チリの地震 クライスト短編集

ハインリヒ・フォン・クライスト

「チリの地震」は災害文学の古典です。1755年に起こったリスボンの大地震が成立の背景にあります。未曽有の災害は、神への信仰の問題を引き起こしました。鴎外の翻訳が、日本で最初のものです。 (訳:種村季弘/河出文庫)

同じ分野のおススメ本

みらいぶっくへ ようこそ ふとした本との出会いやあなたの関心から学問・大学をみつけるサイトです。
TOPページへ