生物分子化学

生物を形作る分子と人工の化学物質の間で働く反応を調べることで、新しい生理活性物質を見つけ出し、生命現象の新たな謎を解き明かす~天然物を探す有機化学

有機化合物   天然物化学   生体分子   ケミカルバイオロジー   ペプチド

学べる大学は?

研究をリードする大学

大学詳細

北海道大学

理学部 化学科
【 主な研究者 】
坂口和靖 及川英秋
理学部 生物科学科 高分子機能学
【 主な研究者 】
門出健次
工学部 応用理工系学科 応用化学コース
【 主な研究者 】
大利徹

東京大学

理学部 化学科
【 主な研究者 】
佐竹真幸 菅裕明
理学部 生物学科
【 主な研究者 】
吉田学
工学部 化学生命工学科
【 主な研究者 】
鈴木勉
農学部 応用生命科学課程 生命化学・工学専修
【 主な研究者 】
中嶋正敏
薬学部
【 主な研究者 】
阿部郁朗

大阪大学

理学部 化学科 化学専攻Bコース
【 主な研究者 】
村田道雄
基礎工学部 化学応用科学科 合成化学コース
【 主な研究者 】
岩井成憲
薬学部
【 主な研究者 】
井上豪

東北大学

農学部 応用生物化学科 生命化学コース
【 主な研究者 】
此木敬一 佐々木誠
薬学部
【 主な研究者 】
土井隆行 菊地晴久
理学部 化学科
【 主な研究者 】
上田実

京都大学

農学部 応用生命科学科
【 主な研究者 】
宮川恒 森直樹
理学部 理学科 化学系
【 主な研究者 】
板東俊和
薬学部
【 主な研究者 】
二木史朗

慶應義塾大学

理工学部 化学科
【 主な研究者 】
末永聖武 藤本ゆかり
理工学部 生命情報学科
【 主な研究者 】
佐藤智典
理工学部 応用化学科
【 主な研究者 】
戸嶋一敦

東京工業大学

生命理工学院 生命理工学系
【 主な研究者 】
上野隆史 増田真二
理学院 化学系
【 主な研究者 】
工藤史貴
物質理工学院 応用化学系
【 主な研究者 】
田中浩士

筑波大学

理工学群 化学類
【 主な研究者 】
木越英夫

その他の優れた大学

大学詳細

静岡大学

農学部 応用生命科学科

名古屋大学

農学部 応用生命科学科

【天然物化学】 天然物探索や天然物の有機合成研究。

琉球大学

理学部 海洋自然科学科 化学系

早稲田大学

先進理工学部 化学・生命化学科

【ケミカルバイオロジー】

神奈川大学

理学部 化学科

【天然医薬リード探索】

主な研究者

研究者詳細
石橋正己
千葉大学
薬学研究院

【生物活性天然物の探索、医薬品の種や科学研究のための試薬】植物や微生物が作る化学物質(天然物)から、有用な物質を探索。独自の天然物抽出エキスライブラリーを保有しており、これに加えて、多様性志向型合成によるケミカルライブラリーの構築に関する研究も行っている。

倉本誠
愛媛大学
理学部 理学科 化学コース/理工学研究科 環境機能科学専攻/学術支援センター

【天然物有機化学、海洋天然物化学】誰も見たことない構造(形)を持つ天然の有機化合物を発見することを第1の目標に、研究を進めている。新物質の発見は、生命現象の解明、有機合成の発展につながる。

上田実
東北大学
理学部 化学科/理学研究科 化学専攻

【天然物化学】生物が生産するユニークな天然有機化合物から有用な生物活性物質を取り出し、化学による生物制御、生物現象の化学的解明を行っている。

木越英夫
筑波大学
理工学群 化学類/数理物質科学研究科 化学専攻
松永茂樹
東京大学
農学部 応用生命科学課程 水圏生物科学専修/農学生命科学研究科 水圏生物科学専攻
河岸洋和
静岡大学
農学部 応用生命科学科/総合科学技術研究科 農学専攻
北将樹
名古屋大学
農学部 応用生命科学科/生命農学研究科 応用生命科学専攻
掛谷秀昭
京都大学
薬学部/薬学研究科 医薬創成情報科学専攻

【天然物化学】生物活性天然物の探索、作用メカニズム研究

上杉志成
京都大学
医学研究科 医科学専攻/化学研究所

【ケミカルバイオロジー】天然物の標的分子の解析

照屋俊明
琉球大学
教育学部 学校教育教員養成課程 理科教育専修/教育学研究科 教科教育専攻
末永聖武
慶應義塾大学
理工学部 化学科/理工学研究科 基礎理工学専攻
中尾洋一
早稲田大学
先進理工学部 化学・生命化学科/先進理工学研究科 化学・生命化学専攻

興味がわいたら

天然物化学への招待 資源天然物の有効利用を目指して

林七雄、内尾康人、岡野正義、貫名学、平田敏文、深宮斉彦、本田計一、松尾昭彦

天然の動植物について広く記述しており、入門書として読みやすく記載されている。薬用植物、食品、生物毒、ホルモン、フェロモン、微生物、海洋生物など、身近で興味を引く内容で構成されている。化学構造や機能については少し難しい内容も含むものの、他の本と併せて調べながら輪読をするとよいだろう。この本以外にも、「化学のとびらシリーズ」(東京化学同人)は非常に読みやすく、中公新書、丸善ライブラリーにも薬や自然界の毒などを対象とした良書が多くあるので見てみて欲しい。 (三共出版)


自然のなかに薬をさがす 千葉発の天然物研究小話

石橋正己

自然の中にくすりを探す研究の紹介。特に、千葉県産の材料としてウミウシ、海藻、土由来の微生物などを用いた研究の紹介をしている。「千葉学ブックレット 県土と県民の豊かな未来に向けて」というシリーズの中で書かれたもの。 (千葉日報社)


大村智物語 ノーベル賞への歩み

馬場錬成

ノーベル賞受賞者である大村先生の波乱万丈な半生を描いた書籍。エリートとは一線を画したそのユニークな生きざまに魅了されるだけでなく、研究内容についても紹介されており、天然物研究が多くの人を救っていることが理解できるだろう。 (中央公論新社)


世界を変えた薬

佐藤健太郎

著者や医薬品メーカーや大学研究職などを経たサイエンスライター。薬も毒も多くは化学物質であるが、その化学物質と人類との関わりを、世界史の中で面白く解説している。医薬品の持つ力をあらためて考えさせられる一冊。 (現代新書)


本コーナーは、中高生と、大学での学問・研究活動との間の橋渡しになれるよう、経済産業省の大学・産学連携、および内閣府/総合科学技術・イノベーション会議の調査事業の一環として、企画・制作・運営されています。
各先生の所属など、掲載されている大学(学部・学科ほか)の名称は、2020年1月段階の調べによります。実際の進路選択等に際しては、各大学のHP等で改めてご確認ください。

みらいぶっくへ ようこそ ふとした本との出会いやあなたの関心から学問・大学をみつけるサイトです。
TOPページへ