文学・芸術

仮面の告白

三島由紀夫

三島文学の入り口にして、最高峰とも言われる自伝的小説である。社会規範に欲望を抑えつけられて葛藤する<私>の姿からは、近代的理性を持つ人間がどうあるべきかを考えさせられる。 (新潮文庫)

同じ分野のおススメ本

こちらもおススメ







みらいぶっくへ ようこそ ふとした本との出会いやあなたの関心から学問・大学をみつけるサイトです。
TOPページへ