家政・生活学一般

家庭生活を送る上で必要な社会との関わりや家族のあり方などについて、社会科学や人文科学からアプローチ

生活経営(家庭のヒト・モノ・カネの経営)   消費者教育   子育て支援   高齢者の生活   男女平等・ジェンダー

学べる大学は?

研究をリードする大学

大学詳細

弘前大学

教育学部 学校教育教員養成課程 中学校コース・小学校コース 家政専修
【 主な研究者 】
李秀眞 日景弥生

埼玉大学

教育学部 学校教育教員養成課程 中学校コース・小学校コース 生活創造専修 家庭科分野
【 主な研究者 】
川端博子 吉川はる奈

静岡大学

教育学部 学校教育教員養成課程 初等学習開発学専攻
【 主な研究者 】
色川卓男

高知大学

教育学部 学校教育教員養成課程 家庭科教育コース
【 主な研究者 】
森田美佐

埼玉県立大学

保健医療福祉学部 健康開発学科 健康行動科学専攻
【 主な研究者 】
若林チヒロ 坂井博通

お茶の水女子大学

生活科学部 人間生活学科 生活社会科学講座
【 主な研究者 】
石井クンツ昌子

横浜国立大学

教育学部 学校教育課程 教科教育コース 家庭科領域
【 主な研究者 】
堀内かおる

上越教育大学

学校教育学部 初等教育教員養成課程 学校教育専修 教科内容構成コース 家庭
【 主な研究者 】
吉澤千夏

京都大学

工学部 建築学科
【 主な研究者 】
吉田哲

神戸大学

国際人間科学部 発達コミュニティ学科 アクティブライフプログラム
【 主な研究者 】
片桐恵子

愛媛大学

教育学部 学校教育教員養成課程 中等教育コース 家政教育専攻/初等教育コース 小学校サブコース
【 主な研究者 】
藤田昌子 金子省子

福岡教育大学

教育学部 中等教育教員養成課程 家庭専攻/初等教育教員養成課程
【 主な研究者 】
鈴木佐代

福山市立大学

都市経営学部 都市経営学科
【 主な研究者 】
榁田智子

早稲田大学

基幹理工学部 情報通信学科
【 主な研究者 】
小林哲則

佛教大学

社会福祉学部 社会福祉学科
【 主な研究者 】
坂本勉

主な研究者

研究者詳細
日景弥生
弘前大学
教育学部 学校教育教員養成課程 中学校コース・小学校コース 家政専修/教育学研究科 学校教育専攻

【教科である家庭科についての教育】生活者を育成するための教科である家庭科について、児童生徒にどんな内容をどのように指導したらよいかを研究。科学的な根拠の基づき指導する教師を育成することを目指す。

李秀眞
弘前大学
教育学部 学校教育教員養成課程 中学校コース・小学校コース 家政専修/教育学研究科 学校教育専攻

【生活経営】生活科学の中で、生活経営を研究。「生活を営む」上で、共働き世帯、子育て世代、高齢夫婦世帯、ワンペアレント・ファミリーたちにどんな手助けが必要なのかに着目する。

小林陽子
群馬大学
教育学部 学校教育教員養成課程 家政専攻/教育学研究科 教科教育実践専攻

【家庭科教師の専門性の発達】採用後の教師の専門性の発達に寄与する要因やサポート体制について研究している。

高木幸子
新潟大学
教育学部 学校教員養成課程 教科教育コース 家庭科教育専修/教育実践学研究科 教育実践開発専攻

【学生の教師力向上】教師予備軍である学生の教師力とその向上に関わる要因を追求している。

興味がわいたら

低線量放射線を超えて 福島・日本再生への提案

宇野賀津子

東日本大震災から5年目を迎えても放射線への理解は進んでおらず、「放射線=危険・怖い」という生活者が多いように見受けられる。本書は、免疫学者である著者が放射線について生活者の目線でわかりやすく説明している。 (小学館101新書)


東日本大震災と家庭科

望月一枝、日景弥生、長澤由喜子:編

東日本大震災は、とりわけ福島・宮城・岩手に甚大な被害を与えた。本書は被災された方々や、その方々へに支援された方々にインタビューし、家庭科教育の観点から、「命を守る災害に強い暮らし」を創るための参考になる本である。 (ドメス出版)


新版 データで読む家族問題

湯沢雍彦、宮本みち子

非正規雇用の若年層、ニート、介護問題など、現代の家庭が抱える様々な問題を、詳細にわたって分析し解説する。この本を通じて、私たちが経験しうる生活問題を、網羅して把握することができる。 (NHK出版)


お金と暮らしの生活術

大藪千穂

お金の管理をはじめとして、ライフサイクルにあった生活設計を考えるきっかけを作ってくれる本。大学の家政・生活学の補助教材としても使用されており、ワークシートを作って作業したり、実際に生活に適応させてみたりといった実用的な本だ。 (昭和堂)


本コーナーは、中高生と、大学での学問・研究活動との間の橋渡しになれるよう、経済産業省の大学・産学連携、および内閣府/総合科学技術・イノベーション会議の調査事業の一環として、企画・制作・運営されています。
各先生の所属など、掲載されている大学(学部・学科ほか)の名称は、2020年1月段階の調べによります。実際の進路選択等に際しては、各大学のHP等で改めてご確認ください。

みらいぶっくへ ようこそ ふとした本との出会いやあなたの関心から学問・大学をみつけるサイトです。
TOPページへ