考えるとはどういうことか 0歳から100歳までの哲学入門

梶谷真司

この本は「考える」ことの重要性に気付かせてくれる本です。私たちは日常の中で、自分で考えることをしていません。私たちは答えのある問題を解く練習ばかりしていて、答えのない問いを突きつけられたら、パニックになります。これからの長い人生、答えのない問いにぶつかることが多いと思います。そのような際に考える力を持つことが必要になります。この本は考えるヒントをくれます! (幻冬舎新書)

同じ分野のおススメ本

こちらもおススメ



みらいぶっくへ ようこそ ふとした本との出会いやあなたの関心から学問・大学をみつけるサイトです。
TOPページへ