文学・芸術

罪と罰

ドストエフスキー

「天才の理想を実現するためには、凡人は殺してもいい」。自らの考える正義の論理にしたがって、高利貸の老婆を殺した貧乏な大学生・ラスコーリニコフ。飲んだくれの愚かな父のために娼婦になっても、神への愛を捨てず自己犠牲の精神に生きる少女・ソーニャ。この二人を物語の軸として、彼らの周りの人々の人間模様や哀しい生きざまもふんだんに盛り込んだ、不朽の文学作品。ラスコーリニコフは、犯した罪をどのようにあがなうのか。人が罪を犯す心理や人間の尊厳について考えてみて欲しい。 (訳:亀山郁夫/光文社古典新訳文庫)

同じ分野のおススメ本

こちらもおススメ







みらいぶっくへ ようこそ ふとした本との出会いやあなたの関心から学問・大学をみつけるサイトです。
TOPページへ