教科教育学

小・中・高等学校の各教科を通じて教えられる内容や指導方法、その評価のしかた、教員の授業テクニックなどを調べ、教育実践力を高める

教材開発   表現力育成   協働学習   統計教育   プログラミング教育

学べる大学は?

研究をリードする大学

大学詳細

広島大学

教育学部 第一類(学校教育系) 初等教育教員養成コース
【 主な研究者 】
木村博一 中村和世 難波博孝 伊藤圭子 植田敦三
教育学部 第二類(科学文化教育系) 自然系コース
【 主な研究者 】
木下博義 磯崎哲夫 松浦拓也
教育学部 第二類(科学文化教育系) 数理系コース
【 主な研究者 】
影山和也 小山正孝
教育学部 第二類(科学文化教育系) 社会系コース
【 主な研究者 】
草原和博 棚橋健治
教育学部 第四類(生涯活動教育系) 造形芸術系コース
【 主な研究者 】
蜂谷昌之 三根和浪
教育学部 第四類(生涯活動教育系) 人間生活系コース
【 主な研究者 】
鈴木明子
教育学部 第四類(生涯活動教育系) 音楽文化系コース
【 主な研究者 】
三村真弓
教育学部 第三類(言語文化教育系) 国語文化系コース
【 主な研究者 】
山元隆春 間瀬茂夫

北海道教育大学

教育学部(旭川校) 教員養成課程 社会科教育専攻
【 主な研究者 】
千葉胤久 坂井誠亮
教育学部(旭川校) 教員養成課程 芸術・保健体育教育専攻 音楽分野
【 主な研究者 】
杉江光 石田久大
教育学部(旭川校) 教員養成課程 国語教育専攻
【 主な研究者 】
上田祐二
教育学部(旭川校) 教員養成課程 数学教育専攻
【 主な研究者 】
久保良宏
教育学部(旭川校) 教員養成課程 生活・技術教育専攻 家庭分野
【 主な研究者 】
小松恵美子
教育学部(札幌校) 教員養成課程 学校教育専攻 教育学分野
【 主な研究者 】
前田賢次
教育学部(札幌校) 教員養成課程 理数教育専攻 理科教育分野
【 主な研究者 】
柚木朋也
教育学部(札幌校) 教員養成課程 生活創造教育専攻 家庭科教育分野
【 主な研究者 】
佐々木貴子
教育学部(札幌校) 教員養成課程 芸術体育教育専攻 図画工作・美術教育分野
【 主な研究者 】
佐藤昌彦
教育学部(釧路校) 教員養成課程 学校カリキュラム開発専攻 国語分野
【 主な研究者 】
佐野比呂己
教育学部(釧路校) 教員養成課程 学校カリキュラム開発専攻 数学分野
【 主な研究者 】
早勢裕明
教育学部(釧路校) 教員養成課程 学校カリキュラム開発専攻 家庭・保健体育分野
【 主な研究者 】
鎌田浩子
教育学部(釧路校) 教員養成課程 学校カリキュラム開発専攻 美術・音楽分野
【 主な研究者 】
佐々木宰
教育学部(岩見沢校) 芸術・スポーツ文化学科 美術文化専攻
【 主な研究者 】
二上正司 新井義史
教育学部(岩見沢校) 芸術・スポーツ文化学科 音楽文化専攻
【 主な研究者 】
尾藤弥生

筑波大学

人間学群 教育学類
【 主な研究者 】
礒田正美 唐木清志 井田仁康 蒔苗直道 清水美憲
人文・文化学群 人文学類 言語学主専攻
【 主な研究者 】
矢澤真人
芸術専門学群 芸術学専攻 芸術支援コース
【 主な研究者 】
直江俊雄

信州大学

教育学部 学校教育教員養成課程 数学教育コース
【 主な研究者 】
茅野公穗 小松孝太郎 宮崎樹夫
教育学部 学校教育教員養成課程 音楽教育コース
【 主な研究者 】
中島卓郎 吉田治人 齊藤忠彦
教育学部 学校教育教員養成課程 国語教育コース
【 主な研究者 】
八木雄一郎 藤森裕治
教育学部 学校教育教員養成課程 現代教育コース
【 主な研究者 】
田中敏
教育学部 学校教育教員養成課程 理科教育コース
【 主な研究者 】
三崎隆
教育学部 学校教育教員養成課程 図画工作・美術教育コース
【 主な研究者 】
岡田匡史

東京学芸大学

教育学部 初等教育教員養成課程 美術選修/中等教育教員養成課程 美術専攻
【 主な研究者 】
山田一美 相田隆司
教育学部 初等教育教員養成課程 ものづくり技術選修/中等教育教員養成課程 技術専攻
【 主な研究者 】
坂口謙一 大谷忠
教育学部 初等教育教員養成課程 国語選修/中等教育教員養成課程 国語専攻
【 主な研究者 】
中村和弘
教育学部 初等教育教員養成課程 数学選修/中等教育教員養成課程 数学専攻
【 主な研究者 】
中村光一
教育学部 初等教育教員養成課程 家庭選修/中等教育教員養成課程 家庭専攻
【 主な研究者 】
池崎喜美恵
教育学部 初等教育教員養成課程 幼児教育選修
【 主な研究者 】
水崎誠
教育学部 初等教育教員養成課程 学校心理選修
【 主な研究者 】
梶井芳明

愛知教育大学

教育学部 初等教育教員養成課程 国語選修/中等教育教員養成課程 国語・書道専攻
【 主な研究者 】
丹藤博文 衣川彰人 有働裕
教育学部 初等教育教員養成課程 社会選修/中等教育教員養成課程 社会専攻
【 主な研究者 】
土屋武志 近藤裕幸 真島聖子
教育学部 初等教育教員養成課程 数学選修/中等教育教員養成課程 数学専攻
【 主な研究者 】
青山和裕 佐々木徹郎 山田篤史
教育学部 初等教育教員養成課程 理科選修/中等教育教員養成課程 理科専攻
【 主な研究者 】
平野俊英 大鹿聖公
教育学部 初等教育教員養成課程 音楽選修/中等教育教員養成課程 音楽専攻
【 主な研究者 】
新山王政和
教育学部 初等教育教員養成課程 保健体育選修/中等教育教員養成課程 保健体育専攻
【 主な研究者 】
森勇示

三重大学

教育学部 学校教育教員養成課程 技術・ものづくり教育コース
【 主な研究者 】
松本金矢 松岡守 中西康雅
教育学部 学校教育教員養成課程 国語教育コース
【 主な研究者 】
守田庸一 余健
教育学部 学校教育教員養成課程 美術教育コース
【 主な研究者 】
山田康彦 上山浩
教育学部 学校教育教員養成課程 学校教育コース
【 主な研究者 】
森脇健夫
教育学部 学校教育教員養成課程 社会科教育コース
【 主な研究者 】
永田成文
教育学部 学校教育教員養成課程 理科教育コース
【 主な研究者 】
後藤太一郎

静岡大学

教育学部 学校教育教員養成課程 教科教育学専攻 数学教育専修
【 主な研究者 】
松元新一郎 熊倉啓之
教育学部 学校教育教員養成課程 発達教育学専攻 教育心理学専修
【 主な研究者 】
村越真
教育学部 学校教育教員養成課程 発達教育学専攻 幼児教育専修
【 主な研究者 】
田宮縁
教育学部 学校教育教員養成課程 教科教育学専攻 社会科教育専修
【 主な研究者 】
磯山恭子
教育学部 学校教育教員養成課程 教科教育学専攻 美術教育専修
【 主な研究者 】
高橋智子
教育学部 学校教育教員養成課程 教科教育学専攻 家庭科教育専修
【 主な研究者 】
小清水貴子
教育学部 学校教育教員養成課程 養護教育専攻
【 主な研究者 】
鎌塚優子
工学部 電子物質科学科 材料エネルギー化学コース
【 主な研究者 】
東直人
情報学部 情報科学科
【 主な研究者 】
太田剛

大阪教育大学

教育学部 学校教育教員養成課程 小中教育専攻・中等教育専攻 国語教育コース
【 主な研究者 】
松山雅子 住田勝
教育学部 学校教育教員養成課程 小中教育専攻・中等教育専攻 社会科教育コース
【 主な研究者 】
峯明秀 飯島敏文
教育学部 学校教育教員養成課程 小中教育専攻・中等教育専攻 家政教育コース
【 主な研究者 】
鈴木真由子 大本久美子
教育学部 学校教育教員養成課程 中等教育専攻 技術教育コース
【 主な研究者 】
永冨一之
教育学部 学校教育教員養成課程 小中教育専攻・中等教育専攻 数学教育コース
【 主な研究者 】
柳本朋子
教育学部 初等教育教員養成課程 小学校教育専攻
【 主な研究者 】
裴光雄 松井祐
教育学部 教育協働学科 芸術表現専攻 美術表現コース
【 主な研究者 】
五明真 江藤亮

兵庫教育大学

学校教育学部 学校教育教員養成課程
【 主な研究者 】
溝邊和成 松本伸示 菅井三実 吉川芳則 加藤久恵

その他の優れた大学

大学詳細

上越教育大学

学校教育学部 初等教育教員養成課程 自然系コース

【数学教育学】 数学教育学の専門教員が他大学より多く、国際的に活躍されている方も多い。

主な研究者

研究者詳細

宮川健

上越教育大学
学校教育学部 初等教育教員養成課程 自然系コース/学校教育研究科 教科・領域教育専攻
【数学教育学】 中学・高校の生徒の数学学習の困難性に関して、数学の指導や学習をより客観的に捉え、そのメカニズムを明らかにする研究を行う。

森勇示

愛知教育大学
教育学部 初等教育教員養成課程 保健体育選修/教育学研究科 保健体育専攻
【保健体育】 クラスで「一番速い子」vs「一番遅い子」または「男子」vs「女子」で対決する陸上の授業など、体育科教育の分野で「常識破壊」を考え、体育の先生自身が自分の盲点に気づく研修プログラムを考案、開発する。それによって体育教師の省察フレームの転換を図ることを目指す。

青山和裕

愛知教育大学
教育学部 初等教育教員養成課程 数学選修/教育学研究科 数学教育専攻
【統計教育】 小、中、高校の算数・数学という教科の中で教えられる内容としての「統計」について研究。社会のあらゆる分野で統計の重要度が増す中で、そのような社会的ニーズの変化を受け、学校の中で統計をもっと効果的に学べるような内容の検討を行う。

清水美憲

筑波大学
人間学群 教育学類/教育研究科 教科教育専攻
【数学教育学】 数学科授業の国際比較研究、数学的思考の認知的研究、数学的リテラシー評価論で国際的に活躍。

日野圭子

宇都宮大学
教育学部 学校教育教員養成課程 数学分野/教育学研究科 教育実践高度化専攻
【数学教育学】 研究テーマは教師教育。国際的に活躍する

鈴木直樹

東京学芸大学
教育学部 初等教育教員養成課程 保健体育選修/教育学研究科 保健体育専攻
【カリキュラム開発】 米国体育の動向に詳しい。

布川和彦

上越教育大学
学校教育学部 初等教育教員養成課程 学校教育専修 学校臨床コース/学校教育研究科 学校教育専攻
【数学教育学】 問題解決力を研究テーマに国際的に活躍する。一流国際学術誌の編集委員を務める

大谷実

金沢大学
人間社会学域 学校教育学類 教科教育学コース/教職実践研究科 教育実践高度化専攻
【数学教育学】 学校数学の授業過程の研究をする。

宮崎樹夫

信州大学
教育学部 学校教育教員養成課程 数学教育コース/教育学研究科 学校教育専攻
【数学教育学】 中学校数学科における「証明」学習のカリキュラム、指導法、評価の開発。

小松孝太郎

信州大学
教育学部 学校教育教員養成課程 数学教育コース/教育学研究科 学校教育専攻
【数学教育学】 創造的、論理的に考える力を育成する「証明」を学校教育に根づかせる数学教育研究を行う。

真野祐輔

大阪教育大学
教育学部 学校教育教員養成課程 数学教育コース/教育学研究科 数学教育専攻
【数学教育学】 中等教育の数学教育研究として、論証指導カリキュラムの開発研究を行い、また小学校教師に必要な論証認識を高める教材開発等を行っている。

興味がわいたら

世界一わかりやすいフットサルの授業

ミゲル・ロドリゴ

フットサル元日本代表監督で、スペイン人のミゲルによる著書。驚くべきは、日本で売っているゴール型球技の本の中で唯一「守備」から書かれている点。通常はボール扱い(すなわち攻撃)からだが、ボールの扱い方(キックやトラップ)も説明されていない。ただ、シチュエーションごとの動きのみだ。教員が指導計画を考える際には、発想の転換も必要。随所に見られる指導者としての発想の転換は大いに参考になるだろう。また、あるシチュエーションごとに「いつ・どこで・何の目的で」使うかを含めた指導により、知識や技術は「覚える」ものではなく「活用する」ものになる。そんな指導観を持つ必要がある。 (カンゼン)


誰でもラクに美しく泳げる カンタン・スイミング

テリー・ラクリン

水泳の本だが示唆に富む。泳げるようになるためには「力を抜くこと」。「頑張らない」という発想で頑張れる。理論と実践の組み合わせで最大の効果が出るように設計されたメソッド。 (竹内慎司:訳/ダイヤモンド社)


教師が育つ条件

今津孝次郎

大学の教員養成課程などを経て、いきなり先生として現場に立つ先生。必要なのが、教員を育てる環境の整備だと筆者は言う。「現場でこそ、先生は育つ」と、現職研修の重要性を説く。また、教科指導の力だけではなく、生徒や保護者と信頼関係を築ける力など、教師の資質をわかりやすく述べている。 (岩波新書)


算数・数学科教育 教科教育学シリーズ 第3巻

橋本美保、田中智志:監

小学校算数の内容は高校生にとっては他愛のない簡単な内容だが、この本を読むことで、その他愛のない内容の背景にどういった要素が詰まっているのか垣間見ることができるだろう。「自分が解けるようになる」ということと「子どもたちに教えて解けるようにする」という目線の違いにより、同じ内容でもいかに見え方が違うのか感じてもらえると嬉しい。そして、それが「教育学」という分野についての理解にもつながるだろう。 (藤井斉亮:編著/一藝社)