細胞生物学

生命の最小単位=細胞で繰り広げられる生命活動の神秘を、分子レベルで調べ解き明かす

細胞小器官オルガネラ   生体膜   クロマチン   ミトコンドリア

学べる大学は?

研究をリードする大学

大学詳細

大阪大学

理学部 生物科学科
【 主な研究者 】
名田茂之

東京大学

教養学部 統合自然科学科 統合生命科学コース
【 主な研究者 】
村田昌之 大杉美穂 矢島潤一郎
薬学部
【 主な研究者 】
八代田英樹 一條秀憲

名古屋大学

理学部 生命理学科
【 主な研究者 】
大隅圭太 五島剛太 高木新 木下専
医学部 医学科
【 主な研究者 】
貝淵弘三

東北大学

理学部 化学科
【 主な研究者 】
大橋一正
理学部 生物学科
【 主な研究者 】
福田光則
医学部 医学科
【 主な研究者 】
田中耕三

京都大学

理学部 理学科 生物科学系
【 主な研究者 】
森和俊
薬学部
【 主な研究者 】
竹島浩

九州大学

理学部 生物学科
【 主な研究者 】
池ノ内順一

奈良先端科学技術大学院大学

先端科学技術研究科 先端科学技術専攻
【 主な研究者 】
木俣行雄 加藤順也 塩崎一裕 稲垣直之 末次志郎

北海道大学

薬学部
【 主な研究者 】
木原章雄

筑波大学

生命環境学群 生物学類
【 主な研究者 】
千葉智樹

国立遺伝学研究所


その他の優れた大学

大学詳細

群馬大学

医学部 医学科 /生体調節研究所

【内分泌学、細胞生物学】

北海道医療大学

歯学部 歯学科

【口腔生物学系薬理学】 谷村明彦先生は、独自の蛍光プローブを開発して生命現象の謎に挑んでいる。

学習院大学

理学部 生命科学科

【細胞生物学・発生生物学・分子生物学】 幹細胞研究・再生研究の世界的に有名な研究者が集まっている

東京薬科大学

薬学部 医療薬物薬学科

【細胞生物学(特に細胞外マトリックス の生物学)】 細胞周囲の細胞外マトリックスの研究で優れた業績を上げている

京都産業大学

生命科学部 先端生命科学科

【細胞生物学(オルガネラ)、発生生物学、分子生物学】 細胞内オルガネラの研究など、発生生物学・細胞生物学の世界的に有名な研究者が集まっている。

主な研究者

研究者詳細
多賀谷光男
東京薬科大学
生命科学部 生命医科学科/生命科学研究科 生命科学専攻

【細胞生物学】細胞の中の小器官(オルガネラ)の研究。肥満に関連する脂肪滴がオルガネラで形成されることを発見。栄養過多の現代人は、脂肪が脂肪滴に過剰に蓄積され肥満や生活習慣病をもたらすことを明らかした。

福田光則
東北大学
理学部 生物学科/生命科学研究科 脳生命統御科学専攻

【Rabによる小胞輸送調節機構】

佐藤美由紀
群馬大学
医学部 医学科/医学系研究科 生命医科学専攻/生体調節研究所

【受精における細胞内膜ダイナミズム】

後藤由季子
東京大学
薬学部/薬学系研究科 薬科学専攻

【神経】神経も含めて細胞生物学分野の女性研究者No1

村田茂穂
東京大学
薬学部/薬学系研究科 薬科学専攻

【タンパク質分解】

水島昇
東京大学
医学部 医学科/医学系研究科 分子細胞生物学専攻

【オートファジー】

中戸川仁
東京工業大学
生命理工学院 生命理工学系

【オートファジー】細胞が自らのタンパク質を分解し、再利用する「オートファジー」(自食作用)研究分野での若手No1。

五島剛太
名古屋大学
理学部 生命理学科/理学研究科 生命理学専攻

【細胞分裂】

石原直忠
大阪大学
理学研究科 生物科学専攻

【ミトコンドリアのダイナミクス】

松田憲之
公益財団法人東京都医学総合研究所

【パーキンソン病】

廣川信隆
東京大学
医学部 医学科/医学系研究科 分子細胞生物学専攻

【モータータンパク】

高井義美
神戸大学
医学部 医学科/医学研究科 医科学専攻

【細胞接着】

興味がわいたら

生命科学への誘い

大島泰郎、多賀谷光男:編

バイオテクノロジーの研究は日々進歩している。遺伝子研究によりクローン羊や、遺伝子組み換え作物が誕生させたりすることは、医薬品の開発にも役立てられている。遺伝子診断や遺伝子治療といった、生命科学の進化が私たちの生活にもたらすものは数多く存在するが、この本で詳しく理解することができる。 (東京化学同人)


生命科学のフロンティア

多賀谷光男、高橋勇二:編

高校で学習する生物学を基にして、日進月歩で発展する生命科学について知り、また生命科学の発展によって解明されつつある病気や治療法などを知ることができる。特に本書はヒトゲノム解読の応用について詳細が記載されている。 (東京化学同人)


脳とグリア細胞

工藤佳久

グリア細胞は、ヒトの脳の中で広く知られるニューロンの10倍もあり、特に進化した脳ほど多く存在すると言われる。ニューロンだけでは解明されない脳の機能のカギを握る細胞の存在を、一般読者向けの平易な言葉でわかりやすく解説する。 (技術評論社)


細胞が自分を食べる オートファジーの謎

水島昇

2016年ノーベル生理学・医学賞を受賞した大隅良典先生のテーマが「オートファジーの仕組みの解明」。その「オートファジー」研究について、平易に解説している。オートファジーは、体内細胞の中で分解しては新しく合成するといった、いわば掃除や中身の入れ替え、リサイクルの働きである。あらゆる病気や感染、免疫などの研究にあたり現在最も注目されるオートファジーについて詳しく知ることができる。 (PHPサイエンス・ワールド新書)


本コーナーは、中高生と、大学での学問・研究活動との間の橋渡しになれるよう、経済産業省の大学・産学連携、および内閣府/総合科学技術・イノベーション会議の調査事業の一環として、企画・制作・運営されています。
各先生の所属など、掲載されている大学(学部・学科ほか)の名称は、2020年1月段階の調べによります。実際の進路選択等に際しては、各大学のHP等で改めてご確認ください。

みらいぶっくへ ようこそ ふとした本との出会いやあなたの関心から学問・大学をみつけるサイトです。
TOPページへ