ゲノム生物学

生命の謎の解明の基礎となり、すべての生物に共通する遺伝情報=ゲノムを解き明かす

ゲノムの構造   オルガネラゲノム   メッセンジャーRNAの働き   トランスクリプトーム

のぞいてみよう!この学問

こんな研究をして世界を変えよう

DNA複製
多様なDNA複製酵素たちが、協調してミッション遂行

大学保一 先生
東北大学 学際科学フロンティア研究所/生命科学研究科 分子化学生物学専攻

学べる大学は?

研究をリードする大学

大学詳細

東京大学

理学部 生物情報科学科
【 主な研究者 】
森下真一 鈴木穣
農学部 応用生命科学課程 水圏生物科学専修
【 主な研究者 】
浅川修一

慶應義塾大学

医学部 医学科
【 主な研究者 】
塩見春彦

京都大学

薬学部
【 主な研究者 】
杉山直幸 石濱泰

金沢大学

理工学域 生命理工学類 生命システムコース
【 主な研究者 】
程肇
理工学域 生命理工学類 バイオ工学コース
【 主な研究者 】
山田洋一
医薬保健学域 医学類
【 主な研究者 】
堀家慎一

九州大学

医学部 医学科
【 主な研究者 】
伊藤隆司

北海道大学

理学部 化学科
【 主な研究者 】
村上洋太
理学部 生物科学科 生物学
【 主な研究者 】
和多和宏

東京工業大学

生命理工学院 生命理工学系
【 主な研究者 】
伊藤武彦 本郷裕一

早稲田大学

教育学部 理学科 生物学専修
【 主な研究者 】
大山隆

国立遺伝学研究所


海外で学ぶなら

大学詳細

University of California, Davis/カリフォルニア大学デービス校(米)

【エピジェネティクスと発達障害】 最先端の機器を使い、研究に取り組んでいる。

活躍する研究者

笹倉靖徳 先生
筑波大学
生命環境学群 生物学類/理工情報生命学術院 生命地球科学研究群 生物学学位プログラム/下田臨海実験センター

【発生生物学、遺伝学】海に棲む海産動物のホヤの研究。ホヤは幼い時分しっぽに脊索という構造物が走っていてこれが体を支える。そのことから、脊椎動物と共通した祖先から派生した動物と考えられている。脊椎動物と同じDNAを持っていたホヤが、どうして脊椎動物にならずにホヤになったのか探索する。

堀家慎一 先生
金沢大学
医薬保健学域 医学類/医薬保健学総合研究科 医科学専攻/疾患モデル総合研究センター

【エピゲノム】エピゲノムの研究の視点から、自閉症を先天的な要因にとどめないで、後天的な環境要因によって遺伝子発現が制御されるかどうかを研究。自閉症・発達障害の実体の解明は、ヒトの多様性などの理解につながる。

小林久人 先生
奈良県立医科大学
医学部 医学科
和田洋 先生
筑波大学
生命環境学群 生物学類/理工情報生命学術院 生命地球科学研究群 生物学学位プログラム

【発生学、進化学】

佐藤矩行 先生
沖縄科学技術大学院大学
科学技術研究科 科学技術専攻

【ゲノム生物学】

仲野徹 先生
大阪大学
医学部 医学科/生命機能研究科 生命機能専攻

【発生分化とエピジェネティクス制御】エピゲノム研究分野の第一人者の一人。エピゲノムをわかりやすく説明する著書も出し、講演も面白いことで有名。

佐々木裕之 先生
九州大学
医学部 生命科学科/医学系学府 医学専攻/生体防御医学研究所

【ゲノム刷り込み現象とエピゲノム】日本にエピジェネティクスという概念を持ち込んだオピニオンリーダーの一人。

学問をもっと深く知るために

[分子生物学]
RNAの加工パターンを動物が生きたまま観察する手法を開発。遺伝子発現のしくみに迫る

黒柳秀人 先生
東京医科歯科大学 難治疾患研究所

興味がわいたら

エピジェネティクス革命

ネッサ・キャリー

一般の人にも理解しやすいように書かれた、エピジェネティクスの入門書。iPS細胞発見の経緯、一卵性双生児の差異、老化、子育て、ストレス、妊婦の栄養状態と子どもの肥満など、エピジェネティクスに関する様々な現象を取り上げ、読者の興味を引きつけるように書かれているが、内容は専門的なところまで取り上げられており、大変良い本だ。 (中山潤一:訳/丸善出版)


二重らせん

ジェームス・D・ワトソン

DNAの二重らせん構造は有名だが、発見者本人であり、後のノーベル賞受賞者である科学者ワトソンにより、その発見の経緯について記述されている。科学そのものの解説というよりは、研究の回顧録であり、科学の舞台裏の光と影がうかがえる。 (江上不二夫、中村桂子:訳/ブルーバックス)


生物進化を考える

木村資生

著者は遺伝学者。分子レベルで遺伝子の変化を見ると、ダーウィンの自然淘汰説に対して、有利にも不利にも働いていないという「進化中立」説を唱え、大論争を引き起こしたことがある。この本は、ダーウィンの自然選択説を補強し進化の総合説の確立に貢献した中立進化の考え方について理解できる。 (岩波新書)


本コーナーは、中高生と、大学での学問・研究活動との間の橋渡しになれるよう、制作・運営されています。

「学べる大学は?」の「研究をリードする大学」で紹介する大学は、科学研究費の採択件数が多い大学です。( →詳しくはこちら )

各先生の所属など、掲載されている大学(学部・学科ほか)の名称は、2020年1月段階の調べによります。実際の進路選択等に際しては、各大学のHP等で改めてご確認ください。

みらいぶっくへ ようこそ ふとした本との出会いやあなたの関心から学問・大学をみつけるサイトです。
TOPページへ