知能機械学・機械システム

機械に電子制御を加えたメカトロニクスやIT技術をもとに、ロボットなど知能があるかのような機械システムを実現する

産業用ロボット   ウェアラブルロボット   人型ロボット   生物を模倣した機械   放射能汚染作業ロボット

学べる大学は?

研究をリードする大学

大学詳細

東京大学

工学部 精密工学科
【 主な研究者 】
高増潔 森田剛 藤井輝夫 山本晃生 保坂寛
工学部 機械工学科
【 主な研究者 】
光石衛
工学部 機械情報工学科
【 主な研究者 】
稲葉雅幸

名古屋大学

工学部 機械・航空宇宙工学科
【 主な研究者 】
秦誠一 稲垣伸吉

東京工業大学

工学院 機械系
【 主な研究者 】
小俣透 初澤毅
工学院 システム制御系
【 主な研究者 】
塚越秀行 倉林大輔
工学院 電気電子系
【 主な研究者 】
黒澤実
工学院 情報通信系
【 主な研究者 】
長谷川晶一
環境・社会理工学院 融合理工学系
【 主な研究者 】
齋藤滋規

大阪大学

工学部 応用理工学科 機械工学科目
【 主な研究者 】
森島圭祐 東森充
工学部 応用理工学科 マテリアル生産科学科目 生産科学コース
【 主な研究者 】
若松栄史
基礎工学部 システム科学科 知能システム学コース
【 主な研究者 】
清水正宏

東北大学

工学部 機械知能・航空工学科 ロボティクスコース
【 主な研究者 】
小菅一弘 昆陽雅司
工学部 機械知能・航空工学科 機械・医工学コース
【 主な研究者 】
芳賀洋一
工学部 電気情報物理工学科
【 主な研究者 】
石山和志 石黒章夫

早稲田大学

創造理工学部 総合機械工学科
【 主な研究者 】
岩田浩康 菅野重樹 高西淳夫
基幹理工学部 機械科学・航空学科
【 主な研究者 】
川本広行

京都大学

工学部 物理工学科 機械システム学コース
【 主な研究者 】
横川隆司
工学部 物理工学科 宇宙基礎工学コース
【 主な研究者 】
泉田啓

九州大学

工学部 機械航空工学科 機械工学コース
【 主な研究者 】
山本元司 津守不二夫 木口量夫
工学部 電気情報工学科
【 主な研究者 】
倉爪亮

岡山大学

工学部 機械システム系学科 機械工学コース
【 主な研究者 】
呉景龍
工学部 機械システム系学科 システム工学コース
【 主な研究者 】
脇元修一

立命館大学

理工学部 ロボティクス学科
【 主な研究者 】
平井慎一 川村貞夫 野方誠
理工学部 機械工学科
【 主な研究者 】
上野哲
情報理工学部 情報理工学科 実世界情報コース
【 主な研究者 】
和田隆広

その他の優れた大学

大学詳細

筑波大学

理工学群 工学システム学類

信州大学

繊維学部 機械・ロボット学科 機能機械学コース/バイオエンジニアリングコース

【バイオロボティクス、ウェアラブルロボット】 衣服のように着用できるウェアラブルロボット、生体筋肉と人工物の融合によるハイブリットシステムの開発研究を行っている。機能機械学コースでは、人と対戦するカーリングロボットの開発も。

豊橋技術科学大学

工学部 機械工学課程 システム制御・ロボットコース /人間・ロボット共生リサーチセンター

芝浦工業大学

工学部 機械機能工学科

【知能機械システムほか】 地(知)の拠点整備事業(COC)の一環で、地域の課題を解決するための演習や研究を他の研究室や他の大学、研究機関と連携して進めている。学内ではコンソーシアムを組織しており、学外では、ベイエリアおもてなしロボット研究会を組織し、連携研究を進めている。学生はもちろん、その中で、地域の人や企業、他大学の人と交流したり、いろいろと実学的な体験を行っている。

金沢工業大学

工学部 ロボティクス学科

実験実習が充実している。


海外で学ぶなら

大学詳細

Georgia Institute of Technology/ジョージア工科大学(米)

【自律移動ロボット】

Johns Hopkins University/ジョンズ・ホプキンズ大学(米)

【メディカルロボティクス】

Massachusetts Institute of Technology/マサチューセッツ工科大学(米)

Media Lab

【新分野】 Media Labは、日本の大企業から多くの研究者が行く、革新的なラボ。

Stanford University/スタンフォード大学(米)

Department of Computer Science

【ロボティクス】 Prof.Oussama Khatibは、ロボット研究の第一人者。日本からも多くの企業や学生が行っている。

Technische Universität München/ミュンヘン工科大学(独)

Institute of Automatic Control Engineering

【ロボティクス】 Prof.Martin Bussは、ヨーロッパを代表するロボット研究者で、日本語も堪能。

Royal Institute of Technology/スウェーデン王立工科大学(スウェーデン)

【人間ロボットインタラクション】

主な研究者

研究者詳細

ロボットが人間と共存する時代の到来

松日楽信人
芝浦工業大学
工学部 機械機能工学科/理工学研究科 機械工学専攻

人工知能やロボット工学の進歩によって、ロボットが人間と共存する時代の到来が、現実的になってきました。これまでロボットは製造業でものをつくる工場用ロボットとして普・・・

柔らかい材料を使ったソフトロボティクス研究

平井慎一
立命館大学
理工学部 ロボティクス学科/理工学研究科 機械システム専攻

人の住まう環境で人と共同して動くロボット研究が盛んになっています。医療や介護、エンタテインメントなど、人の近くで活躍するロボットには、人と衝突しても安全なボディ・・・

小金澤鋼一
東海大学
工学部 機械工学科/工学研究科 機械工学専攻

【ロボットハンド、二足歩行ロボット】つかみたい対象物の形状に自動的になじんでつかめる指を持ったロボットハンド、人間や動物の関節のように柔軟性を調節できる二足歩行ロボットを開発。人間の関節に似せたメカニズムを解明する研究。

昆陽雅司
東北大学
工学部 機械知能・航空工学科 ロボティクスコース/情報科学研究科 応用情報科学専攻

【ハプティクス】

望山洋
筑波大学
理工学群 工学システム学類/システム情報工学研究科 知能機能システム専攻

【柔軟ロボット、柔軟マニピュレータ】身体、知能、触感というという3つの観点からロボット的柔らかさを追求する「柔軟ロボット学」研究。頭も身体も印象も柔らかい斬新なロボットのための技術開発と理論構築を目指している。

鈴森康一
東京工業大学
工学院 機械系

【ジャコベッティロボティクス、ソフトアクチュエータ】新しいロボットやメカトロニクス機構の実現を目指し、機能デバイス開発からシステム構築、フィールド研究まで幅広く研究。システムを理解した上で、新たなロボット、ジャコベッティロボティクスを提唱している。

塚越秀行
東京工業大学
工学院 システム制御系

【ソフトアクチュエータ】

塚原淳
信州大学
繊維学部 機械・ロボット学科 バイオエンジニアリングコース/総合理工学研究科 生命医工学専攻

【ウェアラブルロボット】脊椎損傷患者のためのウェアラブルロボットを研究。

東森充
大阪大学
工学部 応用理工学科 機械工学科目/工学研究科 機械工学専攻

【柔軟物マニピュレーション】

山口亨
東京都立大学
システムデザイン学部 情報科学科/システムデザイン研究科 情報科学域

【ソーシャルロボティクス】知能情報処理とロボティクスによる社会貢献のために、ソーシャルロボティクスを提唱している。

竹村研治郎
慶應義塾大学
理工学部 機械工学科/理工学研究科 開放環境科学専攻

【ソフトロボティクス】

前田真吾
芝浦工業大学
工学部 機械機能工学科/理工学研究科 機械工学専攻

【知能材料学】ロボットの革新という意味で、駆動装置のアクチュエータは大変重要。ゲルを利用した新しいアクチュエータの研究で大変注目される。

中村太郎
中央大学
理工学部 精密機械工学科/理工学研究科 精密工学専攻

【バイオロボティクス】空気人工筋肉を用いたロボットの研究。

釜道紀浩
東京電機大学
未来科学部 ロボット・メカトロニクス学科/未来科学研究科 ロボット・メカトロニクス学専攻

【バイオロボティクス】生物に学んだロボットに関する研究。

小澤隆太
明治大学
理工学部 機械情報工学科

【ギア列を用いた人工指】

嵯峨宣彦
関西学院大学
理工学部 人間システム工学科 サイバーロボティクスコース/理工学研究科 人間システム工学専攻

【ソフトアクチュエータ】

興味がわいたら

わかりやすい ロボットシステム入門 メカニズムから制御、システムまで

松日楽信人、大明準治

知能機械としてのロボットは、非常に多くの学問分野から成り立っている。機械、電気、電子、情報、通信、材料。他にも、生物、人間工学、医学、さらには社会学、倫理学なども関連するだろう。このような様々な学問との関連性も含め、「知能機械学・機械システム」の学問領域の基礎となる部分がシステム的に書かれているのがこの本だ。ロボットシステム全体の仕組みがわかりやすいよう、多くの写真や、これまで著者が開発してきた裏話を載せられている。そして、ロボットのキーワードが多く書かれている点も特色だ。高専や大学生用の本だが、ロボット技術に興味があれば高校生でも問題なく理解でき、そしてきっともっと勉強したいと思うようになるだろう。 (オーム社)


ロボット創造学入門

広瀬茂男

著者は、これまでに様々な用途のヘビ型ロボットや四足歩行ロボットを開発しているロボット開発の第一人者の一人だ。本書では、地雷探知除去ロボットを中心に、原子炉内の検査や瓦礫内の探査を行うヘビ型ロボットなどの開発の過程を解説しながら、将来のロボットについて語っている。ロボットを創るために必要な創造的思考法もわかる。中高生を対象としているが、大人も十分に楽しめる。 (岩波ジュニア新書)


ロボットはなぜ生き物に似てしまうのか

鈴森康一

巨大ショベルカーはゾウに似ている。自走するお掃除ロボットは「生きた化石」と似た動きをする。ロボット設計者は、ロボットのお手本として生物の設計に興味を抱いてしまうと言う。それは意識せずも、ロボットが生き物に似てしまうからだ。ロボット作りを続けてきた研究者の視点から、生き物とロボットのメカニズムを比較、さらに、生き物を超えるロボット機構学の今後について考察する。 (ブルーバックス)


アトムの足音 これぞ世界に誇る科学の力

中野栄二:監修

ロボティクス(知能機能学)のほとんどの分野をカバーしている。少し古い本だが、一読するとロボットとは何か、ロボティクスが何をめざしているのかがわかる。夢物語としてのロボットを実際にどのように実現するのか、方法論は様々だが、研究者の奮闘を感じられるだろう。 (数研出版)


本コーナーは、中高生と、大学での学問・研究活動との間の橋渡しになれるよう、経済産業省の大学・産学連携、および内閣府/総合科学技術・イノベーション会議の調査事業の一環として、企画・制作・運営されています。
各先生の所属など、掲載されている大学(学部・学科ほか)の名称は、2020年1月段階の調べによります。実際の進路選択等に際しては、各大学のHP等で改めてご確認ください。

みらいぶっくへ ようこそ ふとした本との出会いやあなたの関心から学問・大学をみつけるサイトです。
TOPページへ