植物分子・生理科学

地球上のあらゆる生命活動を支える光合成など、植物の生理的な働きを分子レベルで調べる

葉緑体   植物ホルモン   受容体   ペルオキシソーム

学べる大学は?

研究をリードする大学

大学詳細

名古屋大学

理学部 生命理学科
【 主な研究者 】
吉岡泰 中道範人 杉田護 松林嘉克
農学部 応用生命科学科
【 主な研究者 】
上口智治 石黒澄衛

東京大学

理学部 生物学科
【 主な研究者 】
寺島一郎 阿部光知 伊藤恭子(大橋恭子) 杉山宗隆 塚谷裕一
農学部 応用生命科学課程 生命化学・工学専修
【 主な研究者 】
篠崎和子

京都大学

理学部 理学科 生物科学系
【 主な研究者 】
鹿内利治 小山時隆
農学部 応用生命科学科
【 主な研究者 】
河内孝之
総合人間学部 総合人間学科 自然科学系
【 主な研究者 】
土屋徹

奈良先端科学技術大学院大学

先端科学技術研究科 先端科学技術専攻
【 主な研究者 】
梅田正明 西條雄介 橋本隆 出村拓 中島敬二

北海道大学

理学部 生物科学科 生物学
【 主な研究者 】
藤田知道
農学部 応用生命科学科
【 主な研究者 】
尾之内均

九州大学

理学部 生物学科
【 主な研究者 】
射場厚

岡山大学

理学部 生物学科
【 主な研究者 】
本瀬宏康

東京工業大学

生命理工学院 生命理工学系
【 主な研究者 】
若林憲一 増田真二 今村壮輔

基礎生物学研究所


その他の優れた大学

大学詳細

東北大学

理学部 生物学科

【植物の細胞壁、行動遺伝学】 植物の細胞壁の研究、ショウジョウバエの行動を制御する遺伝子・細胞の研究に特色がある。研究と教育を大事にしている。

東北大学

工学部 化学・バイオ工学科 バイオ工学コース

【バイオ工学】 バイオ工学専攻の中山亨先生が工学領域のみならず、医学、薬学、農学、食品科学にわたる広範囲な研究を進めている。

埼玉大学

理学部 分子生物学科

【光合成】 植物を扱った優れた研究者が多く在籍しており、様々な興味に応じて研究室を選ぶことができる。特に、光合成研究では西山佳孝先生が知られる。

千葉大学

園芸学部 応用生命化学科

日本唯一の園芸学部であり、分子生物学レベルの研究から農場での実学レベルの研究まで、稲以外の農作物については花も含めてここが日本一の研究教育機関。

千葉大学

薬学部

【遺伝子資源応用研究、ゲノム創薬】 天然物化学、分子生物学を駆使して植物二次代謝系を解明する。生物の持つ代謝産物を解析するメタボロミクスの世界的大家。

東京農工大学

農学部 生物生産学科

【農学、生命科学】 基礎と実学(農業の現場)とのバランスをうまく取りながら研究教育が進められている。

大阪府立大学

生命環境科学域 応用生命科学類 植物バイオサイエンス課程 /植物工場研究センター

【植物工場】 植物基礎科学で得られた知見を、植物工場の形で応用展開を目指している。

東京理科大学

理工学部 応用生物科学科

【植物細胞生物学】 研究に加え、教育にも精力的。学会における研究発表など学部の卒業研究生の活躍が目を引く。

早稲田大学

教育学部 理学科 生物学専修

【光合成】 光合成研究で知られる、園池公毅先生が在籍している。


海外で学ぶなら

大学詳細

University of California, Davis/カリフォルニア大学デービス校(米)

植物科学科

【植物科学】

University of California, Irvine/カリフォルニア大学アーバイン校(米)

生物科学科

【植物科学、化学遺伝学】

University of California, San Diego/カリフォルニア大学サンディエゴ校(米)

生物科学

【細胞、分化生物学】 世界最先端の植物科学の研究環境と教育環境がある。

University of British Columbia/ブリティッシュコロンビア大学(カナダ)

植物学部

【植物科学、細胞生物学】 各研究分野の世界的権威が集っている。大学院からの進学を勧める。

主な研究者

研究者詳細
藤田知道
北海道大学
理学部 生物科学科 生物学/生命科学院 生命科学専攻

【植物の進化発生】湿地に棲み、様々な悪環境に適応して生存するコケ植物を研究。植物が陸上に適応するためにどのような環境適応戦略をあみだしてきたのか、今日のコケ植物がなぜそれに成功しているのかを究明する。

田中亮一
北海道大学
生命科学院 生命科学専攻/低温科学研究所

【光合成、クロロフィル】光合成反応の主役、クロロフィル(葉緑素)を研究。植物が冬の間に厳しい環境でどうやって光合成をしているか、また、樹木の紅葉はなぜ起こるのかといった問題に取り組む。植物が越冬するということに関して理解が深まる。

山口雅利
埼玉大学
理学部 分子生物学科/理工学研究科 戦略的研究部門

【植物細胞分子生物学】植物細胞に特徴的な細胞壁に関する研究。特に年輪を刻む二次細胞壁形成に関わる遺伝子の発現を制御する「転写因子」に着目。二次細胞壁形成のしくみがわかれば、廃材や稲わらなど細胞壁を利用する「木質バイオマス」の利活用に有効な植物の選抜や育種に役立つ。

本瀬宏康
岡山大学
理学部 生物学科/自然科学研究科 生物科学専攻

【植物の細胞生物学】ほぼ無限に成長できる能力と、分化全能性を持つ植物細胞を研究。そのしくみを理解することで、植物の成長や分化をコントロールできる。

且原真木
岡山大学
環境生命科学研究科 生物資源科学専攻/資源植物科学研究所

【植物生理学、植物栄養学】アクアポリンという、水分子だけ細胞膜を通過させる膜タンパク質の水チャンネルを研究。特に植物のアクアポリンを調べ植物の水輸送機構を分子レベルで実証的に示す。世界的な農業用水不足や地下水の枯渇に対して、乾燥に耐えうる作物を開発していくための基盤となる。

本橋健
京都産業大学
生命科学部 先端生命科学科/生命科学研究科 生命科学専攻
竹澤大輔
埼玉大学
理学部 生体制御学科/理工学研究科 生命科学系専攻

【コケ植物のストレス耐性】コケ植物のストレス耐性のしくみを植物ホルモンの1種、アブシジン酸シグナル系に注目し、生化学的手法によりアプローチ。

堀江智明
信州大学
繊維学部 応用生物科学科/総合理工学研究科 繊維学専攻

【植物の耐塩性機構】耐塩性の分子機構を、水とイオンの輸送系の分子生理学の面から研究して、世界の第一線で頑張っている。

東山哲也
名古屋大学
理学部 生命理学科/理学研究科 生命理学専攻/トランスフォーマティブ生命分子研究所

【植物の生殖・重複受精・イメージング】花粉がめしべにつくと花粉の精細胞は、1つは卵細胞ともう1つは中央細胞と受精する。植物の重複受精を初めて生きたまま観察することに成功し、花粉管を誘引する分子機構や重複受精のしくみを明らかに。植物科学の歴史に残る業績として高く評価される。

五島剛太
名古屋大学
理学部 生命理学科/理学研究科 生命理学専攻

【微小管と細胞分裂の制御】細胞骨格の一種、微小管の枝分かれを制御するタンパク質を初めて明らかにした。動物細胞・植物細胞の両者について、微小管と細胞分裂の制御機構の研究を進めており、斬新な内容が国際的にも高く評価されている。

山内章
名古屋大学
農学部 資源生物科学科/生命農学研究科 植物生産科学専攻

【作物の根の機能、水環境応答】水と作物の関係を、作物学の面から最も盛んに研究を進めている研究者である。

鹿内利治
京都大学
理学部 理学科 生物科学系/理学研究科 生物科学専攻

【光合成機能における環境応答機構の解明】高校の教科書にも載っている光合成電子伝達経路とは別に、循環的電子伝達経路と呼ばれる経路が昔から提唱されていた。その重要性に再び焦点を当て、植物が強い光や変動する光環境に適応できるのは、この機構のおかげであることを明らかにした。現在もその研究テーマについて精力的に研究を進めている。

明石欣也
鳥取大学
農学部 生命環境農学科 農芸化学コース/持続性社会創生科学研究科 農学専攻

【植物の乾燥耐性】乾燥耐性のバイオマス燃料植物などを用いて乾燥耐性の分子生理機構を明らかにしている。

村田隆
総合研究大学院大学
生命科学研究科 基礎生物学専攻/基礎生物学研究所

【植物の微小管、細胞分裂】微小管の枝分かれを初めて明らかにし、それが細胞の成長や分裂に不可欠であることを示した。生物学の歴史に残る画期的な業績として高く評価される。

長谷部光泰
総合研究大学院大学
生命科学研究科 基礎生物学専攻/基礎生物学研究所

【生物進化】コケ植物の進化のみならず、ひろく動植物全体の進化のしくみを研究。

出村拓
奈良先端科学技術大学院大学
先端科学技術研究科 先端科学技術専攻 バイオサイエンス領域

【細胞壁形成の解明】陸上植物の細胞壁は一次細胞壁と二次細胞壁に大きく二分される。木質を作り水の輸送を行う働きをする二次細胞壁形成の研究を行う。それだけでなく、進化的側面や応用に向けた研究など幅広く展開。

光田展隆
産業技術総合研究所

【二次細胞壁形成の転写制御と利活用】遺伝子探索や細胞壁の評価など、大規模なスクリーニングを効率的に行うシステムを数多く構築して、様々な興味深い成果を挙げている。

興味がわいたら

これでナットク! 植物の謎 植木屋さんも知らないたくましいその生き方

日本植物生理学会:編

植物って解明されていない現象がまだたくさんある。大きな特徴である光合成以外にも、花が咲く仕組み、葉がさまざまな形態になる仕組み、動くことのできない植物がその環境に適応する仕組みなどなど。これらの植物の生理機能を研究するのが「植物生理学」という学問だ。この本は日本植物生理学会ホームページに寄せられた植物の謎への解説をまとめあげたもの。『これでナットク!植物の謎 Part2』と併せて読もう。 (ブルーバックス)


植物生理学会HP

日本植物生理学会のホームページ。この学会は、植物と微生物を対象とした生化学、分子生物学、細胞生物学、遺伝学などの関連分野の研究者が参加。“植物の機能に関する科学” の総合学会として発展してきた。会員外の一般の人への情報提供の場として 「みんなのひろば」 を設け、会員の研究紹介や植物への質問を受け付けている。ブルーバックス『これでナットク! 植物の謎』は、このコーナーから生まれた。それ以外にも、植物科学のすそ野を広げるためのイベント、中高生への授業なども支援している。


これでナットク! 植物の謎 Part2

日本植物生理学会:編

植物に関する素朴な疑問・身近な現象について、日本植物生理学会に属する研究者が答えた本。日本植物生理学会ホームページの一般・学生向け「みんなのひろば」というコーナーに寄せられた植物の謎への解説をまとめあげたものだ。我々人類や動物は植物がいなくては生きてはいけないこと、植物科学は食料や環境問題と密接に関連していることがよくわかる。 (ブルーバックス)


植物のこころ

塚谷裕一

著者は発生生物学、系統分類学を専門にする植物学者。夏目漱石の小説『それから』に出てくる白百合が白くないことを指摘したエッセイ「漱石の白くない白百合」で知られる。「それから」に記述された特徴を取り上げ植物学上の種の特定を論考し、白い百合でなく日本の原生種で花弁が黄色のヤマユリだと推定したのだ。ユニークな着眼点はこの『植物のこころ』でも発揮。この本では植物の器官が分化し多様化していく遺伝子群の働きを説明し、多様に進化した植物としてつる植物など、植物の感覚の鋭い戦略や特異な環境に適応した植物などを“植物のこころ”という題名で言い表し書き綴っている。 (岩波新書)


本コーナーは、中高生と、大学での学問・研究活動との間の橋渡しになれるよう、経済産業省の大学・産学連携、および内閣府/総合科学技術・イノベーション会議の調査事業の一環として、企画・制作・運営されています。
各先生の所属など、掲載されている大学(学部・学科ほか)の名称は、2020年1月段階の調べによります。実際の進路選択等に際しては、各大学のHP等で改めてご確認ください。

みらいぶっくへ ようこそ ふとした本との出会いやあなたの関心から学問・大学をみつけるサイトです。
TOPページへ