形態・構造

生物が生まれながらに持つ器官の形態や構造、個体として統一のとれた環境適応のしくみを明らかにする

生物リズム   内分泌器官   性分化   生体組織

のぞいてみよう!この学問

学べる大学は?

研究をリードする大学

大学詳細

東京大学

理学部 生物学科
【 主な研究者 】
野崎久義

北海道大学

理学部 生物科学科 生物学
【 主な研究者 】
長里千香子 山下正兼 勝義直

静岡大学

理学部 生物科学科
【 主な研究者 】
徳元俊伸 鈴木雅一 塩尻信義

岡山大学

理学部 生物学科
【 主な研究者 】
竹内栄 坂本竜哉
教育学部 学校教育教員養成課程 中学校教育コース・小学校教育コース 理科教育専修
【 主な研究者 】
安藤元紀

名古屋大学

理学部 生命理学科
【 主な研究者 】
佐々木成江

熊本大学

理学部 理学科 生物学コース
【 主な研究者 】
高野博嘉 北野健

埼玉大学

理学部 生体制御学科
【 主な研究者 】
坂井貴文 小林哲也

富山大学

理学部 生物学科
【 主な研究者 】
松田恒平

広島大学

工学部 第三類(応用化学・生物工学・化学工学系) 生物工学プログラム
【 主な研究者 】
藤江誠
総合科学部 総合科学科 自然探究領域
【 主な研究者 】
浮穴和義

早稲田大学

教育学部 理学科 生物学専修
【 主な研究者 】
加藤尚志
先進理工学部 電気・情報生命工学科
【 主な研究者 】
岩崎秀雄

自然科学研究機構

基礎生物学研究所


その他の優れた大学

大学詳細

筑波大学

生命環境学群 生物学類

動物、植物、藻類などの系統や構造についての研究者が多く、伝統がある。前身である東京教育大学から継がれている生物学類の教育は、その授業の多様さ、きめの細かさに定評がある。

新潟大学

理学部 理学科 フィールド科学人材育成プログラム

【生殖神経内分泌学、比較内分泌学】 産卵回遊魚をモデルとした研究と魚類の脳内光受容機構に関する研究。

愛媛大学

農学部 食料生産学科 農業生産学コース

【畜産学】 鳥類ニワトリを用いて、摂食調節機構の解明を行っている研究者が在籍。

北里大学

海洋生命科学部 海洋生命科学科

【分子内分泌学】 魚類の摂食や成長、生殖を調節するペプチドホルモンの作用に関する研究。


海外で学ぶなら

大学詳細

University of British Columbia/ブリティッシュコロンビア大学(カナダ)

動物学科

【真核生物進化、多様性】 幅広い生物の形態、系統、進化について学べる。

活躍する研究者

細胞に生えている毛の構造と進化を追う~海産生物の精子や繊毛の研究

稲葉一男 先生
筑波大学
生命環境学群 生物学類/理工情報生命学術院 生命地球科学研究群 生物学学位プログラム/下田臨海実験センター

細胞に生えている毛は、繊毛と呼ばれます。細胞の運動装置の一つです。活発に動く精子の鞭毛(呼び方は違いますが繊毛と同じです)や、気管でバイ菌を追い出す繊毛をイメー・・・

動物の多様な繁殖戦略:サケやフグの産卵リズムと脳神経の関係を明らかに

安東宏徳 先生
新潟大学
佐渡自然共生科学センター臨海実験所/自然科学研究科 生命・食料科学専攻

サケは、大洋から川にかけて大きく変化する海洋環境に適応しながら回遊し、十分成熟した後に自分が生まれた母川に回帰し産卵します。また、クサフグは春から夏にかけて2週・・・

食欲はどうわくのか。体を調節する脳ホルモンの研究

浮穴和義 先生
広島大学
総合科学部 総合科学科 自然探究領域/統合生命科学研究科 統合生命科学専攻 生命環境総合科学プログラム

私たちの体の調節は、神経系と内分泌系によって成り立っています。私は、後者の内分泌現象である、脳ホルモンによる性行動や生殖腺の発達に関する研究や、浸透圧調節など水・・・

塩尻信義 先生
静岡大学
理学部 生物科学科/総合科学技術研究科 理学専攻

【細胞の組織構築学】様々な動物の肝臓ができるしくみを、分子レベルで解明する。マウス幹細胞から肝臓を作る研究を行い、その発展の先には、ヒトiPS細胞などからの肝臓構築への貢献がある。

柴小菊 先生
筑波大学
生命環境学群 生物学類/理工情報生命学術院 生命地球科学研究群 生物学学位プログラム/下田臨海実験センター

【繊毛運動】多様な海産生物を研究材料として、鞭毛、繊毛の構造と機能、進化を中心とした研究を進めている。鞭毛・繊毛の美しい波形、動きを捉えるユニークなシステムに魅了されている。

中山剛 先生
筑波大学
生命環境学群 生物学類/理工情報生命学術院 生命地球科学研究群 生物学学位プログラム

【真核生物】真核生物の進化について豊富な知識を有する。独自に作成した教材も優れている。

塚原伸治 先生
埼玉大学
理学部 生体制御学科/理工学研究科 生命科学系専攻

【哺乳類の脳の性差に関する研究】脳の性分化に関する研究、環境化学物質の神経毒性に関する研究でアクティブに研究している。

若林憲一 先生
東京工業大学
生命理工学院 生命理工学系/化学生命科学研究所

【クラミドモナス鞭毛】緑藻綱クラミドモナスを対象に、環境応答などとも結びつけたユニークな研究を行っている。

松田恒平 先生
富山大学
理学部 生物学科/理工学教育部 生物学専攻

【魚類の摂食・情動の調節機構の研究】キンギョやゼトラフグを用いて動物の本能行動を制御する神経系ホルモンのペプチドによる摂食行動の脳制御機構を解明。さらに食欲を制御する神経ペプチドが、生殖行動や情動行動にも強い影響を及ぼすことを見出している。

今野紀文 先生
富山大学
理学部 生物学科/理工学教育部 生物学専攻

【魚類と両生類の浸透圧調節機構の研究】比較内分泌学を専門に、魚類や両生類のホルモン系による恒常性の維持機構、特に魚類の淡水―海水適応などに関わる神経葉ホルモンについて研究をしている。

坂本浩隆 先生
岡山大学
理学部 生物学科/自然科学研究科 生物科学専攻/牛窓臨海実験所

【哺乳類の性行動に関する研究】世界的に有名な内海、瀬戸内海で、行動神経内分泌など生体制御学を研究。またメダカ、ラットなど脊椎動物全般のモデル生物も駆使し、分子―細胞―組織―個体―生態系を統合させて究明を行っている。

橘哲也 先生
愛媛大学
農学部 食料生産学科 農業生産学コース/農学研究科 食料生産学専攻

【鳥類の摂食調節機構の研究】家畜の成長や生産を改善するために、動物の成長に影響を与える行動、特に摂食行動とストレスに着目して、ニワトリヒナの脳内摂食制御機構などについて研究を進めている。

上村慎治 先生
中央大学
理工学部 生命科学科/理工学研究科 生命科学専攻

【繊毛運動】科学に対する考え方も含め、たいへん丁寧に教えてくれる。研究者としても一流。

興味がわいたら

生きもの上陸大作戦 絶滅と進化の5億年

中村桂子、板橋涼子

今日の地上の緑豊かな自然、そこには植物、動物、微生物など多様な生物が環境に適応し、豊かな生態系をつくって暮らしている。しかし、これは地球の46億年の歴史のなかでずっとあったものではない。いまから5億年前、不毛の大地に植物、昆虫そして脊椎動物の上陸作戦が開始されたことでできあがったものなのだ。上陸した生きものは体の形態・構造を環境に合わせて変える一方、環境も変えてきた。この本は、このときの適応と進化の一大イベントを、DNA、生物形態、化石研究などの最新の成果からいきいきと描いている。学問的には環境に適応した形態進化とその遺伝子レベルでのしくみを扱う基礎生物学の中の「形態・構造」学に相当する。 (PHPサイエンス・ワールド新書)


太古からの9+2構造 繊毛のふしぎ

神谷律

ゾウリムシなどの単細胞生物は、全身に繊毛という毛を持ち、これで細胞遊泳に必要な推進力を得ている。繊毛の運動装置は「軸糸」と呼ばれ、その微細構造は、2本の中心小管と、これを囲む9対の小管群が縦に走ってできている。それは単細胞生物に限らず、どんな生物の細胞、例えば心臓や肝臓などの細胞にも太古から共通して生えているという。この軸糸構造を形成している各部品の微細構造や機能についてくわしく書かれている。繊毛の異常で起こる疾患のこともわかりやすく述べられている。 (岩波科学ライブラリー)


精子の話

毛利秀雄

繊毛に似た構造で、細胞の一部が細長い糸状に伸び、やはり運動性を持つものに鞭毛がある。原生動物、細菌類、藻類、あるいは動物の精子など動植物界に広く存在する。ねじれ、波動などの運動を行なって、移動、栄養摂取、生殖などに重要な役割を果す。この本は、精子の鞭毛の構造についてくわしく書かれている。鞭毛以外に精子核の周りを帽子状に囲む尖体という部分の核、ミトコンドリアなどの構造や働きにも触れており、生殖や発生という分野のことを知りたい場合にも楽しく読める。 (岩波新書)


美しいプランクトンの世界 生命の起源と進化をめぐる

クリスティアン・サルデ

プランクトンとは浮遊生物という意味であり、水中を漂って生活する生物のこと。プランクトンには、細菌からケイソウのような植物、小型甲殻類、クラゲ、魚類の幼生など動物までさまざまな分類群に属する生物が含まれる。遊泳能力をまったく持たないか、あるいは遊泳能力があっても水流に逆らう力が軽微であったり比較的小型の生物であるため、結果的に漂うことになる生物が大部分だ。著者は著名な海洋生物学者・細胞生物学者であり、著者自身と息子さんが撮影したすばらしい写真を満載する。 (吉田春美、粟津智子:訳/河出書房新社)


本コーナーは、中高生と、大学での学問・研究活動との間の橋渡しになれるよう、制作・運営されています。

「学べる大学は?」の「研究をリードする大学」で紹介する大学は、科学研究費の採択件数が多い大学です。( →詳しくはこちら )

各先生の所属など、掲載されている大学(学部・学科ほか)の名称は、2020年1月段階の調べによります。実際の進路選択等に際しては、各大学のHP等で改めてご確認ください。

みらいぶっくへ ようこそ ふとした本との出会いやあなたの関心から学問・大学をみつけるサイトです。
TOPページへ