文学一般

世界中の様々な地域の文学作品を読みこなし、各民族固有の文学理論の性質を調べ、また二国以上の文学作品を読み比べる

千夜一夜物語   先住民文学   比較文学   ノーベル文学賞

学べる大学は?

研究をリードする大学

大学詳細

大阪大学

文学部 人文学科 日本学専修
【 主な研究者 】
平田由美
文学部 人文学科 英米文学・英語学専修
【 主な研究者 】
片渕悦久
文学部 人文学科 比較文学専修
【 主な研究者 】
橋本順光
外国語学部 外国語学科 ビルマ語専攻
【 主な研究者 】
井上さゆり
外国語学部 外国語学科 ウルドゥー語専攻
【 主な研究者 】
北田信
外国語学部 外国語学科 ペルシア語専攻
【 主な研究者 】
竹原新

京都大学

総合人間学部 総合人間学科 文化環境学系
【 主な研究者 】
勝又直也

早稲田大学

国際教養学部 国際教養学科
【 主な研究者 】
森田典正 間藤茂子

東京大学

教養学部 教養学科 超域文化科学分科 比較文学比較芸術コース
【 主な研究者 】
今橋映子

東京外国語大学

言語文化学部 言語文化学科
【 主な研究者 】
佐々木あや乃

筑波大学

人文・文化学群 比較文化学類 表現文化領域 テクスト文化学コース
【 主な研究者 】
平石典子 青柳悦子

鹿児島大学

法文学部 人文学科 多元地域文化コース
【 主な研究者 】
鵜戸聡

海外で学ぶなら

大学詳細

University of Auckland/オークランド大学(ニュージーランド)

人文学部

【オセアニア文学】 ウィティ・イヒマエラ、アルバート・ウェンツなど第一世代のマオリ作家やサモア人作家がかつて教鞭をとっていた学部であり、現在はサモア人の女性詩人セリーナ・トゥシタラ・マーシュが教鞭をとっている。オークランドは南太平洋移民が多く、オセアニア文学を学ぶにはよい環境である。

University of Waikato/ワイカト大学(ニュージーランド)

マオリ・太平洋開発学科

【マオリ語・マオリ文化】 マオリ語とマオリ文化・伝統芸術を総合的に学ぶトータル・イマージョンの短期集中型のコースを開講している。上級者クラスには、幼稚園や小学校からマオリ語のトータル・イマージョンで育った学生も多く、ファイコーレロ(公の場でのスピーチ)をできる学生もいて、レベルが高い。

活躍する研究者

日本は脅威か興味の対象か~19世紀イギリスの小説や旅行記の中の日本

橋本順光 先生
大阪大学
文学部 人文学科 比較文学専修/文学研究科 文化表現論専攻

「比較文学」「比較文化」という学問は、誤解を前提としています。文化や物語は、受け手によって伝言ゲームのようにつくりかえられます。私は19世紀以降のイギリスで出版さ・・・

亡命や難民などを経験した人々、あるいはそうした人々を祖先にもつ作家が生み出す、新しい文学とは

越川芳明 先生
明治大学
文学部 文学科 英米文学専攻/文学研究科 英文学専攻

日本の大学では、百年前に作られた国民国家の枠組みにしたがって「アメリカ文学」や「日本文学」といった括りで文学を捉えることが多いですが、私はそのような枠組みでは捉・・・

小杉世 先生
大阪大学
言語文化研究科 言語文化専攻

【ポスト植民地時代の文学研究、先住民・移民文学研究、オセアニア研究、環境や核をめぐる言説・表象・文学・芸術の研究】イギリスが植民地支配を行っていた世界各国の中で、特にオセアニアにおける植民地化と脱植民地化の歴史、様々な社会的問題などを研究。その文脈で、オセアニアの文学や舞台芸術、絵画、放射線汚染の問題などを考察する

興味がわいたら

オカルトの惑星 1980年代、もう一つの世界地図

吉田司雄:編著

縄文の遮光器土偶と呼ばれる土偶は、宇宙人がモデルという珍説を聞いたことはないだろうか。例えば手塚治虫はこの説を下敷きにして、『ブラック・ジャック』の一話で遮光器土偶そっくりの宇宙人を登場させている。こうした宇宙人やUFO、超古代史などオカルトは、現代人のおごりを警告する物語として、19世紀に欧米で流行して以来、ずっと世界で書かれ続けている。本書は、1980年代の熱狂的な日本のオカルトを解説。大阪大学橋本順光先生は遮光器土偶=宇宙人説を取り上げる。 (青弓社)


異文化理解の倫理にむけて

稲賀繁美:編

なんとなく感じている異文化理解の常識と前提を、心地よく壊してくれる名著。本文に絶妙につっこむ注を読むだけでも目から鱗が落ちることが多く、この注も異文化理解の倫理の一環であることが実感できるはず。明快ながら仕掛けがいたるところにこらされているのは、編者による大著『絵画の黄昏』『絵画の東方』『絵画の臨界』と同じ。こちらもぜひ。膨大な知識と鋭い分析が見事に相乗する本文と同時に、連想から連想へと横滑りしながらさまようのが、まるでダンジョンをめぐるように楽しい注釈も必見。 (名古屋大学出版会)


バクマン。

小畑健:著、大場つぐみ:原作

マンガ家マンガの傑作。単行本は全20巻。手塚治虫以来、マンガ家マンガは、芸術家を主人公にした19世紀の小説やその末裔である太宰治の『人間失格』(主人公はマンガ家)から多くを受け継いできた。ただし『バクマン。』の主人公は、これまでと違い、全然、芸術家肌でないのが画期的。これはドストエフスキーの『罪と罰』をマンガ化した手塚と、おそらく『罪と罰』を読まずに、しかし実は主題が共通している『デスノート』を描いた小畑健、大場つぐみの二人との間に横たわるマンガの歴史と深い関係がある。『バクマン。』については、『美術フォーラム21 第24号』「特集:漫画とマンガ、そして芸術」に、論考が掲載されている。 (ジャンプコミックス)


英語文学の越境 ポストコロニアル/カルチュラル・スタディーズの視点から

木村茂雄、山田雄三:編著

インド、オセアニア、カリブ、アフリカにおける植民地支配がもたらした英語圏の拡大とそのなかで生まれた越境的な新しい文学や文化の多面的な展開について、ポストコロニアリズムやカルチュラル・スタディーズの視点から考察する。英語中心主義を乗り越え、先住民文化と西洋文化のはざまにおいて、どのような新しい文学の展開がみられるのかを考察している。大阪大学・小杉世先生は、ニュージーランドにおけるポストコロニアル文化について執筆している。 (英宝社)


本コーナーは、中高生と、大学での学問・研究活動との間の橋渡しになれるよう、制作・運営されています。

「学べる大学は?」の「研究をリードする大学」で紹介する大学は、科学研究費の採択件数が多い大学です。( →詳しくはこちら )

各先生の所属など、掲載されている大学(学部・学科ほか)の名称は、2020年1月段階の調べによります。実際の進路選択等に際しては、各大学のHP等で改めてご確認ください。

みらいぶっくへ ようこそ ふとした本との出会いやあなたの関心から学問・大学をみつけるサイトです。
TOPページへ