基礎医学系・先端医療バイオ系の本

脳のなかの幽霊

V・S・ラマチャンドラン、サンドラ・ブレイクスリー

切断された手足がまだついているように感じたり、本物の両親を偽物と主張する…。アメリカの神経科医、心理学・神経科学者である著者が、これまでに出会ったさまざまな患者との数々のやり取りを紹介しながら、脳の不思議を解説する。解説は養老孟司。 (山下篤子:訳/角川書店)



DNA

ジェームス・D・ワトソン、アンドリュー・ベリー

著者ジェームス・ワトソンは、DNA二重らせん構造の発見者の一人。二重らせん発見までの彼の研究と、研究者たちとの競争について書かれている。二重らせん発見後のDNA研究の進展やヒトゲノム計画についても網羅。この60年前に行われた研究が、私たちの生活を大きく変えていることを知ってほしい。この後の化学や物理学の視点からの研究によって生命体の理解が大きく進んだ。「生体関連化学」分野ではDNAを対象とした研究も多く、二重らせん以外のDNA構造が疾患に関わっていることも明らかになってきた。また、RNAを利用した疾患の治療やバイオセンサーの開発も有望だ。こうした研究を進めるには、化学や物理の視点からの基礎研究がとても重要。分子生物学の入門書としても優れている。 (青木薫:訳/ブルーバックス)



免疫学個人授業

多田富雄、南伸坊

エッセイストでありイラストレーターの南伸坊氏が、免疫学について多田富雄先生に教えてもらうという形で書かれている。免疫学について、その歴史から最新研究までを、やさしく楽しく知ることができる。 (新潮文庫)



進化しすぎた脳 中高生と語る[大脳生理学]の最前線

池谷裕二

中高生との対話から見た大脳生理学がまとめられており、高校生が神経科学を学ぶにあたり、導入としてわかりやすく適している。記憶や意識、脳の解釈など脳の力などについて、ストレートに、かつ平易な言葉運びでテンポよく解説する。 (ブルーバックス)



がん遺伝子の発見 がん解明の同時代史

黒木登志夫

すべての細胞の中には『がん遺伝子』と呼ばれる遺伝子が存在する。この遺伝子は名前のとおり『がん』に関係し、過剰に活性化されるとがんになる。では細胞はがんになるための遺伝子をもっているということなのかというと、そうではない。通常はこれらの『がん遺伝子』も、正常に生きていいくための重要な活動を担っている。細胞分裂の異常など、遺伝子が異常になって初めてこの『がん遺伝子』は細胞をがん化させるのだ。本書は、このような『がん遺伝子』の発見の経緯からがんを引き起こすしくみについて、簡単にわかりやすく解説している。 (中公新書)



記憶力を強くする 最新脳科学が語る記憶のしくみと鍛え方

池谷裕二

今から10年以上前に執筆された本だが、当時の最新脳科学の知見を元に著者が考える記憶のメカニズムを簡潔に記した、非常に魅力的な内容が満載された面白い本。脳科学や神経科学の醍醐味が理解でき、この分野の面白さを実感してもらえるだろう。 (ブルーバックス)



アウトブレイク

アフリカの猿から持ち込まれた未知のウイルスの蔓延により、一つの町が消えようとする。主人公たちはウイルスの脅威と、その陰に潜む軍の陰謀、双方と戦うことになる。感染症の怖さがよくわかる映画だ。 (ダスティン・ホフマン:主演)



免疫学はやっぱりおもしろい

小安重夫

免疫学の基礎が平易な言葉と図で解説されている。複雑な免疫系だが、発見の歴史や身の回りの現象からひもとかれている。この本を通じて免疫学という分野に興味を持ってもらえると思う。 (羊土社)



はたらく細胞

清水茜

白血球と赤血球をはじめとした体内細胞を擬人化し、体内のさまざまな出来事をドラマ仕立てで描くマンガ。この第二巻では、「赤芽球と骨髄球」をはじめ、食中毒、熱中症、がん細胞についてのドラマだ。擬人化されたがん細胞の末路が哀れだ。 (講談社コミックプラス)



記憶のしくみ

ラリー・スクワイア、エリック・カンデル

記憶のメカニズムを分子レベルで解説した、一般向け入門書。著者の一人、エリック・カンデルはノーベル賞受賞者でもある。記憶の種類についての記述や、脳外科手術患者に関する実録などは読みごたえがある。上・下巻から成る。 (小西史朗、桐野豊:監/ブルーバックス)


関連する学問

9.基礎医学・先端医療バイオの学問をみてみよう
みらいぶっくへ ようこそ ふとした本との出会いやあなたの関心から学問・大学をみつけるサイトです。
TOPページへ