環境影響評価

ある地域の水、泥、大気、微量ミネラルなどを化学的に分析し、その自然環境の汚染状況を調べ、PM2.5など環境への影響を予測し、汚染度合いを評価する方法を作り出す~化学系の環境学

環境モニタリング   環境アセスメント   生態系影響評価   土壌汚染   越境大気汚染

学べる大学は?

研究をリードする大学

大学詳細

京都大学

理学部 理学科 地球惑星科学系
【 主な研究者 】
大沢信二
農学部 資源生物科学科
【 主な研究者 】
吉田天士

東京農工大学

農学部 環境資源科学科
【 主な研究者 】
橋本洋平 大地まどか
農学部 地域生態システム学科
【 主な研究者 】
武田庄平

金沢大学

理工学域 物質化学類 応用化学コース
【 主な研究者 】
牧輝弥
理工学域 地球社会基盤学類 環境都市コース
【 主な研究者 】
古内正美

鳥取大学

農学部 生命環境農学科 国際乾燥地農学コース
【 主な研究者 】
寳來佐和子

北海道大学

工学部 環境社会工学科 環境工学コース
【 主な研究者 】
松井利仁

東京大学

工学部 化学システム工学科
【 主な研究者 】
酒井康行

愛媛大学

農学部 生物環境学科 環境保全学コース
【 主な研究者 】
鈴木聡

福島大学

理工学群 共生システム理工学類 物理・システム工学コース
【 主な研究者 】
高橋隆行

横浜国立大学

理工学部 化学・生命系学科 化学応用教育プログラム
【 主な研究者 】
中井里史
都市科学部 環境リスク共生学科
【 主な研究者 】
中森泰三

鹿児島大学

理学部 理学科 化学プログラム
【 主な研究者 】
冨安卓滋

琉球大学

理学部 物質地球科学科 地学系
【 主な研究者 】
藤田和彦

活躍する研究者

関口和彦 先生
埼玉大学
工学部 応用化学科/理工学研究科 環境システム工学系専攻

【環境化学、大気観測と環境影響評価、室内汚染評価と空気浄化手法】PM2.5どこで発生したものなのか、汚染物質のどれくらいが実際に影響を与えているかを化学分析や観測のためのモニタリング装置を使って測定、評価し、今後の具体的な環境対策に役立てる。もう1つの柱として屋内汚染評価と空気浄化法にも取り組む。

橋本洋平 先生
東京農工大学
農学部 環境資源科学科/生物システム応用科学府 生物機能システム科学専攻

【分子環境科学】有毒金属で知られるヒ素の中でもとりわけ致死率の高い3価のヒ素などの生物毒性の解明や、環境修復技術の開発の研究を行う。それによって農地・生態系・汚染環境中で起きている現象やメカニズムを解き明かす。

寳來佐和子 先生
鳥取大学
農学部 生命環境農学科 国際乾燥地農学コース/持続性社会創生科学研究科 国際乾燥地科学専攻

【環境生物無機化学、環境毒性学】日本の四大公害事件の原因となった微量元素(ミネラル)に注目、「ミネラル」が毒になるとはどういうことかを研究。環境毒性学を通して「次世代に負の遺産を残してはならない」をテーマに、環境問題に取り組む。

野田香織 先生
弘前大学
理工学部 物質創成化学科/理工学研究科 理工学専攻

【微量元素汚染】野生生物生態、環境汚染、微量元素汚染研究とバイタリティがあり、興味深い研究。

渡邉泉 先生
東京農工大学
農学部 環境資源科学科/農学府 農学専攻

【微量元素汚染】水銀やカドミウムなど生物に蓄積しやすい有害物質を精力的に研究する。

光延聖 先生
愛媛大学
農学部 生物環境学科 環境保全学コース/農学研究科 生物環境学専攻

【土壌環境中の元素の挙動】環境中の元素の動態を分子レベルで明らかにするメカニズムの研究が評価されている。

興味がわいたら

実感する化学

A Project of the American Chemical Society

アメリカ化学会がまとめた化学に関する一般書。上巻(地球感動編)と下巻(生活感動編)がある。漠然と環境問題を理解するのではなく、化学という視点で個々の環境問題を理解することで、環境条件による違いや反応の類似性など、それぞれの環境問題の関係を理解することができる。 (廣瀬千秋:訳/エヌ・ティー・エス)


みんなが知りたいPM2.5の疑問25

日本エアロゾル学会:編

気象・工学・医学・行政など、多岐にわたる専門家が、PM2.5に関する疑問に詳しく分かりやすく答えている。PM2.5の濃度が高まる気象条件や地理的要因、行政の対応などについてしっかり理解し、より正確な知識をつけてもらいたい。 (畠山史郎、三浦和彦:編/成山堂書店)


沈黙の春

レイチェル・カーソン

人間には欲望がある。それは普通のことだ。しかし、理性と欲望のバランスが崩れ、欲望に大きく傾くと、大きな環境破壊を引き起こす。周りに目を向けることとなく、いつの間にか、周りの環境に異変が起こって、それに気づいたときは、すでに遅い。人間も生態系の一部であることから、巡り巡って、人間も大きなダメージを被りうるのだという話。この本の中でおもに扱われている化学物質は、農薬や除草剤などの有機汚染物質。 (青樹簗一:訳/新潮文庫)


環境リスク学 不安の海の羅針盤

中西準子

東京都の下水道問題から、ダイオキシン問題、環境ホルモン、BSEなど、環境中の物質のリスクについて、分かりやすくまとめられている。数値にこだわった真摯な研究手法も詳しく述べられており、参考になるところが大きい。 (日本評論社)


本コーナーは、中高生と、大学での学問・研究活動との間の橋渡しになれるよう、制作・運営されています。

「学べる大学は?」の「研究をリードする大学」で紹介する大学は、科学研究費の採択件数が多い大学です。( →詳しくはこちら )

各先生の所属など、掲載されている大学(学部・学科ほか)の名称は、2020年1月段階の調べによります。実際の進路選択等に際しては、各大学のHP等で改めてご確認ください。

みらいぶっくへ ようこそ ふとした本との出会いやあなたの関心から学問・大学をみつけるサイトです。
TOPページへ