高分子化学

小さな分子を結合させ、様々な性能や機能を持った巨大分子=高分子ポリマーを作る。ペットボトルから最先端医療材料まで~工学系の応用化学

プラスチック、繊維、フィルム、ゴム   天然高分子   ポリエチレン(PE)やポリプロピレン(PP)   有機薄膜EL、有機薄膜太陽電池などの構成材料   セルロースナノファイバー

こんな研究で世界を変える!〜最新研究を読もう

高分子ゲル微粒子
自ら集合・解散を繰り返す、不思議な高分子を開発

鈴木大介 先生
信州大学 繊維学部 化学・材料学科 応用分子化学コース/総合理工学研究科 繊維学専攻/先鋭材料研究所

記事を読もう

高分子ポリマーの限りなく広い使い道

森秀晴 先生
山形大学 工学部 高分子・有機材料工学科/有機材料システム研究科 有機材料システム専攻

記事を読もう

世界に先がけ、10億分の1メートルの分解能で高分子を直接観察する

熊木治郎 先生
山形大学 工学部 高分子・有機材料工学科/有機材料システム研究科 有機材料システム専攻

記事を読もう

電気・光・熱エネルギーをあやつるソフトマテリアル

高木幸治 先生
名古屋工業大学 工学部 生命・応用化学科 ソフトマテリアル分野/工学研究科 工学専攻 生命・応用化学系プログラム

記事を読もう

ふしぎな折り畳み構造を自発的にとる高分子の開発~有機薄膜太陽電池に役立てる

岡本専太郎 先生
神奈川大学 工学部 物質生命化学科/工学研究科 工学専攻 応用化学領域

記事を読もう


海外で学ぶなら

大学詳細

University of Massachusetts Amherst/マサチューセッツ大学アマースト校(米)

Polymer Science & Engineering

学問をもっと深く知るために

[エネルギー化学]
身近な材料で『エネルギー』を創り出そう!

小久保 尚 先生
横浜国立大学 理工学部 化学・生命系学科

本コーナーは、中高生と、大学での学問・研究活動との間の橋渡しになれるよう、制作・運営されています。

「学べる大学は?」の「研究をリードする大学」で紹介する大学は、科学研究費の採択件数が多い大学です。( →詳しくはこちら )

各先生の所属など、掲載されている大学(学部・学科ほか)の名称は、2020年1月段階の調べによります。実際の進路選択等に際しては、各大学のHP等で改めてご確認ください。

みらいぶっくへ ようこそ ふとした本との出会いやあなたの関心から学問・大学をみつけるサイトです。
TOPページへ