外国語教育

外国語の習得を目的とした教育で、日本では主に英語教育のこと。学習支援システムやコミュニケーション教育を取り入れ、英語を流暢に使いこなせる日本人の増加をめざす

日本の外国語教育制度の課題   使える英語の習得   英語教授のカリキュラム論   eラーニング英語教育   教育機器、プログラムを用いた教育工学

学べる大学は?

研究をリードする大学

大学詳細

早稲田大学

教育学部 英語英文学科
【 主な研究者 】
村田久美子 秋田麻美子 原田哲男
教育学部 複合文化学科
【 主な研究者 】
村上公一
国際教養学部 国際教養学科
【 主な研究者 】
飯野公一 岡村三郎
法学部 外国語科目担当
【 主な研究者 】
原田康也
法学部 外国語科目・教養科目担当
【 主な研究者 】
星井牧子
政治経済学部 政治学科
【 主な研究者 】
ソジエ内田恵美
人間科学部 人間情報科学科
【 主な研究者 】
保崎則雄

大阪大学

外国語学部 外国語学科 ロシア語専攻
【 主な研究者 】
上原順一 林田理惠
外国語学部 外国語学科 フィリピン語専攻
【 主な研究者 】
大上正直
外国語学部 外国語学科 タイ語専攻
【 主な研究者 】
宮本マラシー
外国語学部 外国語学科 ベトナム語専攻
【 主な研究者 】
清水政明
外国語学部 外国語学科 ウルドゥー語専攻
【 主な研究者 】
松村耕光

東海大学

文学部 英語文化コミュニケーション学科
【 主な研究者 】
斎藤早苗

立命館大学

文学部 人文学科 コミュニケーション学域 言語コミュニケーション専攻
【 主な研究者 】
田中省作
法学部 外国語科目担当
【 主な研究者 】
田原憲和
経済学部 外国語科目担当
【 主な研究者 】
桐村亮
理工学部 外国語科目担当
【 主な研究者 】
杉浦香織
生命科学部 外国語科目担当
【 主な研究者 】
山中司
情報理工学部 外国語科目担当
【 主な研究者 】
杉野直樹

広島大学

教育学部 第三類(言語文化教育系) 英語文化系コース
【 主な研究者 】
深澤清治 柳瀬陽介
総合科学部 国際共創学科
【 主な研究者 】
柴田美紀

東京外国語大学

言語文化学部 言語文化学科 グローバルコミュニケーションコース
【 主な研究者 】
林俊成 鶴田知佳子 吉冨朝子 投野由紀夫 根岸雅史
言語文化学部 言語文化学科 言語・情報コース
【 主な研究者 】
望月圭子 川口裕司 萬宮健策

関西大学

外国語学部 外国語学科
【 主な研究者 】
名部井敏代 水本篤 吉田信介 守崎誠一 八島智子

神戸大学

国際人間科学部 グローバル文化学科 グローバル・コミュニケーションプログラム
【 主な研究者 】
藤濤文子 田中順子

法政大学

経済学部 経済学科
【 主な研究者 】
飯野厚 中谷安男 寺内正典
経営学部 基礎科目担当
【 主な研究者 】
佐藤陽子 石原紀子
経営学部 経営学科
【 主な研究者 】
鈴木眞奈美
文学部 英文学科
【 主な研究者 】
川崎貴子

近畿大学

総合社会学部 教養・基礎教育部門
【 主な研究者 】
下絵津子 須賀井義教
国際学部 国際学科 グローバル専攻
【 主な研究者 】
濱本秀樹
経済学部 教養・基礎教育部門
【 主な研究者 】
菅井康祐
経営学部 教養・基礎教育部門
【 主な研究者 】
三上明洋

その他の優れた大学

大学詳細

国際教養大学

国際教養学部

少人数制、外国人との寮生活、全員留学、3年次からの英語による教育。

神田外語大学

外国語学部 英米語学科

国際基督教大学

教養学部 アーツ・サイエンス学科

【多言語主義】 言語とアイデンティティなどの研究が充実。

上智大学

文学部 英文学科

【CLIL】 CLIL実践・研究を積極的に行っている。

上智大学

外国語学部 英語学科

【CLIL】 英語を学ぶのではなく、色んな科目を「英語」で学ぶ実践を行っています。

玉川大学

文学部 /ELFセンター

【English as a Lingua Franca】 Center for English as a Lingua Franca(CELF)を立ちあげ、「ネイティブの英語」を基準とせず、多様な英語の世界を軸に学習プログラムを立ち上げています。その理念は「外国語教育」の研究から生まれたものです。

立教大学

異文化コミュニケーション学部 異文化コミュニケーション学科

【多言語主義】 宮古などの多言語主義の研究が充実。

東洋英和女学院大学

国際社会学部 国際コミュニケーション学科

【CLIL】 CLIL実践・研究を積極的に行っている。

立命館アジア太平洋大学

言語教育


海外で学ぶなら

大学詳細

Teachers College Columbia University/コロンビア大学ティーチャーズカレッジ(米)

Teachers College

【TESOL】 現職教員の学生が多い大学院です。日本の大学で教職をとって、教員になってから進学すれば得るものが大きいでしょう。

University of Oxford/オックスフォード大学(英)

教育学部

【EMI】 英語による授業(English Medium Instruction, EMI) 研究が盛んである。

Universidad Complutense de Madrid/マドリード・コンプルテンセ大学(西)

教育学部

【CLIL】 CLILを初等、中等教育で実践する教員の育成プログラムが充実している。

University of California, Los Angeles/カリフォルニア大学ロサンゼルス校(米)

応用言語学

【英語教育学、 第二言語習得研究】 カリキュラムの充実。 世界屈指の研究者が揃っている。

University of Hawaii/ハワイ大学(米)

第二言語研究

【第二言語習得研究】 カリキュラムの充実。 世界屈指の研究者が揃っている。

主な研究者

研究者詳細

吉冨朝子

東京外国語大学
言語文化学部 言語文化学科 グローバルコミュニケーションコース/総合国際学研究科 世界言語社会専攻

鶴田知佳子

東京外国語大学
言語文化学部 言語文化学科 グローバルコミュニケーションコース/総合国際学研究科 世界言語社会専攻

土屋慶子

横浜市立大学
国際総合科学部 国際総合科学科 国際文化コース/都市社会文化研究科 都市社会文化専攻

斎藤早苗

東海大学
文学部 英語文化コミュニケーション学科/文学研究科 英文学専攻

大和隆介

京都産業大学
外国語学部 英語学科/外国語学研究科 英米語学専攻

植松茂男

同志社大学
グローバル地域文化学部 グローバル地域文化学科 アメリカコース

下絵津子

近畿大学
総合社会学部 教養・基礎教育部門

藤田ラウンド幸世

国際基督教大学
教養学部 アーツ・サイエンス学科 メディア・コミュニケーション・文化メジャー
【バイリンガリズム多言語主義】 宮古や在日韓国人児童の言語習得など、民族誌的研究手法で、多言語主義の研究をされている。

池田真

上智大学
文学部 英文学科/文学研究科 英米文学専攻
【CLIL】 小学校か大学まで、日本でのCLILの導入を実践されている。

笹島茂

東洋英和女学院大学
国際社会学部 国際コミュニケーション学科
【CLIL】 日本の大学にCLILを導入。フィンランドなどのCLIL調査研究をされている。

田浦秀幸

立命館大学
言語教育情報研究科/国際言語文化研究所
【バイリンガリズム 第二言語喪失】 研究者が少ない第二言語喪失研究を精力的に行っていること。

白井恭弘

Case Western Reserve University/ケース・ウェスタン・リザーブ大学(米)
【第二言語習得、英語教育学】 第二言語習得の権威でありながら、数多くの入門書も出版していて、分野の発展に大いに貢献している人である。

卯城祐司

筑波大学
人文・文化学群 人文学類 応用言語学コース/人文社会科学研究科 現代語・現代文化専攻
【英語教授法】 広範な知識と丁寧な指導

ジョン・C.マーハ

国際基督教大学
教養学部 アーツ・サイエンス学科 メディア・コミュニケーション・文化メジャー/アーツ・サイエンス研究科 公共政策・社会研究専攻
【アイデンティティと言語】 言語とアイデンティティの関係について、研究をされている。

吉田研作

上智大学
【応用言語学】 英語教育界で知らない人はいない研究者で、私自身の指導教員だった人物。

村田久美子

早稲田大学
教育学部 英語英文学科/教育学研究科 英語教育専攻
【ELF】 共通語としての英語(English as a Lingua Franca, ELF)の研究をされている。

興味がわいたら

英語学習は早いほどよいのか

バトラー後藤裕子

言語習得は早ければ早い方がよいのだろうか。早期教育の問題点や、言語習得に重要な要素など、言語習得研究の最前線の成果が漏らすところなくまとめられている。内容的にはやや高度だが、興味のある方にはお勧め。 (岩波新書)


外国語を学ぶための 言語学の考え方

黒田龍之介

外国語を学ぶことを料理に例え、日本にいても外国語を学ぶことはできるということ、複数の外国語を学ぶことの意義など、外国語をどのように学んだらよいかについて興味深い提案が書かれている。外国語学習法としての言語学入門書。 (中公新書)


言葉と文化 Language and Culture

ジョン・マッコーネル

高校向けの上級レベルの英語教材で、言語と文化について基本的な概念がわかりやすく説明されている。「何年やっても英語を話すことができない」というフレーズをよく耳にするが、本書を通して、言葉とアイデンティティー、言葉と思考、言葉と社会とのつながりや、非言語の存在などがわかり、言葉を習得するに際には、その背後にある文化や社会とは切り離せないんだという基本的なことに気づけるだろう。外国語学習を通して、異なる文化や異なる国籍の人たちへの尊敬の念を持ってもらいたい。 (雨宮剛:編註/成美堂)


はじめての構造主義

橋爪大三郎

ソシュールという言語学者の理論から発展した構造主義は、簡単にいうと、あらゆる現象の基盤となる規則やルール(構造)を体系化して理解する思想を指す。それは言語学のみならず、社会学や人類学など多くの学問に大きな影響を与えた。構造主義によって私たちは、無意識に内面化している思想のルーツを辿ることができるだろう。また、他の学問と同様、言語学は、社会学や人類学、哲学など、様々な学問・思想と、相互に関わりながら発展してきた。本書は、言語学と諸学問の関わりを捉えるという意味でも、面白い。また、そうした学際的な視点は、グローバル化が進む現代において、外国語教育の課題に挑む上でも、非常に重要である。 (講談社現代新書)