哲学・思想

善の研究

西田幾多郎

完全に理解するのは難しいのですが、何かを思考し行動するとき、その思考が生まれる前の閃き(思惟)の発見について記されています。その思惟を磨くためには、若い頃の経験や体験、学びが大切であり、こうした感覚を若い頃から持っていただければと思います。

勉強や仕事で成績が芳しくなくスランプに陥った時に、ふとこの本の内容を思い浮かべると、学ぶこと自体の重要性を再認識し、コツコツやろうと気が落ち着きます。 (岩波文庫)

みらいぶっくへ ようこそ ふとした本との出会いやあなたの関心から学問・大学をみつけるサイトです。
TOPページへ