英語学

英語が持つ発音の特徴や文のしくみ、意味を明らかにし、今や世界共通語の英語の歴史や成立過程を調べる。言語学の1領域。

[r]と[l]の発音   英語と米語   グロービッシュ(Global English)   アクセントとイントネーション

学べる大学は?

研究をリードする大学

大学詳細

東北大学

文学部 人文社会学科 英語学専修
【 主な研究者 】
金子義明 島越郎

大阪大学

文学部 人文学科 英米文学・英語学専修
【 主な研究者 】
岡田禎之

三重大学

人文学部 文化学科 ヨーロッパ・地中海研究コース
【 主な研究者 】
服部範子
教育学部 学校教育教員養成課程 英語教育コース
【 主な研究者 】
西村秀夫

名古屋大学

文学部 人文学科 文芸言語学コース 英語学分野
【 主な研究者 】
大室剛志 田中智之

専修大学

文学部 英語英米文学科
【 主な研究者 】
濱松純司 三浦弘

関西外国語大学

外国語学部 英米語学科
【 主な研究者 】
鈴木誠一
英語国際学部 英語国際学科
【 主な研究者 】
長友俊一郎
英語キャリア学部 英語キャリア学科
【 主な研究者 】
岡田伸夫

北海道教育大学

教育学部(函館校) 国際地域学科 地域協働専攻 国際協働グループ
【 主な研究者 】
福田薫

新潟大学

人文学部 人文学科 西洋言語文化学プログラム
【 主な研究者 】
秋孝道 土橋善仁
教育学部 学校教員養成課程 教科教育コース 英語教育専修
【 主な研究者 】
本間伸輔

金沢大学

人間社会学域 人文学類 言語文化学コース
【 主な研究者 】
堀田優子

筑波大学

人文・文化学群 人文学類 言語学主専攻
【 主な研究者 】
和田尚明 廣瀬幸生

大阪教育大学

教育学部 学校教育教員養成課程 小中教育専攻・中等教育専攻 英語教育コース
【 主な研究者 】
寺田寛
教育学部 教育協働学科 グローバル教育専攻 英語コミュニケーションコース
【 主な研究者 】
松本マスミ

奈良女子大学

文学部 言語文化学科 ヨーロッパ・アメリカ言語文化学コース
【 主な研究者 】
吉村あき子 今野弘章

九州大学

文学部 人文学科 文学コース 英語学・英文学分野
【 主な研究者 】
西岡宣明

福岡大学

人文学部 英語学科
【 主な研究者 】
毛利史生 山田英二

その他の優れた大学

大学詳細

南山大学

人文学部 人類文化学科

【日本語と英語の比較】 英語学・日本語学の両分野で世界的に著名な研究者を有し、丁寧な指導を行っている。

関西学院大学

文学部 文学言語学科 英米文学英語学専修

【英語学、特に文の構造と意味】 英語学、特に文の構造と意味の領域における世界的に著名な研究者を有し、丁寧な指導を行っている。

活躍する研究者

服部範子 先生
三重大学
人文学部 文化学科 ヨーロッパ・地中海研究コース/人文社会科学研究科 地域文化論専攻

【英語音声学、音韻論】ことばと音楽の接点について研究。英語と日本語の母語話者がリズム的に好ましいと思う音声の形の解明を目指す。

杉崎鉱司 先生
関西学院大学
文学部 文学言語学科 英米文学英語学専修/文学研究科 文学言語学専攻

【幼児による母語獲得】どのようにして母語知識を獲得するのかなどを明らかにする。それによって心と脳のしくみ、発達過程を明らかにすることを目指している。

郷路拓也 先生
津田塾大学
学芸学部 英語英文学科/文学研究科 英文学専攻

【意味の獲得】幼い子どもによる英語の獲得に、理論と実験の両面からアプローチする。日本では数少ない、意味の獲得の領域について精力的に研究を行っている。

平岩健 先生
明治学院大学
文学部 英文学科/文学研究科 英文学専攻

【文の構造に関する言語比較】英語に限らず、多様な言語を比較することを通して、人の言語知識の性質に関して精力的に研究を行っている。

興味がわいたら

英文法の疑問 恥ずかしくてずっと聞けなかったこと

大津由紀雄

近年の英語学習では、コミュニケーションに重点が置かれているが、本書は、英語学習における英文法の重要性に気づかせてくれる。不定詞と動名詞の意味の違いや関係代名詞の省略など、英文法でおなじみの現象の背後にある不思議さ・奥深さを明らかにし、英文法に潜む謎と面白さをわかりやすく説明している。また、英語を対象とした言語研究が何を明らかにしようとしているのかも解説。英語学研究の意義や、英語学研究がどのように社会に貢献しうるかを理解するにも役立つ。 (生活人新書)


音とことばのふしぎな世界

川原繁人

言語研究の、特に「言語音」に関わる研究の目的と成果を非常に楽しく、わかりやすく解説している。日本人が苦手な英語の[r]と[l]の発音の違いや、メイド声・ラップ音楽など、多彩な話題を通して言語の音声研究の奥深さ・楽しさを伝えてくれる。 (岩波科学ライブラリー)


入門英語音声学

服部範子

「たけやぶやけた」という回文をパソコンで逆転再生すると、どのように聞こえるだろう。五十音図の「アカサタナハマヤラワ」の配列は音声学的に意味があるが、どういうことだろう。本書は、こういった日本語の音声に関する問いに答えつつ、英語の音声の特徴について、音声学の理論に基づきながら、解説する。たとえば第5章では、音符を用いて英語のリズムを視覚的に紹介し、英語と日本語のリズムの違いを説明したあと、英語の新しいリズム学習法を提案する。その応用として、英語の歌、My Grandfather’s Clock(大きな古時計)で、アクセントのある単語が各小節のどこに配置されているのか説明する。センター試験のアクセント問題は受験のためにだけあるのではないのだ。 (研究社)


外国人と一緒に生きる社会がやってきた! 多言語・多文化・多民族の時代へ

河原俊昭、山本忠行編

クラスに外国籍クラスメートが転校してきたといったエピソードをもとに多言語社会の課題を考える。「外人」と呼んで仲間はずれにするのか友達になるのかといったことを考える機会を与えてくれる。文化の違いからお弁当を持参しなかったり、母国の国民の休日に休んでしまったり。学校で何が起こっているか、外国籍を持つお父さんやお母さんの悩みや先生たちの悩みなどが本書を通して見えてくる。外国語教育の視点では、例えば「目玉焼き」は英語で”sunny-side up”と言うが、「アメリカ人は太陽を連想しながら目玉焼きを食べるのかな」というように、言葉から考え方や思考も様々であることに気づくような、道しるべのような本でもある。 (くろしお出版)


本コーナーは、中高生と、大学での学問・研究活動との間の橋渡しになれるよう、制作・運営されています。

「学べる大学は?」の「研究をリードする大学」で紹介する大学は、科学研究費の採択件数が多い大学です。( →詳しくはこちら )

各先生の所属など、掲載されている大学(学部・学科ほか)の名称は、2020年1月段階の調べによります。実際の進路選択等に際しては、各大学のHP等で改めてご確認ください。

みらいぶっくへ ようこそ ふとした本との出会いやあなたの関心から学問・大学をみつけるサイトです。
TOPページへ