哲学・思想

ひとりでは生きられないのも芸のうち

内田樹

著者は哲学研究者にして、人気コラムニスト、思想家、倫理学者、翻訳家、合気道家。専門はフランス現代思想だが、取り上げるテーマは政治、宗教から映画論、武道論まで幅広い。非婚・少子化・大不況の厳しい今の時代に「ひとりでは生きられないのも芸のうち」と人のために生きることを説く。人間はひとりでは生きられないとは、当たり前のことだが、意味は深い。 (文春文庫)

同じ分野のおススメ本

みらいぶっくへ ようこそ ふとした本との出会いやあなたの関心から学問・大学をみつけるサイトです。
TOPページへ