文学・芸術

阿房列車

内田百閒

「なんにも用事がないけれど、汽車に乗って大阪へ行って来ようと思う」。元祖・乗り鉄とも言える著者による、鉄道紀行文の最高傑作です。ことあるごとに繰り広げられる無茶苦茶だけれど、ある種、理屈が通っている百閒先生の主張に抱腹絶倒しつつ、何かと世知辛い今の世の中、心の豊かさ、余裕とはかくなることか、と気づかされます。

「なんだか何もかもつまんない」と思っている人、ぜひ百閒の随筆(『内田百閒全集』ちくま文庫など)をひもといてください。 (新潮文庫)

みらいぶっくへ ようこそ ふとした本との出会いやあなたの関心から学問・大学をみつけるサイトです。
TOPページへ