日本文学

日本人によって日本語で書かれた固有の文学作品。古事記以来、和歌、能狂言、江戸戯作まで連綿と続き、明治以降、口語体の散文文学が主流となった

万葉集   浄瑠璃・歌舞伎   夏目漱石   村上春樹   あさきゆめみし

こんな研究で世界を変える!〜最新研究を読もう

風土記
外国人は日本の風土記をどう研究してきたのか

兼岡理恵 先生
千葉大学 文学部 人文学科 日本・ユーラシア文化コース/人文科学研究院

記事を読もう

江戸の絵本
江戸時代に登場したカラフルな絵本の世界

石川透 先生
慶應義塾大学 文学部 人文社会学科 国文学専攻/文学研究科 国文学専攻

記事を読もう

戦後文学資料
水上勉文学から、戦後の日本人が文学に何を求めたか探る

大木志門 先生
東海大学 文学部 日本文学科

記事を読もう

地域の歴史資料を地域の人と守る防災ネットワークを広める

丹羽謙治 先生
鹿児島大学 法文学部 人文学科 多元地域文化コース/人文社会科学研究科 国際総合文化論専攻

記事を読もう

中世の豊かな宗教文化が『平家物語』に与えた影響

牧野淳司 先生
明治大学 文学部 文学科 日本文学専攻/文学研究科 日本文学専攻

記事を読もう

漢詩・漢文
平安貴族の漢詩・漢文、日本独自の発展をみせる

佐藤道生 先生
慶應義塾大学 

記事を読もう

学問をもっと深く知るために

[俳句学]
「エヴァンゲリオン」が登場する俳句の授業って?
~高校時代、大学時代のディープな趣味も研究につながっている

青木亮人 先生
愛媛大学  教育学部 国語教育専攻

君がいる俳句のセカイ

俳人 佐藤文香 さん

本コーナーは、中高生と、大学での学問・研究活動との間の橋渡しになれるよう、制作・運営されています。

「学べる大学は?」の「研究をリードする大学」で紹介する大学は、科学研究費の採択件数が多い大学です。( →詳しくはこちら )

各先生の所属など、掲載されている大学(学部・学科ほか)の名称は、2020年1月段階の調べによります。実際の進路選択等に際しては、各大学のHP等で改めてご確認ください。

みらいぶっくへ ようこそ ふとした本との出会いやあなたの関心から学問・大学をみつけるサイトです。
TOPページへ