環境動態解析

オゾン層破壊、地球温暖化問題にとりくむ! 地球の物質循環とそれによる環境の変動を観測し分析~理学の気候・気象・海洋学につながる学問

地球温暖化   気候変動   物質循環   リモートセンシング   環境変動

学べる大学は?

研究をリードする大学

大学詳細

北海道大学

理学部 地球惑星科学科
【 主な研究者 】
長谷部文雄 杉本敦子 大島慶一郎 高橋幸弘 古屋正人
水産学部 海洋生物科学科
【 主な研究者 】
工藤勲 大木淳之
工学部 環境社会工学科 環境工学コース
【 主な研究者 】
村尾直人
農学部 生物環境工学科
【 主な研究者 】
平野高司

東京大学

農学部 応用生命科学課程 水圏生物科学専修
【 主な研究者 】
佐藤克文 浜崎恒二 高橋一生 伊藤幸彦 小松幸生
農学部 応用生命科学課程 生命化学・工学専修
【 主な研究者 】
妹尾啓史
理学部 地球惑星環境学科
【 主な研究者 】
鈴木庸平 多田隆治 山室真澄
理学部 地球惑星物理学科
【 主な研究者 】
小池真 阿部彩子
教養学部 学際科学科 広域システムコース
【 主な研究者 】
松尾基之
工学部 化学システム工学科
【 主な研究者 】
戸野倉賢一

名古屋大学

理学部 地球惑星科学科
【 主な研究者 】
須藤斎
農学部 生物環境科学科
【 主な研究者 】
渡邉彰

京都大学

理学部 理学科 地球惑星科学系
【 主な研究者 】
塩谷雅人
工学部 地球工学科 環境工学コース
【 主な研究者 】
亀田貴之

金沢大学

理工学域 物質化学類 化学コース
【 主な研究者 】
長尾誠也
理工学域 物質化学類 応用化学コース
【 主な研究者 】
牧輝弥
理工学域 フロンティア工学類
【 主な研究者 】
川西琢也
理工学域 地球社会基盤学類 地球惑星科学コース
【 主な研究者 】
松木篤

九州大学

理学部 地球惑星科学科
【 主な研究者 】
赤木右 岡崎裕典

その他の優れた大学

大学詳細

東京海洋大学

海洋資源環境学部 海洋環境科学科

【海洋学】 日本で唯一の海洋に関する総合大学

富山大学

理学部 生物圏環境科学科

【海洋環境学】 海と陸とのつながりを意識した海洋環境の教育・研究を行っている。

静岡大学

理学部 地球科学科

【海洋】 海洋化学や海洋生態学に留まらず、古生物学や地震学など海洋に関わる複数の分野について、野外実習に参加しながら学ぶことができる。

広島大学

生物生産学部 生物生産学科 生物圏環境学コース

【深海生物学、環境微生物学】

愛媛大学

理学部 地球科学科 /沿岸環境科学研究センター

【沿岸海洋学】 沿岸の海洋現象を対象に物理・生物・化学の学際的な研究を進めている。

高知大学

農林海洋科学部 海洋資源科学科 海底資源環境学コース

【地球化学,海底資源】 全国共同利用施設になっている高知大学海洋コア総合研究センターの教員が兼任となっているため,国内最高レベルの分析施設を利用し,研究ができる。

長崎大学

水産学部 水産学科

【水産海洋学】 海の生物・化学過程を中心に物理現象との連携も意識した教育・研究を行っていす。

琉球大学

理学部 海洋自然科学科 化学系

【地球化学】 気鋭の若手研究者が多数在籍しており,研究レベルが高い。海洋生物や珊瑚などの化学をやりたい人にはよい環境。

琉球大学

理学部 海洋自然科学科 生物系

【珊瑚の生態等】 国内で最も多くの珊瑚研究者がおり,近年活発に研究を進めている。東大等本州の研究者との共同研究も活発で,地の利を活かした研究を展開している。

東京理科大学

理学部第一部 物理学科

【大気物理学】 富士山を中心とした山岳大気研究。


海外で学ぶなら

大学詳細

University of Washington/ワシントン大学(米)

海洋学部

【海洋学全般】 アメリカの中でも海洋学研究者が多く在籍している大学のひとつで、幅広い海洋学が学べる。

University of Hawaiʻi at Mānoa/ハワイ大学マノア校(米)

海洋生物学研究所

【海洋微生物】

University of Florida/フロリダ大学(米)

理学部地球科学科

【海水準復元,珊瑚の地球化学】 広いキャンパス,治安もよく,研究するにはよい環境。日本人も適度にいるため,困った時には頼れる。

主な研究者

研究者詳細

川合美千代

東京海洋大学
海洋資源環境学部 海洋環境科学科/海洋科学技術研究科 海洋資源環境学専攻

堀川恵司

富山大学
理学部 生物圏環境科学科/理工学教育部 生物圏環境科学専攻

青木一真

富山大学
都市デザイン学部 地球システム科学科/理工学教育部 地球科学専攻

宗林留美

静岡大学
理学部 地球科学科 生物環境科学講座/総合科学技術研究科 理学専攻

木村浩之

静岡大学
理学部 地球科学科 生物環境科学講座/総合科学技術研究科 理学専攻

鵜野伊津志

九州大学
応用力学研究所/応用力学研究所

松野健

九州大学
応用力学研究所

安成哲平

北海道大学
工学部 環境社会工学科 環境工学コース/工学院 環境創生工学専攻
【大気・雪氷相互作用】 NASA帰りの若手のホープ。

野村大樹

北海道大学
水産学部 海洋生物科学科 海洋環境科学分野/水産科学院 海洋生物資源科学専攻
【海氷と化学物質】 活発で独自の研究を続けている。

鈴木光次

北海道大学
環境科学院
【海洋の植物プランクトン】 植物プランクトンを中心に海洋生態系ついて、精力的に研究している。

鈴木庸平

東京大学
理学部 地球惑星環境学科/理学系研究科 地球惑星科学専攻
【地下圏微生物と 鉱物代謝】

張勁

富山大学
理学部 生物圏環境科学科/理工学教育部 生物圏環境科学専攻
【化学海洋環境学】 海水の化学分析に基いた化学海洋学の分野だが、物理・生物学研究者等との連携で学際的な研究を進めている。

石坂丞二

名古屋大学
環境学研究科 地球環境科学専攻/宇宙地球環境研究所
【衛星生物海洋学】 直接的には衛星によるリモートセンシングを用いた生物海洋学の分野だが、物理・化学研究者等との連携で学際的な研究を進めている。

吉川裕

京都大学
理学部 理学科 地球惑星科学系/理学研究科 地球惑星科学専攻
【海洋物理学】 海洋の乱流過程を専門とし、乱流混合過程の理解を生物現象へ適用することで、新たな環境理解を目指している。

郭新宇

愛媛大学
理学部 地球科学科/理工学研究科 数理物質科学専攻/沿岸環境科学研究センター
【海洋物理学、生態系モデル】 数値モデルを用いる専門性を生かして、物理・化学・生物の研究者と連携し、個別の現象を統合した理解を目指している。

竹村俊彦

九州大学
総合理工学府 大気海洋環境システム学専攻/応用力学研究所
【エアロゾルの気候影響】 世界を代表するエアロゾル数値モデルの研究者

植村立

琉球大学
理学部 海洋自然科学科 化学系/理工学研究科 海洋自然科学専攻
【分析化学・同位体地球化学】 鍾乳石などの分析法の開発に重点を置く。国内で類似研究はないため。

西野茂人

海洋研究開発機構
【北極海の生物化学的環境変化】 ユニークなテーマを追求する数すくない研究者

小野寺丈尚太郎

海洋研究開発機構
【北極海,プランクトン】 JAMSTECの若手研究者。北極海の温暖化モニタリング関係の研究を実施し,主にプランクトンを精力的に研究している。

大島慶一郎

北海道大学
理学部 地球惑星科学科/環境科学院 地球圏科学専攻/低温科学研究所
【南極の物理海洋学】 とても活発で多くの博士を育てている

横山佑典

東京大学
理学部 地球惑星環境学科/理学系研究科 地球惑星科学専攻/大気海洋研究所
【地球化学,】 古気候・古環境分野では国内で最も研究実績がある研究者。研究室には多くの学生が在籍しており,研究活動が非常に活発。

興味がわいたら

謎解き・海洋と大気の物理 地球規模でおきる「流れ」のしくみ

保坂直紀

エルニーニョ現象など、ニュースなどでよく取り上げられる海洋の話題について扱っているが、予備知識がなくても理解できる。本書で扱われている分野は流体力学であり、物理学の素養が必要なため、わかりやすく解説することは困難だと思われるが、著者には新聞記者として第一線で活躍した履歴があり、感動するくらい平易に説明されている。 (ブルーバックス)


気候変動を理学する 古気候学が変える地球環境観

多田隆治

気候科学の講義をまとめた書籍。地球温暖化や大気中の二酸化炭素濃度上昇がもたらす影響について、古環境の成果を踏まえて解説する。この本で、システムとして地球を捉える見方を養うことができるだろう。 (日立環境財団:協力/みすず書房)


深海生物学への招待

長沼毅

極限状況で生きる生物を追い求める、「科学界のインディ・ジョーンズ」こと広島大学の長沼毅先生の本。地球上のほとんどの生物は、植物による光合成、つまり太陽エネルギーを利用した生物生産に依存している。では、まったく太陽光の届かない深海や地下圏の生物は、どのようなエネルギーに依存して生きているのだろうか。本書は、海底熱水に含まれる硫化水素やメタンなどからエネルギーを生産する「化学合成バクテリア」や、それらのバクテリアを体内に共生させている「チューブワーム」など、驚くべき機能を持つ深海生物について解説。深海に挑んできた先人たちのドラマも生き生きと描いている。 (幻冬舎文庫)


チェンジング・ブルー 気候変動の謎に迫る

大河内直彦

地球史・地球化学分野で国際的に活躍し、多くの研究論文を執筆している日本を代表する有機地球化学者による著書。地球科学でおさえておきたい重要な問題や定説を、その歴史的背景などを交えてドラマチックにストーリー立てて解説している。読みやすい文章で飽きない。これを読むと、地球科学のスケール感に圧倒され、化学分析の有用さに感嘆する。 (岩波現代文庫)