もしも、詩があったら

アーサー・ビナード 

「もしも」をキーワードにして詩にアプローチし、英詩だけではなく日本語の詩も身近に感じられる本です。詩人たちが織りなしてきた作品は、「もしも」に基づいた現実の世界の反転ですが、その世界は私たちが当たり前として受け取っているものの見方を一変させてくれる素晴らしい効用があることを教えてくれます。 (光文社新書)

同じ分野のおススメ本

こちらもおススメ


みらいぶっくへ ようこそ ふとした本との出会いやあなたの関心から学問・大学をみつけるサイトです。
TOPページへ