高分子化学

小さな分子を結合させ、様々な性能や機能を持った巨大分子=高分子ポリマーを作る。ペットボトルから最先端医療材料まで~工学系の応用化学

プラスチック、繊維、フィルム、ゴム   天然高分子   ポリエチレン(PE)やポリプロピレン(PP)   有機薄膜EL、有機薄膜太陽電池などの構成材料   セルロースナノファイバー

学べる大学は?

研究をリードする大学

大学詳細

京都大学

工学部 工業化学科 創成化学コース
【 主な研究者 】
大北英生 山子茂 大内誠 中村洋
工学部 工業化学科 工業基礎化学コース
【 主な研究者 】
生越友樹

東京工業大学

物質理工学院 応用化学系
【 主な研究者 】
芹澤武 大塚英幸 小西玄一 冨田育義 福島孝典
物質理工学院 材料系
【 主な研究者 】
早川晃鏡 道信剛志
生命理工学院 生命理工学系
【 主な研究者 】
森俊明

大阪大学

理学部 化学科 高分子科学専攻
【 主な研究者 】
橋爪章仁 青島貞人
理学部 化学科 化学専攻Aコース
【 主な研究者 】
山口浩靖

九州大学

工学部 物質科学工学科 応用化学コース
【 主な研究者 】
君塚信夫 高原淳 田中敬二
工学部 物質科学工学科 化学プロセス・生命工学コース
【 主な研究者 】
三浦佳子
理学部 化学科
【 主な研究者 】
安中雅彦

北海道大学

理学部 化学科
【 主な研究者 】
中野環 佐田和己
工学部 応用理工系学科 応用化学コース
【 主な研究者 】
佐藤敏文 渡慶次学

名古屋大学

工学部 化学生命工学科
【 主な研究者 】
高野敦志 八島栄次 関隆広
農学部 応用生命科学科
【 主な研究者 】
野村信嘉 青井啓悟

山形大学

工学部 高分子・有機材料工学科
【 主な研究者 】
森秀晴 熊木治郎 佐野正人 東原知哉

名古屋工業大学

工学部 生命・応用化学科 ソフトマテリアル分野
【 主な研究者 】
山本勝宏 鈴木将人 猪股克弘 高木幸治 高須昭則

金沢大学

理工学域 物質化学類 応用化学コース
【 主な研究者 】
前田勝浩 山岸忠明

神奈川大学

工学部 物質生命化学科
【 主な研究者 】
岡本専太郎 金仁華 横澤勉
理学部 化学科
【 主な研究者 】
木原伸浩 山口和夫

その他の優れた大学

大学詳細

東京農工大学

工学部 応用化学科

横浜国立大学

理工学部 化学・生命系学科 化学教育プログラム

福井大学

工学部 物質・生命化学科

【高分子化学】

京都工芸繊維大学

工芸科学部 応用化学課程 高分子材料デザインコース

愛媛大学

工学部 工学科 化学・生命科学コース

【高分子化学】

北九州市立大学

国際環境工学部 環境生命工学科

関西大学

化学生命工学部 化学・物質工学科

【高分子化学、高分子設計創生学、機能性高分子化学】


海外で学ぶなら

大学詳細

University of Massachusetts Amherst/マサチューセッツ大学アマースト校(米)

Polymer Science & Engineering

主な研究者

研究者詳細
熊木治郎
山形大学
工学部 高分子・有機材料工学科/有機材料システム研究科 有機材料システム専攻

【原子間力顕微鏡】10億分の1メートルというミクロなサイズの高分子を観察することができる原子間力顕微鏡を駆使して、高分子を直接観察する研究。高分子を1本の分子鎖レベルで直接観察することに世界に先駆けて成功した。

森秀晴
山形大学
工学部 高分子・有機材料工学科/有機材料システム研究科 有機材料システム専攻

【高分子材料】高分子の機能化に重点を置き、合成化学の観点から高い付加価値を持った高分子の設計、合成、特性を評価。いくつかの種類の違うアミノ酸を使って機能性材料の精密合成に取り組む。有機薄膜太陽電池、発光性材料などへの応用を目指し、導電性高分子材料の開発も行う。

高木幸治
名古屋工業大学
工学部 生命・応用化学科 ソフトマテリアル分野/工学研究科 工学専攻 生命・応用化学系プログラム

【高分子合成、高分子反応、機能性高分子】電子が動きやすい「π電子系」の分子軌道を持った高分子の研究。π電子を自由に操ることで電荷分布を制御し、様々な色で強く光る材料、電気をよく流す材料、太陽エネルギーを高効率変換する材料を得ることが可能になる。

山本勝宏
名古屋工業大学
工学部 生命・応用化学科 ソフトマテリアル分野/工学研究科 工学専攻 生命・応用化学系プログラム

【ソフトマテリアル】ソフトマテリアルを専門に、高分子薄膜の構造を調べる研究。薄膜デバイスなど、将来の電子デバイスや情報技術を支える材料の構造解析・機能性の理解につなげる。

岡本専太郎
神奈川大学
工学部 物質生命化学科/工学研究科 応用化学専攻

【精密高分子合成】高分子の精密子合成の研究。ある特殊な部分構造を導入した高分子化合物が、自発的にジグザクに折り畳まることを発見。積層構造をなすこの高分子に光を当てると、電荷が分離することを見出した。有機薄膜太陽電池の発電活性層として利用できる可能性がある。

佐藤敏文
北海道大学
工学部 応用理工系学科 応用化学コース/総合化学院 総合化学専攻

【精密重合、特殊構造・機能性ポリマー、有機触媒重合】通常の直鎖状につながったポリマーと異なる特殊構造ポリマーを精密重合法によって開発。金属元素をまったく含まず、環境低負荷な「有機分子触媒」を探索し、新しい精密重合系の開発を目指して研究。機能性分子材料の創製に関する研究を精力的に展開。

石曽根隆
東京工業大学
物質理工学院 応用化学系

【高分子合成、精密重合】魅力ある新しい高分子を設計し合成している。

大塚英幸
東京工業大学
物質理工学院 応用化学系

【自己修復材料】

佐藤浩太郎
東京工業大学
物質理工学院 応用化学系 エネルギーコース

【精密重合、高分子合成】天然高分子に負けない合成高分子の新しい精密重合反応を開発し、構造の制御された高分子の精密合成を行うことで、性能や機能に優れた高分子材料の開発につながる研究を行っている。

中嶋健
東京工業大学
物質理工学院 応用化学系

【高分子表面物性、原子間力顕微鏡】

上垣外正己
名古屋大学
工学部 化学生命工学科/工学研究科 有機・高分子化学専攻

【高分子合成・精密制御重合系の開発】新しい重合反応の開発と機能性高分子の分子設計・合成を精力的に展開している。

永野修作
名古屋大学
工学部 化学生命工学科/工学研究科 有機・高分子化学専攻

【高分子薄膜・液晶性高分子】

生越友樹
京都大学
工学部 工業化学科 工業基礎化学コース/工学研究科 合成・生物化学専攻
山子茂
京都大学
工学部 工業化学科 創成化学コース/工学研究科 高分子化学専攻/化学研究所

【高分子合成・有機合成】重合過程で開始反応と成長反応のみからなり長さのそろったポリマーが得られるリビングラジカル重合、ヘテロ元素化合物、有機金属化合物などをキーワードとして、魅力ある分子を創出している。

田中一生
京都大学
工学部 工業化学科 創成化学コース/工学研究科 高分子化学専攻

【無機高分子】

井原栄治
愛媛大学
工学部 工学科 化学・生命科学コース/理工学研究科 物質生命工学専攻

【高分子合成、高分子生成法開拓】新しい高分子合成手法の開発や高機能性材料の創製を指向した合成を積極的に展開している。

田中敬二
九州大学
工学部 物質科学工学科 応用化学コース/工学府 材料物性工学専攻

【高分子表面・界面、薄膜の構造・物性】高分子の表面現象の物理の研究を先導している。

櫻井和朗
北九州市立大学
国際環境工学部 環境生命工学科 生命材料工学分野/国際環境工学研究科 環境システム専攻

【ドラッグデリバリー】

横澤勉
神奈川大学
工学部 物質生命化学科/工学研究科 応用化学専攻

【連鎖重縮合による高分子精密合成】2個以上の分子間での縮合を繰り返して高分子化合物を作る重縮合反応の中で、オリジナルで高度な制御を可能にする連鎖重縮合という新しい分野を開いた先駆け的研究者。

金仁華
神奈川大学
工学部 物質生命化学科/工学研究科 応用化学専攻

【有機無機ハイブリッド科学】有機高分子を鋳型として使って無機化合物のナノサイズでの構造制御を行い、それらを様々な応用分野へ展開している研究者。

森崎泰弘
関西学院大学
理工学部 環境・応用化学科

【共役高分子】

伊藤耕三
東京大学
工学部 応用化学科/新領域創成科学研究科 物質系専攻
八島栄次
名古屋大学
工学部 化学生命工学科/工学研究科 有機・高分子化学専攻

【らせん高分子】化学と生命化学が融合した領域で、二重らせん高分子を作る研究。DNAやタンパク質等のらせん生体高分子の動作原理等を活用し、既存の高分子の性能をはるかにしのぐ革新的材料の創出を目指す。らせん高分子に関する世界的研究者。

興味がわいたら

「機能性プラスチック」のキホン

桑嶋幹、久保敬次

代表的な高分子であるプラスチックは生活に密着した材料だが、そのプラスチックの基本がわかる。目的や用途に応じて必要な性質や機能を付与できる、進化したプラスチックの有用性や、機能性プラスチックの具体的な例が紹介されている。 (SBクリエイティブ)


実感する化学(下巻:生活感動編)

A Project of the American Chemical Society

プラスチックやポリマー、薬やエネルギーなどを、身近な生活や社会の問題をからめ紹介している。その根底にあるのは、持続可能な未来のための化学。プラスチックの章では、リサイクルや植物から作るプラスチックの話題もある。大学1年の教科書レベルだが、高校生も十分読める。上巻は「地球感動編」。 (廣瀬千秋:訳/エヌ・ティー・エス)


トコトンやさしいプラスチック材料の本

髙野菊雄

プラスチック材料について、用途や特性がわかる入門書。プラスチックの定義から始まり、様々な種類のプラスチック、生活の場面で使われているプラスチック、環境に与える影響などまで紹介。 (日刊工業新聞社)


高分子化学

齋藤勝裕、渥美みはる

高分子の性質、構造、合成、さらには新しい機能性高分子の開発などをバランスよく紹介している。初めて高分子化学を学ぼうとする人向け。 (東京化学同人)


本コーナーは、中高生と、大学での学問・研究活動との間の橋渡しになれるよう、経済産業省の大学・産学連携、および内閣府/総合科学技術・イノベーション会議の調査事業の一環として、企画・制作・運営されています。
各先生の所属など、掲載されている大学(学部・学科ほか)の名称は、2020年1月段階の調べによります。実際の進路選択等に際しては、各大学のHP等で改めてご確認ください。

みらいぶっくへ ようこそ ふとした本との出会いやあなたの関心から学問・大学をみつけるサイトです。
TOPページへ