グリーン・環境化学

人・生物や自然環境に悪影響を与えない資源を利用し、人工光合成や触媒など化学の方法を用いた合成技術で環境への負荷の小さい社会を作り出す~環境問題系の応用化学

グリーンケミストリー   環境触媒   毒性金属を用いない有機反応の開発   太陽光エネルギー   持続可能な社会

学べる大学は?

研究をリードする大学

大学詳細

東京工業大学

理学院 化学系
【 主な研究者 】
江口正

京都大学

工学部 工業化学科 工業基礎化学コース
【 主な研究者 】
阿部竜 近藤輝幸
工学部 工業化学科 創成化学コース
【 主な研究者 】
西田幸次

千葉大学

理学部 化学科
【 主な研究者 】
沼子千弥 東郷秀雄 加納博文

東京大学

工学部 化学システム工学科
【 主な研究者 】
戸野倉賢一
工学部 化学生命工学科
【 主な研究者 】
吉江尚子
農学部 応用生命科学課程 生物素材化学専修
【 主な研究者 】
岩田忠久

大阪大学

理学部 化学科 化学専攻Aコース
【 主な研究者 】
山口浩靖
工学部 応用自然科学科 応用化学科目
【 主な研究者 】
木田敏之
基礎工学部 化学応用科学科 合成化学コース
【 主な研究者 】
直田健

その他の優れた大学

大学詳細

長岡技術科学大学

工学部 機械創造工学課程 熱・流体コース

レオロジー分野について幅広い研究を行っている。ソフトマターに関して、こぼれたマヨネーズを掬い取る方法など、ユニークな研究がある。

新潟大学

工学部 工学科 機械システム工学プログラム

【流体工学】 レオロジー分野の第一人者が在籍している。

名古屋工業大学

工学部 生命・応用化学科

【環境低負荷型抵抗低減剤の開発】 レオロジーの観点からの研究である。

鳥取大学

工学部 化学バイオ系学科

【グリーンケミストリー】 グリーン・サスティナブル・ケミストリー研究センターを設置し、ケミストリーパワーで持続成長可能な社会を実現するための研究を実施している。

山口大学

工学部 循環環境工学科

【環境化学、生化学プロセス工学】 抵抗低減剤の実用化で非常に著名である。

熊本大学

工学部 材料・応用化学科

【エネルギー物質化学】 創エネルギー物質化学に関連した研究拠点を形成し、関連した研究を実施している。


海外で学ぶなら

大学詳細

Université de Caen Normandie/カン大学(仏)

LCS研究所

赤外吸収分光法やNMRなど分光法を活用した触媒反応解析に高い技術を有する。

Université de Poitiers/ポワティエ大学(仏)

IC2MP研究所

同位体を活用した触媒反応解析に高い技術を有する。

主な研究者

研究者詳細
東郷秀雄
千葉大学
理学部 化学科/融合理工学府 先進理化学専攻

【クリーンケミストリー】環境と調和した新規有機反応の開発や試薬の研究。青酸カリなどの有害金属を含まない芳香族ニトリルの合成を種々開発している。有害金属の混入が特に厳しく問われる医薬品合成の中で、クリーンケミストリーを追求。

羽田政明
名古屋工業大学
工学部 生命・応用化学科 環境セラミックス分野/工学研究科 工学専攻 生命・応用化学系プログラム

【触媒化学】自動車排ガス浄化触媒を研究。現在車の浄化触媒には希少で高価な貴金属やレアメタルなどが必須成分として用いられているが、それらの金属を使わない触媒開発に取り組む。

川本達也
神奈川大学
理学部 化学科/理学研究科 理学専攻

【水の分解】水を分解して水素を取り出す研究に取り組む。水素は自動車産業でもクリーンな水素燃料電池として注目されているが、大部分の水素は化石燃料を原料としている。これに対し、太陽光と水を利用して水素を生み出す、真にクリーンな水素製造システムを研究。

清水研一
北海道大学
工学部 応用理工系学科 応用化学コース/総合化学院 総合化学専攻/触媒科学研究所

【有機合成、環境触媒】窒素酸化物NOx(ノックス)除去が可能な銀系の自動車排ガス浄化触媒を開発、その作用機構解明に挑む。

小倉賢
東京大学
工学部 化学システム工学科/工学系研究科 化学システム工学専攻/生産技術研究所

【環境浄化触媒】触媒および吸着材料として利用されるゼオライトの合成から環境浄化触媒への応用まで幅広く研究を実施する。

荒牧賢治
横浜国立大学
理工学部 化学・生命系学科 化学応用教育プログラム/環境情報学府 環境システム学専攻

【界面活性剤の水溶液物性】非イオン性界面活性剤の水溶液物性の研究では著名である。

薩摩篤
名古屋大学
工学部 化学生命工学科/工学研究科 応用物質化学専攻

【環境浄化触媒】ガソリンエンジンから排出する有害な窒素酸化物を除去する触媒として、高価で希少な白金に代わるものとして、銀系の複合金属材料に着目した研究を行っている。

永長久寛
九州大学
工学部 エネルギー科学科 エネルギー物質工学コース/総合理工学府 物質理工学専攻

【環境浄化触媒】マイクロ波など新規反応場を活用した触媒研究を実施。

町田正人
熊本大学
工学部 材料・応用化学科/自然科学教育部 材料・応用化学専攻

【環境浄化触媒】自動車排ガスの除去のため触媒として使われる高価な白金の使用量の削減のため、微量の貴金属を担体上に高分散状態で強く固着、プラズマ放電を使って高活性と長寿命を両立した触媒を創製する研究をする。

酒井健一
東京理科大学
理工学部 先端化学科/理工学研究科 先端化学専攻

【機能性界面制御剤(AIM)の解析応用】物質には必ず「界面」が存在する。目的に適った界面活性剤を選択利用、あるいは分子設計し、物質の界面の性質を自在に制御する研究を行う。

酒井秀樹
東京理科大学
理工学部 先端化学科/理工学研究科 先端化学専攻

【種々の界面活性剤の構造と物性】日本におけるコロイドおよび界面化学分野の第一人者である。

日隈聡士
産業技術総合研究所

【環境浄化触媒】複数のプラズマを同時発生できるアークプラズマ法を使って複合ナノ粒子を生成し、Fe-Cu触媒を調製した。この触媒は、従来の自動車排ガス用の触媒と比べて高性能で省貴金属・低コストの次世代触媒調製技術になる。

難波哲哉
産業技術総合研究所

【環境浄化触媒】ディーゼル排ガス中の粒状物質および自動車排ガスの窒素酸化物NOxの除去触媒の開発をする。

興味がわいたら

基礎有機化学 身近な有機化合物を中心に 

東郷秀雄

有機化学の基本や全体を理解すれば、どのような課題があるか、社会がどのような有機化合物を必要としているかがわかってくる。なせなら、私たちの身の回りのものはほとんどが有機化合物だからだ。大学1年教科書レベル。 (東京化学同人)


トコトンやさしい触媒の本

触媒学会:編

触媒は化学工業や環境の分野においてなくてはならない物質。触媒がないと今の私たちの暮らしが維持できないほど重要なのだ。しかし、普通に生活をしていては触媒に触れる機会はない。そんな触媒の機能・役割や実例が簡単にまとめられている。触媒のことを少しでも理解してもらえればと思う。 (日刊工業新聞社)


分子レベルで見た触媒の働き 反応はなぜ速く進むのか

松本吉泰

空気からパンを作った男、ハーバー。20世紀初頭の食糧危機を救ったのは「ハーバー・ボッシュ法」とよばれる、窒素と水素からアンモニアを合成する反応だ。本書は、触媒研究の代表例として、この開発物語から始まる。触媒反応の分子レベルでの解明をめざした研究の歴史を振り返りつつ、触媒の機能・現象について詳しく解説。入門書としても適している。 (ブルーバックス)


「触媒ってなあに?」 CATALYSIS PARK

触媒の基礎の基礎を動画で紹介するサイト。授業でできる簡単な触媒反応の実験も紹介されている。 (触媒学会)


関連する学問

2 地球温暖化、環境化学・モニタリング
環境動態解析
環境影響評価
70 分析化学(スペクトル、クロマトグラフィ)
分析化学
物理系薬学

本コーナーは、中高生と、大学での学問・研究活動との間の橋渡しになれるよう、経済産業省の大学・産学連携、および内閣府/総合科学技術・イノベーション会議の調査事業の一環として、企画・制作・運営されています。
各先生の所属など、掲載されている大学(学部・学科ほか)の名称は、2020年1月段階の調べによります。実際の進路選択等に際しては、各大学のHP等で改めてご確認ください。

みらいぶっくへ ようこそ ふとした本との出会いやあなたの関心から学問・大学をみつけるサイトです。
TOPページへ