高分子・繊維材料

有機化合物のプラスチック、無機化合物の繊維、ゴムという高分子三大材料の材料化学

ポリマー   炭素繊維   免震ゴム   光ファイバー   エコタイヤ

学べる大学は?

研究をリードする大学

大学詳細

京都大学

工学部 工業化学科 創成化学コース
【 主な研究者 】
大野工司 辻井敬亘 古賀毅
工学部 工業化学科 工業基礎化学コース
【 主な研究者 】
渡辺宏

東京工業大学

物質理工学院 応用化学系
【 主な研究者 】
戸木田雅利 芹澤武 大塚英幸 安藤慎治 宍戸厚
物質理工学院 材料系
【 主な研究者 】
道信剛志 鞠谷雄士 塩谷正俊

東北大学

理学部 化学科
【 主な研究者 】
和田健彦
工学部 化学・バイオ工学科 応用化学コース
【 主な研究者 】
三ツ石方也

山形大学

工学部 高分子・有機材料工学科
【 主な研究者 】
前山勝也 佐野正人 東原知哉 杉本昌隆 熊木治郎
工学部(フレックス) システム創成工学科
【 主な研究者 】
古川英光

九州大学

工学部 物質科学工学科 応用化学コース
【 主な研究者 】
高原淳

東京大学

工学部 マテリアル工学科
【 主な研究者 】
吉田亮
農学部 応用生命科学課程 生物素材化学専修
【 主な研究者 】
岩田忠久

信州大学

繊維学部 化学・材料学科 機能高分子学コース
【 主な研究者 】
後藤康夫 大川浩作 荒木潤
繊維学部 化学・材料学科 応用分子化学コース
【 主な研究者 】
鈴木大介 渡邊真志
繊維学部 化学・材料学科 ファイバー材料工学コース
【 主な研究者 】
佐藤高彰 木村睦
繊維学部 先進繊維・感性工学科 先進繊維工学コース
【 主な研究者 】
大越豊

東京農工大学

工学部 応用化学科
【 主な研究者 】
富永洋一 斎藤拓 下村武史

京都工芸繊維大学

工芸科学部 応用化学課程 高分子材料デザインコース
【 主な研究者 】
浦山健治 浅岡定幸 町田真二郎 則末智久
工芸科学部 応用化学課程 機能物質デザインコース
【 主な研究者 】
池田裕子

大阪大学

理学部 化学科 化学専攻Aコース
【 主な研究者 】
佐藤尚弘
理学部 化学科 高分子科学専攻
【 主な研究者 】
井上正志
工学部 応用自然科学科 応用化学科目
【 主な研究者 】
宇山浩

その他の優れた大学

大学詳細

福井大学

工学部 物質・生命化学科

【繊維の機能加工、繊維の応用展開】 繊維の機能加工を得意とし、繊維の衣料以外への応用展開についても積極的に展開している。

慶應義塾大学

理工学部 物理情報工学科

【高分子光ファイバー、レンズ】 この分野で世界のトップランナーの先生が在職している。


海外で学ぶなら

大学詳細

North Carolina State University/ノースカロライナ州立大学(米)

Université de Montréal/モントリオール大学(カナダ)

化学科

【機能性高分子】 温度応答性高分子の分野で世界的に評価されている。

RWTH Aachen University/アーヘン工科大学(独)

主な研究者

研究者詳細
廣垣和正
福井大学
工学部 物質・生命化学科/工学研究科 繊維先端工学専攻

【繊維・高分子材料、染色と機能加工】クジャクやオパールに見られる構造色を利用して、染料を使わない染色布を研究。繊維の機能加工にも取り組む。電子線の照射など先進的なの技術を利用して繊維を改質し、衣料にとどまらず求められる機能を作り出す。

大越豊
信州大学
繊維学部 先進繊維・感性工学科 先進繊維工学コース/総合理工学研究科 繊維学専攻

【繊維材料学、プラスチック成形加工】炭酸ガスレーザー光の照射で繊維を加熱し、高性能・高機能な合成繊維を作り出す研究。

池田裕子
京都工芸繊維大学
工芸科学部 応用化学課程 機能物質デザインコース/工芸科学研究科 機能物質化学専攻

【ゴム科学】長年、ゴムを利用して医用材料の人工血管や人工皮膚などを作ってきた。「天然ゴムはなぜ強いのか」という原点に立ち返り、エコタイヤ、強い免震ゴムなど、社会に必須のゴム材料の高性能化に挑む。天然ゴムを超える新しい合成ゴムの作製にも取り組み、次世代のゴム科学の確立を目指す。

町田真二郎
京都工芸繊維大学
工芸科学部 応用化学課程 高分子材料デザインコース/工芸科学研究科 材料創製化学専攻

【機能性高分子】有機・高分子材料の光物理化学的な基礎過程を探求。光や熱、電気的な刺激などに応答する「刺激応答性高分子」の開発。さらに高輝度に発光する高分子の開発も行う。

芹澤武
東京工業大学
物質理工学院 応用化学系

【高分子とバイオの融合】薬物を徐々に放出するように製剤学的な工夫を施した薬物徐放など、新しい機能性高分子材料の創出に意欲的に取り組んでいる。

金慶孝
信州大学
繊維学部 先進繊維・感性工学科 先進繊維工学コース/総合理工学研究科 繊維学専攻

【紡糸工学】紡糸工学から繊維構造形成過程の解析と複合繊維への応用研究をし、原子や分子の配列をナノメートルの領域で制御された優れたナノファイバーの製造技術を目指す。

奥林里子
京都工芸繊維大学
工芸科学部/工芸科学研究科 先端ファイブロ科学専攻

【繊維の染色・機能加工】

小池康博
慶應義塾大学
理工学部 物理情報工学科/理工学研究科 総合デザイン工学専攻

【高分子光ファイバー】この分野での世界のトップランナーである。

興味がわいたら

天然ゴムの歴史 ヘベア樹の世界一周オデッセイから「交通化社会」へ

こうじや信三

天然ゴムの原産地はブラジルのアマゾンだ。しかし、現在の主な栽培地は東南アジアである。アマゾンから東南アジアに天然ゴムが伝わったその歴史と、それに関わった4人の男の物語。冒険小説さながらわくわくしながら読める。 (京都大学学術出版会)


光と色の100不思議

桑嶋幹、川口幸人

「空はなぜ青い」「光の正体は何か」などの基本的な問いから、「蛍光灯のしくみ」「テレビのしくみ」といった身近な話題、「宇宙から光で地球を観測するーリモートセンシング」「新世代の光工場ーシンクロトロン軌道放射」などの技術まで、光や色についての問題をわかりやすく解説している。 (左巻健男:監修/東京書籍)


科学雑誌Newton 2015年3月号 色と光の科学

大田登:監修

「色と光の科学」が特集されており、フェルメールの名画や伝統工芸・有田焼、宝石や蝶の色彩美にも色・光の観点から迫る。目の認識機構についても詳しい。 (ニュートンプレス)


はじめて学ぶ繊維

信州大学繊維学部:編

信州大学繊維学部は「繊維」の名を冠する唯一の国立大学で、先端繊維研究の拠点だ。大越豊先生をはじめ繊維学部の教員により、繊維科学を初めて学ぶ大学1年生の入門用教科書として書かれた本。繊維の材料、工程、利用に関する基礎と現状について、高校生にも理解できるレベルで平易に解説している。いろいろな分野で繊維が使われていることや、繊維・高分子科学がその基礎となっていることが紹介されている。繊維に興味を持った人はもちろん、一般向けの気楽な読み物としても楽しめる。 (日刊工業新聞)


本コーナーは、中高生と、大学での学問・研究活動との間の橋渡しになれるよう、経済産業省の大学・産学連携、および内閣府/総合科学技術・イノベーション会議の調査事業の一環として、企画・制作・運営されています。
各先生の所属など、掲載されている大学(学部・学科ほか)の名称は、2020年1月段階の調べによります。実際の進路選択等に際しては、各大学のHP等で改めてご確認ください。

みらいぶっくへ ようこそ ふとした本との出会いやあなたの関心から学問・大学をみつけるサイトです。
TOPページへ