哲学・思想

アルキヘンロズカン

しまたけひと

お遍路とは、四国にある弘法大師(空海)に縁のある、88箇所のお寺を回る巡礼のことです。その道のりは約1200キロありますが、それを歩いて巡礼する人たちがいます。この漫画は、そんな歩いてお遍路をする人たちを描いた作品です。

巡礼というと堅苦しそうに聞こえるかも知れませんが、“アニメ聖地巡礼”という言葉を聞いたことがある人は多いかもしれません。お遍路は仏教に基づく巡礼ですが、最近では宗教的な気持ちを持たないで回る人も増えており、旅の1つの形ともいえるでしょう。高齢の人から若い人まで、また、日本人だけでなく海外からわざわざ歩きに来る人も多くいます。なぜ、1200キロもの道のりを歩くのでしょうか。

この作品では、作者が実際に歩いた経験を元に、様々なお遍路さんの姿が描かれています。しかし、単にお遍路さんの姿を紹介するだけではありません。多くの人と出会う中で、自分の道を生きるとは何なのかも問いかけてくれる作品になっています。 (双葉社)

同じ分野のおススメ本

みらいぶっくへ ようこそ ふとした本との出会いやあなたの関心から学問・大学をみつけるサイトです。
TOPページへ