。覚醒を制御する神経ペプチド「オレキシン」を発見。脳内新規分子の探索を進めつつ、睡眠・覚醒機構のほかに、この本のような摂食行動の制御機構、情動の制御機構の解明をめざしている。食欲はどのように生じるかが、わかりやすく記載されている。 (ブルーバックス)


本コーナーは、中高生と、大学での学問・研究活動との間の橋渡しになれるよう、経済産業省の大学・産学連携、および内閣府/総合科学技術・イノベーション会議の調査事業の一環として、企画・制作・運営されています。
各先生の所属など、掲載されている大学(学部・学科ほか)の名称は、2020年1月段階の調べによります。実際の進路選択等に際しては、各大学のHP等で改めてご確認ください。

みらいぶっくへ ようこそ ふとした本との出会いやあなたの関心から学問・大学をみつけるサイトです。
TOPページへ