植物保護科学

微生物、昆虫、雑草がどのように作物に害を与えるかを調べ、植物の病気の治療法を開発する

植物に悪影響を与える昆虫、鳥獣、寄生虫、寄生植物   植物の生理障害   農薬、除草剤   外来生物   遺伝子組み換えによる病虫害や農薬・除草剤に強い作物の作成

学べる大学は?

研究をリードする大学

大学詳細

京都大学

農学部 資源生物科学科
【 主な研究者 】
刑部正博 冨永達
農学部 応用生命科学科
【 主な研究者 】
中川好秋

神戸大学

農学部 生命機能科学科 環境生物学コース
【 主な研究者 】
土佐幸雄 杉浦真治 中屋敷均 前藤薫

岡山大学

農学部 総合農業科学科 応用植物科学コース
【 主な研究者 】
一瀬勇規 能年義輝
工学部 化学生命系学科
【 主な研究者 】
世良貴史

東京農工大学

農学部 応用生物科学科
【 主な研究者 】
有江力 佐藤令一 仲井まどか
農学部 生物生産学科
【 主な研究者 】
藤井義晴

名古屋大学

農学部 資源生物科学科
【 主な研究者 】
吉岡博文 竹本大吾 柘植尚志

北海道大学

農学部 生物資源科学科
【 主な研究者 】
増田税

東北大学

農学部 生物生産科学科 植物生命科学コース
【 主な研究者 】
高橋英樹

千葉大学

園芸学部 園芸学科 生物生産環境学プログラム
【 主な研究者 】
野村昌史 中牟田潔

高知大学

農林海洋科学部 農林資源環境科学科 自然環境学領域
【 主な研究者 】
荒川良
農林海洋科学部 農芸化学科
【 主な研究者 】
曵地康史

その他の優れた大学

大学詳細

信州大学

農学部 農学生命科学科 植物資源科学コース

【生産環境管理学】 渡邉修准教授が、衛星画像やドローン映像を活用して雑草生態学研究を行っている。

静岡大学

農学部 生物資源科学科 /地域フィールド科学教育研究センター

稲垣栄洋教授、山下雅幸教授が、フィールドベースの雑草生態学を教育研究している。

福井県立大学

生物資源学部 生物資源学科

化学と生物学が融合した高い研究レベルと少人数教育が特色。植物環境学分野は、雑草学を教育研究する国公立大学法人研究室の一つで優れた研究アクティビティー。雑草はモデル植物からは見出し得ないユニークで大事な生態現象の宝庫。そのような生態現象を、生理・遺伝子のレベルで解き明かしている。地域の絶滅危惧雑草の保全活動も行っている。

人間環境大学

人間環境学部 環境科学科

藤井伸二准教授が、水田生態系の植物である雑草の保全生物学を教育研究している。

近畿大学

農学部 バイオサイエンス学科

植物免疫の分子機構を解明

主な研究者

研究者詳細

荒川良

高知大学
農林海洋科学部 農林資源環境科学科 自然環境学領域/総合人間自然科学研究科 農学専攻

石川敦司

福井県立大学
生物資源学部 生物資源学科 分子生物学研究領域/生物資源学研究科 生物資源学専攻

吉岡俊人

福井県立大学
生物資源学部 生物資源学科 植物資源学研究領域/生物資源学研究科 生物資源学専攻

渡邉修

信州大学
農学部 農学生命科学科 植物資源科学コース/総合理工学研究科 農学専攻
【雑草生態学】 衛星やドローンを活用した画像解析

稲垣栄洋

静岡大学
農学部 生物資源科学科 植物バイオサイエンスコース/総合科学技術研究科 農学専攻/地域フィールド教育研究センター 
【雑草生態学】 昆虫と雑草の相互関係解析、農業現場での総合的有害生物管理

山下雅幸

静岡大学
農学部 生物資源科学科 地域生態環境科学コース/総合科学技術研究科 農学専攻/地域フィールド教育研究センター 
【雑草生態学】 除草剤抵抗性雑草の生態解析

高野義孝

京都大学
農学部 資源生物科学科/農学研究科 応用生物科学専攻
【植物病原糸状菌の病原性機構の解明】

水口亜樹

福井県立大学
生物資源学部 生物資源学科 植物資源学領域植物環境学分野/生物資源学研究科 生物資源学専攻
【外来雑草の生態リスク、雑草の環境適応】 優れたフィールドワーク、研究ネットワーク

川崎努

近畿大学
農学部 バイオサイエンス学科/農学研究科 バイオサイエンス専攻
【植物免疫反応の分子機構の解明】

冨永達

京都大学
農学部 資源生物科学科/農学研究科 農学専攻
【雑草生態学】 雑草学研究室を主宰、前雑草学会長

興味がわいたら

チョコレートを滅ぼしたカビ・キノコの話 植物病理学入門

ニコラス・マネー

表題のチョコレートとは原料のカカオのことだ。カカオ栽培が、カビ・キノコの病害で激減したことを指している。この本は、ほかにも歴史上破滅的な被害をもたらした菌類による植物の病気について記載している。植物病理学について歴史を通して触れることができる。この本を読むと、植物の病気について研究し、その病気に対する防除法を開発する「植物保護科学」の重要性が理解できる。 (小川真:訳/築地書館)


「ただの虫」を無視しない農業 生物多様性管理

桐谷圭治

著者は、総合的生物多様性管理(IBM)を提唱している。IBMとは里山特有の生物多様性を維持、保全しながら、害虫管理と生物多様性の両立を目指す理論のこと。その方法についてわかりやすく解説している。害虫を皆殺しするのではなく、害虫や天敵とも、その他の農地に住む生物とも共存する農業をめざすこの本は、これからの農業害虫防除の考え方を提唱したもの。植物保護学の応用昆虫学分野に関わる研究者だけでなく、農業従事者にとっても、消費者にとっても考えてもらいたい内容である。植物保護科学という学問領域のど真ん中ストライクの内容だ。 (築地書館)


雑草のくらし あき地の五年間

甲斐信枝

植物の二次遷移の初期過程を描いた絵本。遷移とは、ある場所の植物群落が長年月の間に次第に別の群落に変わってゆき、それに適合した別の植物群が生育することをいう。植物が新しい湖沼などに初めて生物が移住し定着することから始まるものは一次遷移。これに対して、二次遷移とは、すでに存在している植物群落が、火事・洪水・人による破壊などによって消滅したあとに起こる遷移のこと。種子が残存したり、近隣から移入しやすいため、一次遷移よりも群落の変化は速いという。この二次繊維の変化が丹念に描かれている。 (福音館書店)


植物のパラサイトたち 植物病理学の挑戦

岸国平

パラサイトとは寄生生物ということだが、植物のパラサイトとは、植物にとりつき病気を引き起こしてしまう病原微生物のこと。主なものにカビ、ウイルス、細菌の三種類あり、植物を枯らせたり、果実などを絶滅させてしまう厄介な存在だ。このようなさまざまな植物の病気について記載されている。 (八坂書房)