生物有機化学

生体内に存在する有機化合物で生理活性の著しいものを探し、医薬品などへの応用を目指す。天然物化学ともいう

植物ホルモン   ケミカルバイオロジー   有機合成   ホルモン

学べる大学は?

研究をリードする大学

大学詳細

東京大学

農学部 応用生命科学課程 生命化学・工学専修
【 主な研究者 】
中嶋正敏 浅見忠男

京都大学

農学部 応用生命科学科
【 主な研究者 】
森直樹 三芳秀人
農学部 食品生物科学科
【 主な研究者 】
入江一浩

東北大学

農学部 応用生物化学科 生物化学コース
【 主な研究者 】
桑原重文
農学部 応用生物化学科 生命化学コース
【 主な研究者 】
山下まり

名古屋大学

農学部 応用生命科学科
【 主な研究者 】
小鹿一 西川俊夫 中崎敦夫
情報学部 自然情報学科
【 主な研究者 】
吉田久美

東京農工大学

農学部 応用生物科学科
【 主な研究者 】
夏目雅裕 北野克和 川出洋 千葉一裕

神戸大学

農学部 生命機能科学科 応用生命化学コース
【 主な研究者 】
杉本幸裕 水谷正治 久世雅樹

静岡大学

農学部 応用生命科学科
【 主な研究者 】
河岸洋和 轟泰司

鳥取大学

農学部 生命環境農学科 農芸化学コース
【 主な研究者 】
河野強 石原亨

北海道大学

農学部 応用生命科学科
【 主な研究者 】
橋床泰之
農学部 生物機能化学科
【 主な研究者 】
松浦英幸

筑波大学

生命環境学群 生物資源学類 応用生命化学コース
【 主な研究者 】
繁森英幸 山田小須弥
生命環境学群 生物学類
【 主な研究者 】
臼井健郎

新潟大学

農学部 農学科 応用生命科学プログラム
【 主な研究者 】
佐藤努

富山県立大学

工学部 生物工学科
【 主な研究者 】
五十嵐康弘

大阪府立大学

生命環境科学域 応用生命科学類 生命機能化学課程
【 主な研究者 】
秋山康紀

その他の優れた大学

大学詳細

弘前大学

農学生命科学部 分子生命科学科 応用生命コース

【生物有機化学】 天然物の生理活性について研究している。

山形大学

農学部 食料生命環境学科 バイオサイエンスコース

【生物有機化学】 天然物の生理活性について研究している。

茨城大学

農学部 食生命科学科

【イネの病原菌に対する防御機構の解明】 イネは病原菌の感染を受けると様々な抗菌性物質を作り出す。抗菌性物質の化学構造の解明、病原菌による抗菌性物質の代謝など、植物と病原菌との攻防を深く研究している。

信州大学

農学部 農学生命科学科 生命機能科学コース

【生物有機化学】 天然物合成について精力的に研究している。

岡山大学

農学部 総合農業科学科 農芸化学コース

【天然物有機化学】 天然物合成について精力的に研究している。

高知大学

農林海洋科学部 農芸化学科

【昆虫化学生態学】 昆虫の寄主選択に関与する植物の制御化学因子を研究。

秋田県立大学

生物資源科学部 生物生産科学科

【昆虫化学生態学】 昆虫の寄主認識や防御機構などの化学基盤解析を行い、植物自己防御機構の活性化メカニズムを明らかにする。

近畿大学

農学部 応用生命化学科

【除虫菊に含まれる天然殺虫剤ピレトリンの生合成の解明】 天然の殺虫成分の合成過程について、遺伝子や酵素のレベルで解明する研究を行っている。また、このような化合物がどのように生物に影響するのか、作用のメカニズムについても学ぶことができる。


海外で学ぶなら

大学詳細

University of California, San Diego/カリフォルニア大学サンディエゴ校(米)

Division of Biological Science

【Metabolomics of inducible plant secondary metabolites】 最先端の技術を用いて、植物の病原菌の感染や昆虫の食害に対する応答を研究している。

University of Michigan/ミシガン大学(米)

Dept. Molecular, Cellular and Developmental Biology

【Floral scent formation】 花、植物香気成分生合成遺伝子、酵素の解明研究の第一人者。

University of Pennsylvania/ペンシルベニア大学(米)

化学科

【有機合成・ケミカルバイオロジー】 教育がしっかりしている。研究の質が高い。

Universität Potsdam/ポツダム大学(独)

Institute of Nutritional Science Lebensmittelchemie

【Food Science、Omics analysis】 植物香気成分の代謝生合成制御をオミクス手法も取り入れて研究を展開している若手研究者が在籍。

主な研究者

研究者詳細
今野博行
山形大学
工学部 化学・バイオ工学科 バイオ化学工学コース/理工学研究科 バイオ化学工学専攻

【生物有機化学、ケミカルバイオロジー、天然物化学、医薬品化学】アルツハイマー病治療薬の開発を進める。アルツハイマー病の原因物質ベータアミロイドを産生するタンパク質分解酵素の働きに注目。この酵素をターゲットにした阻害剤を創薬する研究に取り組む。さらにHIV感染に影響する膜タンパク質に対する薬剤開発も。

滝川浩郷
東京大学
農学部 応用生命科学課程 生命化学・工学専修/農学生命科学研究科 応用生命化学専攻

【有機合成化学、天然物化学】インドセンダンの木の種子に微量含まれている、アザジラクチンという昆虫の摂食・成長を阻害する物質の合成研究。現在は200種類以上の昆虫に効果があることが知られており、合成化合物にとってかわる天然殺虫剤として期待される。

水谷正治
神戸大学
農学部 生命機能科学科 応用生命化学コース/農学研究科 生命機能科学専攻
石原亨
鳥取大学
農学部 生命環境農学科 農芸化学コース/持続性社会創生科学研究科 農学専攻/菌類きのこ遺伝資源研究センター

【植物化学】動けない植物が、外敵に対して自身防御するためにどんな物質をどのように合成し、利用しているのかを研究。例えば植物も病原菌に感染し病気になる。それを防ぐ手段として、抗菌性物質を蓄積し備える。そのしくみの解明を目指す。

橋本勝
弘前大学
農学生命科学部 分子生命科学科 応用生命コース/農学生命科学研究科 農学生命科学専攻
上田実
東北大学
理学部 化学科/理学研究科 化学専攻

【植物就眠運動のケミカルバイオロジー】植物の運動に着目し、精緻な生物検定法を駆使してその分子機構を明らかにするだけでなく、分子イメージング、相互作用する高分子も解明するなど極めて優れた研究業績を有する。

桑原重文
東北大学
農学部 応用生物化学科 生物化学コース/農学研究科 生物産業創成科学専攻
真壁秀文
信州大学
農学部 農学生命科学科 生命機能科学コース/総合理工学研究科 農学専攻
大西利幸
静岡大学
農学部 応用生命科学科/総合科学技術研究科 農学専攻

【香気成分の生合成にかかわる酸化酵素の機能解析】環境ストレスに曝された植物が放散する「香り」の受容機構を分子レベルで解明する研究で、茶やイモなどから目的酵素をクローニングし糖転移酵素を見出した。有機化学と機器分析化学に加え、世界でもトップクラスの酵素発現、酵素機能の解析を精緻に推進、展開している。

森直樹
京都大学
農学部 応用生命科学科/農学研究科 応用生命科学専攻

【植物と昆虫の相互作用に関わる化学生態学】植物と昆虫の関係を生物有機化学的に明らかにする。昆虫が植物をかじるときに分泌して、植物の防御を活性化する物質についての研究はユニーク。また、植物の品種の違いなどによる防御応答の違い注目している点も新しい。

村上一馬
京都大学
農学部 食品生物科学科/農学研究科 食品生物科学専攻
村中俊哉
大阪大学
工学部 応用自然科学科 応用生物工学科目/工学研究科 生物工学専攻

【植物代謝工学】

清田洋正
岡山大学
農学部 総合農業科学科 農芸化学コース/環境生命科学研究科 生物資源科学専攻
野村泰治
富山県立大学
工学部 生物工学科/工学研究科 生物工学専攻

【植物二次代謝の役割と生合成の解明】チューリップや竹などユニークな植物を材料に生体防御に関連した代謝産物の生合成を分子生物学的手法を用いて解明している。

甲斐建次
大阪府立大学
生命環境科学域 応用生命科学類 生命機能化学課程/生命環境科学研究科 応用生命科学専攻

【微生物クオラムセンシング制御】自分と同種の菌の生息密度を感知して、それに応じて物質の産生をコントロールする機構を意味する「クオラムセンシング」制御を研究。有機化学、分析化学、分子生物学を駆使して微生物間相互作用を解明しようとしている。若手研究者のホープ。

宮川恒
京都大学
農学部 応用生命科学科/農学研究科 応用生命科学専攻

【植物と昆虫の相互作用に関わる化学生態学】植物の病原菌に対する防御のしくみを生物有機化学的に明らかにしようとしている。

興味がわいたら

身近な野生植物のページ/生薬・薬用植物のページ

身近な野生植物を広く紹介するサイト。700種以上の野生植物を写真と解説で掲載している。また、電子薬用植物図鑑としての役割も担っており、植物由来の生薬についても仔細に分かりやすく分類と記述がされている。 (木下武司)


ふしぎの植物学 身近な緑の知恵と仕事

田中修

植物にまつわる様々な現象の不思議を、わかりやすく紹介している名著である。基本的な芽吹きから成長の部分はもちろん、植物とストレス、虫や病原菌、季節をどうやって知るか、どのように生殖するかなど、知っているようで知らない、植物たちの生きる知恵を確認できる。 (中公新書)


植物の知恵 化学と生物学からのアプローチ

山村庄亮、長谷川宏司:編

動物とは異なり、移動手段を持たない植物が、環境の変化に巧みに対応しながら生命の維持をはかる。その知恵について、生物と化学の切り口から、多くの例を挙げながら複数の科学者が紹介している。紹介者も一節分担執筆している。 (大学教育出版)


チョコレートを滅ぼしたカビ・キノコの話 植物病理学入門

ニコラス・マネー

植物はさまざま病気に感染する。植物と病原菌との攻防、そして人類がどのようにそれに対応しようとしてきたのかが、手に取るように分かる本。植物病原菌をコントロールすることが、人類が農業を続けていく上でどれほど重要かつ難しい問題なのかを知ることができる。 (小川真:訳/築地書館)


本コーナーは、中高生と、大学での学問・研究活動との間の橋渡しになれるよう、経済産業省の大学・産学連携、および内閣府/総合科学技術・イノベーション会議の調査事業の一環として、企画・制作・運営されています。
各先生の所属など、掲載されている大学(学部・学科ほか)の名称は、2020年1月段階の調べによります。実際の進路選択等に際しては、各大学のHP等で改めてご確認ください。

みらいぶっくへ ようこそ ふとした本との出会いやあなたの関心から学問・大学をみつけるサイトです。
TOPページへ