日本語教育

中国語と並ぶアジアの主要な言語「日本語」への需要の高まりを背景に、日本語を母語としない外国人に対し、日本語の習得を指導する

外国人留学生のための日本語教育   外国人労働者との共生   日本語教育の言語政策   異文化理解   災害時コミュニケーション

学べる大学は?

研究をリードする大学

大学詳細

筑波大学

人文・文化学群 日本語・日本文化学類
【 主な研究者 】
松崎寛

大阪大学

外国語学部 外国語学科 日本語専攻
【 主な研究者 】
筒井佐代 真嶋潤子

東京外国語大学

言語文化学部 言語文化学科
【 主な研究者 】
海野多枝

金沢大学

人間社会学域 国際学類 日本・日本語教育コース
【 主な研究者 】
太田亨 深澤のぞみ

活躍する研究者

興味がわいたら

音とことばのふしぎな世界

川原繁人

言語に関する学問は文系と思われるかもしれないが、文系理系の違いにとらわれることなく物事をとらえることが大切。言葉の音とはどのようなものかについて、わかりやすくまた興味深くまとめられている。言語を客観的に考えるとはどういうことか、どんな知識が必要かということを知る上でも役に立つ。出版社のサイトには、本で取り上げられた音声が動画で掲載されている。また、授業などで簡単に利用できる練習問題が、以下のサイト掲載。http://user.keio.ac.jp/~kawahara/iwanami.html (岩波科学ライブラリー)


表現を味わうための日本語文法

森山卓郎

教科書に載っているような文章をはじめとして、詩人や作家の文章、ヒットソングの歌詞や駅のアナウンスなどなど。さまざまな日本語の表現に接したとき、日本語の仕組みを知っているとこんなにも読み方が変わる、味わえるということが実感できる。知的好奇心をくすぐる一冊。 (岩波書店)


漢字教材を作る

加納千恵子、大神智春、清水百合、郭俊海、石井奈保美、谷部弘子、石井恵理子

漢字は日本語を学ぶ外国人にとって難しいことの一つ。日本語学習者のためにどのような漢字教材を作ったらよいかをわかりやすく解説した本。漢字習得の教授法、学習法、教育効果の評価法などの研究が必要だ。非漢字圏学習者にとっても難しいが、中国や韓国の学習者にとっても難しい点があることに気づいてほしい。 (スリーエーネットワーク)


絵で見る漢字 KANJI PICT・O・GRAFIX

マイケル・ローリー

日本で漢字を勉強したことがある、アメリカのブックデザイナーが、1000以上の日本の漢字と仮名を、外国人の目で文字の意味をふまえてグラフィック化。本書のURLのページの、ページサンプルをクリックすると、いくつかの例を見ることができる。非漢字圏学習者の目に漢字がどのように映っているのかを知るために役立つ。 (IBCパブリッシング)


本コーナーは、中高生と、大学での学問・研究活動との間の橋渡しになれるよう、制作・運営されています。

「学べる大学は?」の「研究をリードする大学」で紹介する大学は、科学研究費の採択件数が多い大学です。( →詳しくはこちら )

各先生の所属など、掲載されている大学(学部・学科ほか)の名称は、2020年1月段階の調べによります。実際の進路選択等に際しては、各大学のHP等で改めてご確認ください。

みらいぶっくへ ようこそ ふとした本との出会いやあなたの関心から学問・大学をみつけるサイトです。
TOPページへ