質問する、問い返す 主体的に学ぶということ

名古谷隆彦

人工知能社会の到来が近い現在、人間の主体性や自律性を回復させ、人間の強さ・弱さを理解できる教育が改めて求められている。日本の道徳教育や哲学教育の実例が紹介されている。取組みの事例からは、教師が生徒に教えるだけの「一方通行」の学び方ではなく、生徒が自分で問いを見つけて考えて学ぶ姿勢を引き出すために、何が必要なのかがわかる。静岡大学教育学部藤井基貴先生の研究室の取り組みも紹介されている。 (岩波ジュニア新書)

同じ分野のおススメ本

こちらもおススメ






みらいぶっくへ ようこそ ふとした本との出会いやあなたの関心から学問・大学をみつけるサイトです。
TOPページへ