構造生物化学

すべての生命活動の源、タンパク質の立体構造を明らかにし、細胞や器官の働き方を決める解析手法を開発

質量分析   生体膜   コラーゲン   ヒアルロン酸   X線結晶解析

学べる大学は?

研究をリードする大学

大学詳細

大阪大学

理学部 生物科学科
【 主な研究者 】
栗栖源嗣 中井正人 中川敦史 三間穣治 高木淳一

東京大学

薬学部
【 主な研究者 】
清水敏之

京都大学

薬学部
【 主な研究者 】
星野大 加藤博章 中津亨
理学部 理学科 生物科学系
【 主な研究者 】
杤尾豪人
医学部 医学科
【 主な研究者 】
小林拓也

九州大学

理学部 生物学科
【 主な研究者 】
田村茂彦 小柴琢己
農学部 生物資源環境学科 応用生物科学コース
【 主な研究者 】
角田佳充
農学部 生物資源環境学科 動物生産科学コース
【 主な研究者 】
沖野望
薬学部
【 主な研究者 】
阿部義人

北海道大学

理学部 生物科学科 高分子機能学
【 主な研究者 】
尾瀬農之 姚閔
理学部 化学科
【 主な研究者 】
石森浩一郎
薬学部
【 主な研究者 】
前仲勝実

名古屋大学

理学部 生命理学科
【 主な研究者 】
松浦能行 廣明秀一
農学部 応用生命科学科
【 主な研究者 】
佐藤ちひろ

横浜市立大学

国際総合科学部 国際総合科学科 理学系 生命医科学コース
【 主な研究者 】
有田恭平 朴三用 高橋栄夫 明石知子 禾晃和
国際総合科学部 国際総合科学科 理学系 生命環境コース
【 主な研究者 】
東昌市

奈良先端科学技術大学院大学

先端科学技術研究科 先端科学技術専攻
【 主な研究者 】
箱嶋敏雄 木俣行雄

高エネルギー加速器研究機構


その他の優れた大学

大学詳細

東京工業大学

生命理工学院 生命理工学系

活発な研究が行われている。

大阪市立大学

理学部 化学科

人工光合成研究センターでは、クリーンエネルギーに関する研究を行っている。

兵庫県立大学

理学部 生命科学科

大型放射光施設SPring-8がキャンパス近郊にあり、最先端施設を利用した研究が可能である。


海外で学ぶなら

大学詳細

University of Utah/ユタ大学(米)

Department of Biochemistry

主な研究者

研究者詳細

明石知子

横浜市立大学
国際総合科学部 国際総合科学科 理学系 生命医科学コース/生命医科学研究科 生命医科学専攻
【質量分析による構造生物学】 真核生物の遺伝子は、長いDNA分子がコンパクトに折りたたまれて、細胞核内に存在している。それを調べるために、タンパク質の質量を計測する質量分析法を使った方法でタンパク質の機能に関わる構造情報を獲得する研究を行う。

有田恭平

横浜市立大学
国際総合科学部 国際総合科学科 理学系 生命医科学コース/生命医科学研究科 生命医科学専攻
【DNAメチル化、エピジェネティクス】 DNAの塩基配列が変化しなくても、後天的な環境要因で遺伝子の発現が制御されることをうまく説明できる、DNAメチル化を研究。そのような遺伝子の配列を制御するしくみを、エピジェネティクスという。エピジェネティクスという生命現象に深く関わるDNAメチル化がどのように起こるのかに取り組む。

水島恒裕

兵庫県立大学
理学部 生命科学科/生命理学研究科 ピコバイオロジー専攻/ピコバイオロジー研究所
【ユビキチン修飾―プロテアソーム経路】 細胞内で異常なタンパク質を除去しタンパク質を死へと導く「ユビキチン修飾―プロテアソーム経路」の研究。なぜこのようなシステムが存在するのか、タンパク質の働くメカニズムの解明を目指す。

杉島正一

久留米大学
医学部 医学科/医学研究科 医科学専攻
【タンパク質結晶学】 動物のヘモグロビンや、植物のクロロフィルに関わる、酵素の立体構造の研究。この酵素の異常として、光過敏症のポルフィリア症が知られ、また酸化ストレスやがんにも関わりがある。植物ではこの酵素によって分解されると紅葉・黄葉の現象が見られる。

稲葉謙次

東北大学
理学部 化学科/理学研究科 化学専攻/多元物質科学研究所
【ジスルフィド結合の酸化還元蛋白質の関する研究】

海野昌喜

茨城大学
工学部 物質科学工学科/理工学研究科 量子線科学専攻
【中性子線を使った結晶構造解析】

庄村康人

茨城大学
工学部 物質科学工学科/理工学研究科 量子線科学専攻
【ヒドロゲナーゼに関する研究】

胡桃坂仁志

東京大学
理学系研究科 生物科学専攻/定量生命科学研究所
【クロマチン動態】 すべての真核生物に共通するクロマチン、染色体の基本的構成単位であるヌクレオソームに焦点をあてて、インパクトの高い成果を挙げている。

西山敦哉

東京大学
理学系研究科 生物科学専攻/医科学研究所
【ヒストンのユビキチン化とDNAメチル化の解析】 エピジェネティクスに深く関わり、複雑な生物の体を正確に形づくるために必須のしくみであるDNAメチル化について、UHRF1というタンパク質の機能を独自の手法を用いて解析している。

野尻正樹

大阪大学
理学部 化学科/理学研究科 化学専攻
【金属タンパク質複合体の解析】

栗栖源嗣

大阪大学
理学部 生物科学科/理学研究科 生物科学専攻/蛋白質研究所
【電子伝達タンパク質複合体の解析】

中川敦史

大阪大学
理学部 生物科学科/理学研究科 生物科学専攻/蛋白質研究所
【超分子複合体の解析】

井上豪

大阪大学
薬学部/薬学研究科 創成薬学専攻
【金属タンパク質複合体の解析】

末松和美

広島大学
理学部 化学科/理学研究科 数理分子生命理学専攻
【質量分析による構造生物学】 日本で数少ない質量分析でタンパク質の形と機能を議論しようとする研究者。

角田佳充

九州大学
農学部 生物資源環境学科 応用生物科学コース/システム生命科学府 システム生命科学専攻
【硫酸基転移酵素に関する研究】

鵜木元香

九州大学
医学部 生命科学科/医学系学府 医学専攻/生体防御医学研究所
【初期胚におけるUHRF1タンパク質の役割の解明】 クロマチン(染色体)を構成する主要な物質のヒストンに関わる、UHRF1というとても重要なタンパク質を発見した研究者。そのタンパク質の機能の解明に取り組んでいる。

和田啓

宮崎大学
医学部/医学獣医学総合研究科 医科学獣医科学専攻/テニュアトラック推進機構
【鉄硫黄クラスター成熟化に関する研究】

樋口芳樹

兵庫県立大学
理学部 生命科学科/生命理学研究科 生命科学専攻
【ヒドロゲナーゼに関する研究】

神谷信夫

大阪市立大学
理学部 化学科/理学研究科 物質分子系専攻/複合先端研究機構
【光合成系IIに関する結晶構造解析】

古関明彦

理化学研究所
【発生のメカニズムの研究】

興味がわいたら

タンパク質がわかる本

ニュートン別冊

タンパク質の形を知る方法はどのようなものがあるか、またそれらの方法を使うことでどういう情報が得られ、その情報は人類がどのように利用できるものであるか。ゲノム配列が明らかになった現在では、ゲノムの情報を元に作られるタンパク質を理解することが重要である。そのための生命科学の基礎について平易に書かれている書籍である。 (ニュートンプレス)


10万種類のタンパク質

ニュートン別冊

タンパク質の機能、タンパク質ができるまでをわかりやすく解説している。タンパク質研究の重要テーマもわかる。2013年に刊行したNewton別冊『人体は“なに”で作られているのか』を増補改訂した、タンパク質の入門書。 (ニュートンプレス)


いきなりはじめる構造生物学

神田大輔

バイオサイエンスに関する雑誌での人気連載が書籍化したもの。タンパク質の形を見る方法の基本的な原理をわかりやすく説明し、またその研究がどのように人々の役に立っているかがわかる。高校生でも理解しやすい内容だ。 (学研メディカル秀潤社)


ノーベル賞の生命科学入門 構造生物学の発展

石田寅夫

ノーベル賞を受賞した構造生物学の研究が多数紹介されているとともに、これまでの歴史を振り返り、展望を述べている。生体分子の形を見る方法が、いかに注目を集めている研究であるかがわかる。 (講談社サイエンティフィク)


みらいぶっくへ ようこそ ふとした本との出会いやあなたの関心から学問・大学をみつけるサイトです。
TOPページへ