哲学・思想

ソクラテスの弁明・クリトン

プラトン

「ソクラテスの弁明」は、民衆裁判にかけられたソクラテスの弁明を通して、「無知の知」や「正義」など哲学的なテーマについてのソクラテスの信念が語られ、哲学的な思考とはどのようなものかが提示される。「クリトン」では、ソクラテスの死刑が確定したその朝にかわされた友人クリトンとの対話に、思索の緊張を読み取ってほしい。 (久保勉:訳/岩波文庫)

同じ分野のおススメ本

こちらもおススメ




みらいぶっくへ ようこそ ふとした本との出会いやあなたの関心から学問・大学をみつけるサイトです。
TOPページへ