進化生物学

生命誕生、種の起源、進化のしくみや過程を明らかにする

真核生物   進化実験   生命の起源   オルガネラ   タンパク質

学べる大学は?

研究をリードする大学

大学詳細

東京大学

理学部 生物学科
【 主な研究者 】
野崎久義

京都大学

農学部 森林科学科
【 主な研究者 】
井鷺裕司

筑波大学

生命環境学群 生物学類
【 主な研究者 】
田中健太

総合研究大学院大学

国立遺伝学研究所

基礎生物学研究所


その他の優れた大学

大学詳細

宮城教育大学

教育学部 初等教育教員養成課程 理科コース/中等教育教員養成課程 理科教育専攻

【動物発生学】 様々な海産動物の受精メカニズムに着目した多様性について、勢力的に研究を行っている。

大阪大学

工学部 応用自然科学科 応用生物工学科目

醸造・醗酵の歴史を組むバイオテクノロジー。進化も含む多様な生命科学分野における応用研究を行っている。

島根大学

生物資源科学部 生命科学科 細胞生物学コース

【進化生物学】 ミドリゾウリムシを使用した二次共生の研究では世界をリードしている。具体的には、ミドリゾウリムシの感染ルートの詳細の解明、細胞内共生維持のための遺伝子の探索、細胞内共生前と後の宿主とクロレラの行動の変化を研究している。

広島大学

理学部 生物科学科

【半索動物の分子発生学的研究】 ヒトなどの脊索動物と類縁する、半索動物を用いたゲノム解析や発生過程での遺伝子解析を行う。臨海実験所があり、海産動物を研究するには非常に魅力的な場所で研究を行うことができる。半索動物を用いた研究において、世界を代表する研究室である。

山口大学

理学部 生物・化学科 生物学コース

【昆虫の季節・環境適応の内分泌学的研究】 チョウの翅や蛹の体色は、周囲の環境に応じて変化するが、世界に先駆けて、チョウの色彩変化を誘導するホルモンを2種類発見した。身近なチョウを題材に、古典的実験手法から分子生物学を駆使し、「生物」学を実感できる教育・研究を展開している。世界的にもユニークな研究室であり、山口大学周辺の自然環境が研究環境を与えている。

京都府立大学

生命環境学部 農学生命科学科 植物生産科学コース

【応用昆虫学】 複合適応形質の進化研究。

東京薬科大学

生命科学部 応用生命科学科

【極限環境生物学】 生命初期進化の研究。


海外で学ぶなら

大学詳細

Duke University/デューク大学(米)

生物学部

【生物の進化多様性に関する研究】 生物進化を様々な観点から考えようという学部で解析・思考・実証することを目指している。研究の独自性もさることながら、研究分野を越えたディスカッションの場が大いに提供されている学部である。学生の素朴な関心を世界的な研究に発展させてくれる類まれな大学である。

Indiana University Bloomington/インディアナ大学ブルーミントン校(米)

Department of Biology

【各種ゾウリムシのゲノム解読とその細胞内共生細菌のゲノム解読】 ゲノム情報をつかって、ゾウリムシ属の種の進化を研究している。

North Dakota State University/ノースダコタ州立大学(米)

生物科学学部

【昆虫の進化発生生物学】 昆虫を用いた形態的特徴の進化発生学的研究を行っている。また、それらをもたらす遺伝子ネットワークとの関係からも、昆虫の進化について探究している。

McGill University/マギル大学(カナダ)

理学部

【進化発生生物学】 アリを用いて、カーストをもたらす遺伝子の探究や、種分化の道筋を探究している。各国からの留学生も多く受け入れている。

Università di Pisa/ピサ大学(伊)

Department of Biology

【繊毛虫の細胞内共生生物の多様性】 ゲノム情報をつかって、各種繊毛虫の細胞内に共生する新規細胞内共生細菌の機能と起源を調べている。

主な研究者

研究者詳細
福澤雅志
弘前大学
農学生命科学部 生物学科 基礎生物学コース/農学生命科学研究科 農学生命科学専攻

【分子発生生物学】細胞性粘菌を対象に、有性生殖に関わり、DNAに結合する転写因子を研究。生物には一般的にオス、メスという2つの性があるが、細胞性粘菌は3つ以上あることが知られている。細胞性粘菌にオス、メスを決める遺伝子はあるのか。その研究を通して、オスの起源に迫る。

北沢千里
山口大学
教育学部 学校教育教員養成課程 理科教育選修/東アジア研究科 東アジア専攻

【進化発生生物学】ヒトデ、ウニといった棘皮動物を用いた進化発生生物学的研究を行う。ヒトデは軟体動物と思われがちだが、背骨を含めた骨格を持っており、脊つい動物と姉妹群をなす。ウニの発生については高校教科書の記載からかけ離れたユニークな特性を研究。

藤島政博
山口大学
理学部 生物・化学科 生物学コース/創成科学研究科 地球圏生命物質科学系専攻

【細胞内共生】ミドリゾウリムシとクロレラとの共生関係についての研究。光合成植物のクロレラは酸素を、ミドリゾウリムシは二酸化炭素を相手に与えることで細胞内共生をする。細胞の進化のしくみをあきらかにするには、原動力である細胞内共生の成立機構の解明がカギになる。

高野和文
京都府立大学
生命環境学部 生命分子化学科/生命環境科学研究科 応用生命科学専攻

【タンパク質の実験進化】「タンパク質の実験進化」という進化生物学の新しい手法を用いて、タンパク質の進化におけるタンパク質の安定性の役割を解明する研究を行う。進化の要因の一つを明らかにし、実用的には、人工的な有用タンパク質を構築するための指針となる。

美濃川拓哉
東北大学
理学部 生物学科/生命科学研究科 生態発生適応科学専攻/浅虫海洋生物学教育研究センター

【進化発生学】ウニ類を用いた個体発生メカニズムの進化や、細胞の多分化調節能について研究を行っている。

日比野拓
埼玉大学
教育学部 学校教育教員養成課程 中学校コース・小学校コース 自然科学専修 理科分野/教育学研究科 教科教育専攻

【進化発生学、比較免疫学】ウニやヒトデなどの棘皮動物のボディープランの進化や、免疫機構の進化について研究を行っている。

松浦友亮
大阪大学
工学部 応用自然科学科 応用生物工学科目/工学研究科 生命先端工学専攻

【人工細胞】

児玉有紀
島根大学
生物資源科学部 生命科学科 細胞生物学コース/生物資源科学研究科 生物生命科学専攻

【ミドリゾウリムシを使った二次共生の成立機構の研究】ミドリゾウリムシークロレラの二次共生研究をする。ミドリゾウリムシにパルス的に1.5分だけクロレラを宿主の食胞に取り込ませてその後の運命を追跡する技術開発に成功。クロレラが共生するための感染ルートの全容を明らかにした。現在、遺伝子情報も使えるようになり、ミドリゾウリムシは二次共生の成立機構解明のモデル材料になり、研究者数も増加している。

大島一正
京都府立大学
生命環境学部 農学生命科学科 植物生産科学コース/生命環境科学研究科 応用生命科学専攻

【複合適応形質の進化】

川田健文
東邦大学
理学部 生物学科 機能生物学部門/理学研究科 生物学専攻

【転写因子STATによる細胞分化】細胞性粘菌の転写因子による細胞分化の研究で多くの論文を出している。

赤沼哲史
早稲田大学
人間科学部 人間環境科学科/人間科学研究科 人間科学専攻

【生命の初期進化】

深津武馬
産業技術総合研究所

【多様な昆虫の細胞内共生】いろんな種類の昆虫に細胞内共生している微生物の機能を解明している。その多様な機能には驚くばかり。生物の進化に細胞内共生がいかに大事か、高校生にも感じさせてくれる。

藤田敏彦
東京大学
理学系研究科 生物科学専攻/国立科学博物館

【棘皮動物の分類および生態学的研究】棘皮動物、特にヒトデ、クモヒトデ類の分類及び生態学的研究を行っている。研究拠点は国立科学博物館で、様々な生物と触れ合える環境である。また、深海における棘皮動物の生態探索も、精力的に行っている。

大路樹生
名古屋大学
理学部 地球惑星科学科/環境学研究科 地球環境科学専攻/博物館

【棘皮動物の古生物学的研究】棘皮動物のうち、「生きた化石」として知られるウミユリ類の系統分類、古生物地理学的解析を行っている。化石種だけでなく、現生種との比較解析から、棘皮動物の進化を考えることのできる研究室である。

金沢謙一
神奈川大学
理学部 生物科学科/理学研究科 理学専攻

【海産無脊椎動物の適応進化の研究】ウニ類の適応進化を生態学的、古生物学的に探究。特に、ウニ類の中でもブンブクという海底に生息するグループの形態的特徴と、その生活史にも注目したユニークな研究分野を展開している。

興味がわいたら

ネムリユスリカのふしぎな世界 この昆虫は、なぜ「生き返る」ことができるのか?

黄川田隆洋

ネムリユスリカの幼虫は、乾燥状態で死にそうになっても、次の雨が降ると蘇生するという特徴を持っている! この本は、ネムリユスリカという不死身の昆虫に関する研究の話が書かれている。著者の所属する農業生物資源研究所は世界で唯一、ネムリユスリカ研究を行うという。極限環境でも生存し続けるこの昆虫を知れば、生物の進化やタンパク質の特徴についても考えることができるだろう。 (ウェッジ選書)


眼の誕生 カンブリア紀大進化の謎を解く

アンドルー・H.ノール

カンブリア紀大進化とは、約5億4200万年前から始まる古生代カンブリア紀、そこから1000万年ほどの短期間に突如として、今日見られる動物が出そろった現象のこと。カンブリア大爆発と呼ばれることもある。その証拠はカンブリア以前の地層から見つからない動物化石が見つかることだ。それはダーウィン以来進化学の最大の謎だった。生物はなぜ、突然、爆発的に進化したのか? この本は、そのカギは「眼」の進化によって説明できるのでないかとナゾに迫っていく。 (渡辺政隆、今西康子:訳/草思社)


生命 最初の30億年 地球に刻まれた進化の足跡

アンドルー・H.ノール

地球が誕生してから6億年ほど経った頃の約40億年前、海で生命が誕生したといわれている。生命はそれからゆるやかな進化を経て、約5億年前のカンブリア紀、カンブリア大爆発と呼ばれる大進化によって、今日の地球上で見る動物群が出現したとされる。それ以降の調査研究は盛んでよくわかってきているが、生命誕生の最初の30億年あまりは空白期間と言われた。この本は、地球生命史40億年の中で、あまり明らかにされていない生命最初の30億年で何が起こっていたのかについて述べている。 (斉藤隆央:訳/紀伊國屋書店)


細胞性粘菌のサバイバル 環境ストレスへの巧みな応答 

漆原秀子

細胞性粘菌とは、普段はアメーバのように自由に動き回る単細胞生物でありながら、餌がなくなると、単細胞が集合した多細胞生物のようにふるまうという不思議な微生物だ。研究材料として最も良く用いられている細胞性粘菌のキイロタマホコリは、ほとんどの高校生物の教科書に載っている。この本は細胞性粘菌に興味がある一般向けの入門者を対象に書かれたもの。内容は図が多用されやさしく紹介されているが、学術的にも近年の研究動向を踏まえて細胞性粘菌研究を広くカバーしており、意欲的な高校生に対して研究意欲を刺激するような内容となっている。 (サイエンス社)


本コーナーは、中高生と、大学での学問・研究活動との間の橋渡しになれるよう、経済産業省の大学・産学連携、および内閣府/総合科学技術・イノベーション会議の調査事業の一環として、企画・制作・運営されています。
各先生の所属など、掲載されている大学(学部・学科ほか)の名称は、2020年1月段階の調べによります。実際の進路選択等に際しては、各大学のHP等で改めてご確認ください。

みらいぶっくへ ようこそ ふとした本との出会いやあなたの関心から学問・大学をみつけるサイトです。
TOPページへ