芸術一般

舞台芸術、映画やメディア芸術、大衆芸術など様々な芸術対象の表現法を探り、それらが生産され流通し消費される関係性を調べる

歌舞伎   路上パフォーマンス   音響芸術論   アートマネジメント   ファッション

学べる大学は?

研究をリードする大学

大学詳細

東京藝術大学

美術学部 先端芸術表現科
【 主な研究者 】
佐藤時啓 松野誠(長谷部浩)
音楽学部 器楽科
【 主な研究者 】
大塚直哉
音楽学部 楽理科
【 主な研究者 】
植村幸生

早稲田大学

文化構想学部 文化構想学科 表象・メディア論系
【 主な研究者 】
橋本一径
文化構想学部 文化構想学科 文芸・ジャーナリズム論系
【 主な研究者 】
市川真人

筑波大学

人文・文化学群 比較文化学類 表現文化領域 文化創造論コース
【 主な研究者 】
江藤光紀
芸術専門学群 美術専攻 彫塑領域
【 主な研究者 】
大原央聡

東京大学

教養学部 教養学科 超域文化科学分科 表象文化論コース
【 主な研究者 】
河合祥一郎
教養学部 教養学科 超域文化科学分科 学際言語科学コース
【 主な研究者 】
竹峰義和

大阪大学

文学部 人文学科 音楽学・演劇学専修
【 主な研究者 】
輪島裕介 伊東信宏

多摩美術大学

美術学部 絵画学科 油画専攻
【 主な研究者 】
菊地武彦
美術学部 情報デザイン学科 メディア芸術コース
【 主な研究者 】
久保田晃弘
美術学部 芸術学科
【 主な研究者 】
海老塚耕一

昭和音楽大学

音楽学部 音楽芸術運営学科 バレエコース
【 主な研究者 】
小山久美

北海道大学

文学部 人文科学科 言語・文学コース
【 主な研究者 】
中村三春 応雄

京都市立芸術大学

美術学部 美術科 彫刻専攻
【 主な研究者 】
小山田徹
美術学部 美術科 日本画専攻
【 主な研究者 】
浅野均

その他の優れた大学

大学詳細

神戸大学

国際人間科学部 発達コミュニティ学科

【アートに関する理論と実践】 高校までの授業にある美術や音楽だけではなく、ファッション、メディア、ダンスまで幅広く扱い、芸術の理論・歴史・実践を総合的に学ぶことがきる。

活躍する研究者

バイオ・アートから人工衛星を使った宇宙芸術まで。新たなメディアアートを切り拓く

久保田晃弘 先生
多摩美術大学
美術学部 情報デザイン学科 メディア芸術コース/美術研究科 デザイン専攻

身の回りのメディアに着目し、新たなメディアを作ったり、既にあるメディアを再発見したりすることで、そこから新たな芸術を生み出す「メディアアート」が私の制作研究対象・・・

平芳裕子 先生
神戸大学
国際人間科学部 発達コミュニティ学科/人間発達環境学研究科 人間発達専攻

【表象文化論、ファッション文化論】ファッションと文化の歴史を明らかにし、西洋近現代を中心とする「ファッションと女性」との関わりを考察。メディアとの関わりにおいて発展してきたファッションの社会的機能や文化的役割について取り組んでいる。

学問をもっと深く知るために

ももクロ主演映画&舞台『幕が上がる』原作者
平田オリザさん 伝えること、表現することを語る~演劇とコミュニケーション

平田オリザ さん

興味がわいたら

うちのDEアート 15の軌跡 地域アートプロジェクトを通じて見えてきたもの

新潟大学教育学部芸術環境講座:編

最近、地域振興活動の一環として様々な形で展開しているアートプロジェクト。そんな中、新潟で大学生が中心となって実践したアートプロジェクトがあります。「うちのDEアート」はその15年の活動内容を綴った本です。 (新潟日報事業社)


テヅカ・イズ・デッド ひらかれたマンガ表現論へ

伊藤剛

マンガを研究するとはどういうことか知りたい人に、ぜひ手に取ってもらいたいのがこの本です。どこが面白いか、社会とどんな関係があるかといった「内容」の話ではなく、どういうコマ割りが読みやすいかといった「技術」の話でもなくて、マンガというメディアはどういう構造を持っていてどういうふうに機能するのか、これを読んでそういうことを考えてください。「キャラ」と「キャラクター」の区別とか、「フレームの不確定性」といった言葉に少しとまどうかもしれませんが、絵を見るのとも映画を見るのとも違い、もちろん小説を読むのとも違う、マンガを読むという体験の核心に触れることができるはずです。 (星海社新書)


ファッションから名画を読む

深井晃子

「モナ・リザ」の黒衣、フェルメールの「青いターバンの少女」のターバン、印象派ルノアールのドレス……。有名絵画に描かれたファッションを通して、西洋社会を生きた人々の芸術的感性、文化的状況、社会的背景について学ぶことができる。 (PHP新書)


映像研には手を出すな!

アニメ制作に突き動かされる高校生の青春物語です。原作マンガも素晴らしいのですが、アニメ版はまさしく一見の価値ありです。アニメとは何かをアニメで表現するこの作品には、制作陣の熱がみなぎっています。アニメは複雑な工程をもつ媒体であるため、そこに関わる多数のスタッフが円滑に協働作業を進めなければ、作品として成立しません。途方もない地道な作業とそれを支える情熱があってこそ、作品は私たち視聴者のもとに届けられるのです。

視聴者がつい忘れてしまいがちな事実に、この作品は気づかせてくれます。そして、アニメという表現がどのような経緯で成立し、いかに人々に受容されてきたのかを教えてくれます。(※画像はTVアニメ『映像研には手を出すな!』公式ガイド)


本コーナーは、中高生と、大学での学問・研究活動との間の橋渡しになれるよう、制作・運営されています。

「学べる大学は?」の「研究をリードする大学」で紹介する大学は、科学研究費の採択件数が多い大学です。( →詳しくはこちら )

各先生の所属など、掲載されている大学(学部・学科ほか)の名称は、2020年1月段階の調べによります。実際の進路選択等に際しては、各大学のHP等で改めてご確認ください。

みらいぶっくへ ようこそ ふとした本との出会いやあなたの関心から学問・大学をみつけるサイトです。
TOPページへ