文学・芸術

キャッチャー・イン・ザ・ライ

J.D.サリンジャー

20世紀アメリカ文学の古典ともいえる名作。主人公ホールデンが語る思春期の少年が抱える様々な悩みや、言葉にならない不安が伝えられます。日本が世界に誇る作家村上春樹氏による翻訳が、今では定番。現代的な日本語に乗せて、1950年代のアメリカがよみがえります。 (訳:村上春樹/白水社)

同じ分野のおススメ本

こちらもおススメ




みらいぶっくへ ようこそ ふとした本との出会いやあなたの関心から学問・大学をみつけるサイトです。
TOPページへ