化学系薬学

薬効成分のある化合物を探索、化学反応過程のメカニズムを解き明かし化学合成し、薬を創出する

有機化学   合成化学   生態関連物質   天然物化学

こんな研究で世界を変える!〜最新研究を読もう

植物成分でアルツハイマー病を予防

久保美和 先生
徳島文理大学 薬学部 薬学科

記事を読もう

新しい機能性分子をデザインして創り出す!

山本博文 先生
徳島文理大学 薬学部 薬学科/薬学研究科

記事を読もう

環状化合物の合成手法
金属の化学変化から生まれる「中間体」に着目、医薬品や天然物の効率的な合成に貢献する

大西英博 先生
北海道大学 薬学部/薬学研究院

記事を読もう

有機触媒
地球上にありふれた安価な金属を用いた触媒の開発で、環境調和型のクスリの生産に挑む

松永茂樹 先生
北海道大学 薬学部/薬学研究院

記事を読もう

農薬
毒性のない安全な農薬を効率良く作る!新しい試薬の製品化・販売に成功

柴田哲男 先生
名古屋工業大学 工学部 生命・応用化学科 生命・物質化学分野/工学研究科 工学専攻 生命・応用化学系プログラム

記事を読もう

海外で学ぶなら

Massachusetts Institute of Technology/マサチューセッツ工科大学(米)

University of South Florida/サウスフロリダ大学(米)

Department of Chemistry

【ポルフィリンの化学】 X. Peter Zhang先生という若手の優秀なポルフィリン化学者が在籍。

香港大学(中)

State Key Laboratory of Synthetic Chemistry

【ポルフィリンの化学】 Chi-Ming Che先生という優秀なポルフィリン化学者が在籍。

本コーナーは、中高生と、大学での学問・研究活動との間の橋渡しになれるよう、制作・運営されています。

「学べる大学は?」の「研究をリードする大学」で紹介する大学は、科学研究費の採択件数が多い大学です。( →詳しくはこちら )

各先生の所属など、掲載されている大学(学部・学科ほか)の名称は、2022年9月段階の調べによります。実際の進路選択等に際しては、各大学のHP等で改めてご確認ください。

みらいぶっくへ ようこそ ふとした本との出会いやあなたの関心から学問・大学をみつけるサイトです。
TOPページへ