文学・芸術

朗読者

ベルンハルト・シュリンク

一見するとドイツの恋愛小説とも言える作品だが、そこに流れる主題に着目してほしい。第二次大戦下のナチス・ドイツに加担した「普通の人々」の罪をどのように捉え、裁くのか。「過去に対する責任」を問う。 (松永美穂:訳/新潮文庫)

同じ分野のおススメ本

こちらもおススメ




みらいぶっくへ ようこそ ふとした本との出会いやあなたの関心から学問・大学をみつけるサイトです。
TOPページへ