日本語教育

中国語と並ぶアジアの主要な言語「日本語」への需要の高まりを背景に、日本語を母語としない外国人に対し、日本語の習得を指導する

外国人留学生のための日本語教育   外国人労働者との共生   日本語教育の言語政策   異文化理解   災害時コミュニケーション

学べる大学は?

研究をリードする大学

大学詳細

筑波大学

人文・文化学群 日本語・日本文化学類
【 主な研究者 】
松崎寛

大阪大学

外国語学部 外国語学科 日本語専攻
【 主な研究者 】
筒井佐代 真嶋潤子

東京外国語大学

言語文化学部 言語文化学科
【 主な研究者 】
海野多枝

金沢大学

人間社会学域 国際学類 日本・日本語教育コース
【 主な研究者 】
太田亨 深澤のぞみ

活躍する研究者

興味がわいたら

まんが クラスメイトは外国人 入門編 はじめて学ぶ多文化共生

みなみななみ

日本に住む外国人が直面する「壁」として、「制度の壁」「言葉の壁」「心の壁」の3つが挙げられます。この本では、日本の学校にいる外国にルーツを持つ子どもたちがぶつかる様々な「壁」を、まんがでわかりやすく紹介しています。

このまんがに登場する子どもたちが抱える問題は本人たちの問題ではなく、受け入れる日本社会の側にあるということがわかってもらえるのではないかと思います。この子たちに自分がどのように寄り添えるのか、身近な多文化共生に向けて考えるきっかけになればと思います。同じシリーズの『まんが クラスメイトは外国人 多文化共生20の物語』もおすすめです。 (明石書店)


ことば漬けのススメ

宮崎里司、漫画:ますざわ梨紗

この本は、歴代の外国人力士へのインタビューに基づき、外国語を習得するコツについて書かれた『外国人力士はなぜ日本語がうまいのか』という本を漫画化したものです。外国語を学ぶ環境作りという点で、相撲部屋の話以外に、海外での生活を最大限効果的に活用する秘訣についても書かれています。短期間で高度な英語習得が必要になった時に、この本の内容を実践してみてもよいでしょう。将来、留学したり、海外で働きたいと考えたりしている人におすすめの本です。 (明治書院)


日本人の知らない日本語 なるほど~×爆笑!の日本語“再発見”コミックエッセイ

蛇蔵、海野凪子

日本語教師が日々接する日本語学習者の疑問・難問をおもしろおかしく描いています。マンガでとても読みやすいですが、どれもこれも日本語教師なら「そうそう!」と納得してしまいます。日本語教師ってどんな仕事?日本語学習者ってどんな感じ?異文化交流って言うけど異文化って何?ということを教えてくれる一冊です。 (KADOKAWA)


家(チベ)の歴史を書く

朴沙羅

在日コリアン3世の著者が、戦中戦後、韓国の済州島と日本の間を行き来した人々の声を親族の話から拾い、彼らがどんな思いを抱えて海を渡り、在日コリアンコミュニティが出来ていったのか、生の声に触れることができる作品です。 (筑摩書房)


本コーナーは、中高生と、大学での学問・研究活動との間の橋渡しになれるよう、制作・運営されています。

「学べる大学は?」の「研究をリードする大学」で紹介する大学は、科学研究費の採択件数が多い大学です。( →詳しくはこちら )

各先生の所属など、掲載されている大学(学部・学科ほか)の名称は、2020年1月段階の調べによります。実際の進路選択等に際しては、各大学のHP等で改めてご確認ください。

みらいぶっくへ ようこそ ふとした本との出会いやあなたの関心から学問・大学をみつけるサイトです。
TOPページへ