社会福祉学

子ども、障害者、女性、高齢者、経済的困窮者など社会的弱者の権利を守り福祉を増進、その援助の方法や社会的な基盤の構造を作る社会学~臨床心理学、医学、保健学などとつながる

ソーシャルワーク   児童虐待   包括的家族支援   精神保健福祉   臨床心理士

学べる大学は?

研究をリードする大学

大学詳細

日本福祉大学

社会福祉学部 社会福祉学科
【 主な研究者 】
大谷京子 平野隆之 小林勇人 柏倉秀克 篠田道子
子ども発達学部 心理臨床学科
【 主な研究者 】
伊藤修毅
健康科学部 リハビリテーション学科
【 主な研究者 】
柏原正尚
福祉経営学部 医療・福祉マネジメント学科
【 主な研究者 】
青木聖久

日本社会事業大学

社会福祉学部 福祉援助学科
【 主な研究者 】
有村大士 金子恵美 藤岡孝志 下垣光 大島巌
社会福祉学部 福祉計画学科
【 主な研究者 】
梶原洋生 贄川信幸

高知県立大学

社会福祉学部 社会福祉学科
【 主な研究者 】
田中きよむ 杉原俊二 西内章 西梅幸治 鈴木孝典

立命館大学

産業社会学部 現代社会学科 人間福祉専攻
【 主な研究者 】
松田亮三 山本耕平 櫻谷眞理子 秋葉武 鎮目真人
文学部 人文学科 コミュニケーション学域 言語コミュニケーション専攻
【 主な研究者 】
岡本雅史
政策科学部 政策科学科
【 主な研究者 】
桜井政成

佛教大学

社会福祉学部 社会福祉学科
【 主な研究者 】
黒岩晴子 朴光駿 加美嘉史 伊部恭子 池本美和子

同志社大学

社会学部 社会福祉学科
【 主な研究者 】
永田祐 山田裕子 木原活信 埋橋孝文 黒木保博
政策学部 政策学科
【 主な研究者 】
井上恒男

関西学院大学

人間福祉学部 社会福祉学科
【 主な研究者 】
石川久展 今井小の実 陳礼美
人間福祉学部 社会起業学科
【 主な研究者 】
武田丈 山本隆
総合政策学部 総合政策学科
【 主な研究者 】
宮川雅充
総合政策学部 都市政策学科
【 主な研究者 】
李政元

大阪市立大学

生活科学部 人間福祉学科
【 主な研究者 】
所道彦 岡田進一
経済学部 経済学科
【 主な研究者 】
福原宏幸

東洋大学

社会学部 社会福祉学科
【 主な研究者 】
志村健一 金子光一 森田明美

立教大学

コミュニティ福祉学部 福祉学科
【 主な研究者 】
長倉真寿美 飯村史恵
コミュニティ福祉学部 コミュニティ政策学科
【 主な研究者 】
小長井賀與 原田晃樹
コミュニティ福祉学部 スポーツウエルネス学科
【 主な研究者 】
濁川孝志
経済学部 経済政策学科
【 主な研究者 】
菅沼隆

その他の優れた大学

大学詳細

岡山県立大学

保健福祉学部 保健福祉学科

【保健福祉学】 保健福祉学、社会福祉学、介護福祉学を基盤に、ソーシャルワークの方法や実践的な支援技術、介護福祉支援の方法や技術、諸外国の保健福祉制度・政策を学び、多様な福祉課題に対処できる能力を修得できる。


海外で学ぶなら

大学詳細

中国人民大学(中)

社会学部

【中国社会政策】

Seoul National University/ソウル大学校(韓)

社会福祉学部

【比較社会政策】 世界的なレベルでの比較社会政策が特筆。

主な研究者

研究者詳細
佐藤ゆかり
岡山県立大学
保健福祉学部 保健福祉学科/保健福祉学研究科 保健福祉学専攻

【社会老年学、介護福祉学】介護福祉士の職場内研修体制と職務の満足感、継続の関係を検討する研究。新人介護福祉士は、少人数もしくは個別の体制で重点的に教育を行うことが、満足感や継続につながることを示唆。介護福祉士の職場定着を促進するシステム構築の資料となる。

大下由美
県立広島大学
保健福祉学部 人間福祉学科/総合学術研究科 保健福祉学専攻

【包括的家族支援論】認知症の徘徊など困難な介護の現場で、相談に来た人の解決力を生かして解決していくことを志向する、体系立った包括的家族支援モデルの構築を目指した研究を行う。

大谷京子
日本福祉大学
社会福祉学部 社会福祉学科/社会福祉学研究科 社会福祉学専攻

【精神保健福祉】精神保健福祉を研究。精神障害者やその家族だけでなく、一般市民への正しい知識の普及のために働くソーシャルワーカーの資質向上を目指す。

朴光駿
佛教大学
社会福祉学部 社会福祉学科/社会福祉学研究科 社会福祉学専攻

【社会政策、社会福祉思想】自立、援助、リハビリなどの社会福祉思想に関わる概念は、主に西欧社会の思想によって解釈されもたらされた。それらを東アジア的な思想から、再解釈・再定義する研究を行う。それによって社会政策の自国の文化歴史的ルーツに関する理解を深める。

金成垣
東京大学
文学部 人文学科 後期教養科目/人文社会系研究科 韓国朝鮮文化研究専攻

【東アジア社会政策】

垣田裕介
大阪市立大学
生活科学部 人間福祉学科/生活科学研究科 生活科学専攻

【貧困研究】

桐野匡史
岡山県立大学
保健福祉学部 保健福祉学科/保健福祉学研究科 保健福祉学専攻

【男性の家族介護者の支援】男性の家族介護者が増加する中、援助の必要性がありながら十分なサポートが得られないケースが臨床では多く見受けられる。そうした対象者に焦点を当て、介入方法を探索している。

李蓮花
東京経済大学
経済学部/経済学研究科 経済学専攻

【東アジア社会政策】

武川正吾
東京大学
文学部 人文学科 社会学専修課程/人文社会系研究科 社会文化研究専攻

【東アジア社会政策】

埋橋孝文
同志社大学
社会学部 社会福祉学科/社会学研究科 社会福祉学専攻

【社会政策】

興味がわいたら

老いと社会 制度・臨床への老年学的アプローチ

冷水豊

老いゆく過程を社会の中で生きることを支える基礎となる学問の一つが、社会福祉学だ。この本を通じて、高齢期が自分らしく地域で生活を続けることを援助するために、必要な視点と基礎的知識が習得できる。 (有斐閣アルマ)


認知症になった私が伝えたいこと

佐藤雅彦

若くして認知症となった佐藤雅彦さんが書き溜めて言葉が本に。援助の対象となる当事者が、どのような想いを持ち、どのような生活世界を生きているかを知ることは、援助の基本だ。その理解を助けるための、認知症当事者が執筆された書を、ぜひ読んでみてほしい。 (冷水豊:編著/大月書店)


相談室の星 医療ソーシャルワーカーの日誌より

坂口みく

生活場面を支援する仕事においては、人がよりよく生きることは何かを、困っている人と一緒に考えていくことが求められる。そこに一般的な社会通念を入れ込まず、枠を超えて取り組むことの意味を考えることができる漫画。身体・精神の疾患や問題行動と、日常生活における対人関係の問題との関連性が理解できる。 (双葉社)


福祉の現場で働くあなたに伝えたいこと

青山良子

子ども施設の現場での経験をつづるとともに、福祉現場で働く人たちに向けたメッセージをまとめた本。ソーシャルワーカーの視点や、目の前の対象者と何を大切にしながら、どのように関わるべきなのかを学ぶことができる。 (川島書店)


みらいぶっくへ ようこそ ふとした本との出会いやあなたの関心から学問・大学をみつけるサイトです。
TOPページへ