文学・芸術

問題な日本語 どこがおかしい?何がおかしい?

北原保雄:編

「お名前をいただけますか」「患者様」「本が売っている」などなど、日常の中で「ちょっと変?」と思う日本語を取り上げて解説。単に面白いだけでなく、私たちがふだん意識していない日本語に目を向けさせてくれる、言語学の入門書の代わりとなり得る本。シリーズ化されており、「続弾!」と「その3」もあるので、面白そうだと思った巻から読んでみるといい。日本語をはじめとする「ことば」そのものに、より関心を持てることだろう。 (大修館書店)

同じ分野のおススメ本

こちらもおススメ


みらいぶっくへ ようこそ ふとした本との出会いやあなたの関心から学問・大学をみつけるサイトです。
TOPページへ