生物系薬学

生体のしくみを遺伝子レベルから個体レベルまで調べ、得られた生命科学の知見を薬づくりに生かす

活性酸素   がん   シグナル伝達   アポトーシス

学べる大学は?

研究をリードする大学

大学詳細

東京大学

薬学部
【 主な研究者 】
村田茂穂 富田泰輔 三浦正幸 一條秀憲

京都大学

薬学部
【 主な研究者 】
申惠媛 久米利明 加藤裕教 金子周司 柿澤昌

北海道大学

薬学部
【 主な研究者 】
松田正 南雅文 鈴木利治

大阪大学

薬学部
【 主な研究者 】
小比賀聡 水口裕之 土井健史 新谷紀人

東北大学

薬学部
【 主な研究者 】
矢野環 倉田祥一朗 福永浩司 青木淳賢 松沢厚

名古屋市立大学

薬学部
【 主な研究者 】
林秀敏 服部光治 星野真一 山村寿男

神戸薬科大学

薬学部 薬学科
【 主な研究者 】
北川裕之 江本憲昭 中川公恵 小西守周

岡山大学

薬学部
【 主な研究者 】
井上剛 上原孝

北里大学

薬学部
【 主な研究者 】
今井浩孝 中原努

その他の優れた大学

大学詳細

近畿大学

薬学部

【生物系薬学】 学会で発表している学部学生の研究レベルが高い。

主な研究者

研究者詳細
中山祐治
京都薬科大学
薬学部 薬学科/薬学研究科 薬科学専攻

【細胞生物学】ヒトの体を成長させる細胞分裂のしくみを調べ、どのようなしくみにより細胞分裂が正常に進んでいくのか研究。細胞分裂の過程で、新しい細胞に遺伝情報を正確に伝えることに失敗するとがんを引き起こす。その仕組み理解し、新たな抗がん剤の開発に取り組む。

藤室雅弘
京都薬科大学
薬学部 薬学科/薬学研究科 薬科学専攻

【ウイルス学、細胞生物学、感染症学】カポジ肉腫関連ヘルペスウイルスによって起こる、宿主細胞のがん化機構を解明する研究。このウイルス感染の成立、感染の維持、ウイルス発がん等の機構を明らかにし、新規ウイルス薬の開発や治療法開発への展開を目指す。

小西守周
神戸薬科大学
薬学部 薬学科/薬学研究科 薬科学専攻

【細胞外分泌因子による生体機能調節】免疫機能や代謝調節における、細胞外分泌因子の役割の解明をテーマに研究。免疫と代謝の2つの役割は従来、独立して存在すると考えられていた。2つの相互作用の研究が進展すれば、免疫であればがんや感染症の治療に、代謝であれば肥満症や糖尿病の発症原因の理解や治療法の開発に有用な知見が得られると期待される。

北川裕之
神戸薬科大学
薬学部 薬学科/薬学研究科 薬科学専攻
森山博由
近畿大学
薬学部/薬学総合研究所

【iPS細胞を用いた再生医療】iPS細胞を用いた再生医療、間葉系幹細胞の創出やそれらを用いた細胞・組織等への分化誘導制御、細胞から個体レベルに至る皮膚科学の探求を通して、安全で効率的な再生医療の実現に繋がる研究を行う。

杉浦麗子
近畿大学
薬学部 創薬科学科/薬学研究科 薬科学専攻/薬学総合研究所

【酵母を用いたシグナル伝達、薬理学的研究】モデル生物に酵母を用いた創薬アプローチにより、新しいメカニズムの抗がん薬シーズを探索、開発している。

興味がわいたら

がん遺伝子の発見 がん解明の同時代史

黒木登志夫

すべての細胞の中には『がん遺伝子』と呼ばれる遺伝子が存在する。この遺伝子は名前のとおり『がん』に関係し、過剰に活性化されるとがんになる。では細胞はがんになるための遺伝子をもっているということなのかというと、そうではない。通常はこれらの『がん遺伝子』も、正常に生きていいくための重要な活動を担っている。細胞分裂の異常など、遺伝子が異常になって初めてこの『がん遺伝子』は細胞をがん化させるのだ。本書は、このような『がん遺伝子』の発見の経緯からがんを引き起こすしくみについて、簡単にわかりやすく解説している。 (中公新書)


ミトコンドリアはどこからきたか 生命40億年を遡る

黒岩常祥

私たちの体細胞の一つ一つに含まれるミトコンドリアが、どのようにして現在のような働きを持つに至ったかや、最新の研究について述べている。細胞生物学の深い理解を、小説のように分かりやすい文体から得られる良書である。 (NHKブックス)


肥満遺伝子 肥満のナゾが解けた!

蒲原聖可

太るという生命現象の問題点や、その成因について理解できる。特にその成因については、従来言われていた「意識の問題」以外にも、生まれながらの肥満傾向があることを生物学的に説明している。学生でも読める内容で、かつ非常にホットな研究分野であること、また生理学、病態生理学、分子生物学などの簡単な知識が得られることもこの本の良い点だろう。 (ブルーバックス)


はたらく細胞

清水茜

細胞を擬人化。スギ花粉や肺炎球菌など、様々なウイルスや脅威に対し、白血球、赤血球、血小板などのキャラクターたちが撃退する。免疫のしくみがわかりやすく説明されており、入門書として最適だ。 (講談社コミックプラス)


本コーナーは、中高生と、大学での学問・研究活動との間の橋渡しになれるよう、経済産業省の大学・産学連携、および内閣府/総合科学技術・イノベーション会議の調査事業の一環として、企画・制作・運営されています。
各先生の所属など、掲載されている大学(学部・学科ほか)の名称は、2020年1月段階の調べによります。実際の進路選択等に際しては、各大学のHP等で改めてご確認ください。

みらいぶっくへ ようこそ ふとした本との出会いやあなたの関心から学問・大学をみつけるサイトです。
TOPページへ