建築構造・材料

建物の骨組を作る鉄、コンクリート、木材等の建築材料を選び、耐震・免震に強い新材料を開発。巨大地震にも壊れない構造制御を目指す

超高層建物の制振設計   伝統木造住宅の耐震   鋼構造/鋼・木質複合構造   高流動・高靭性コンクリート   免震ダンパー

学べる大学は?

研究をリードする大学

大学詳細

京都大学

工学部 建築学科
【 主な研究者 】
倉田真宏 林康裕 竹脇出 丸山敬 松島信一

東北大学

工学部 建築・社会環境工学科 都市・建築デザインコース、都市・建築学コース
【 主な研究者 】
大野晋 西脇智哉 五十子幸樹 前田匡樹 木村祥裕

東京工業大学

環境・社会理工学院 建築学系
【 主な研究者 】
五十嵐規矩夫 河野進 田村哲郎 元結正次郎 坂田弘安

東京大学

工学部 建築学科
【 主な研究者 】
塩原等 伊山潤

北海道大学

工学部 環境社会工学科 建築都市コース
【 主な研究者 】
白井和貴 千歩修 菊地優 岡崎太一郎
工学部 環境社会工学科 資源循環システムコース
【 主な研究者 】
胡桃澤清文

名古屋大学

工学部 環境土木・建築学科 建築学プログラム
【 主な研究者 】
飛田潤 丸山一平 尾崎文宣 護雅史 福和伸夫

東京理科大学

理工学部 建築学科
【 主な研究者 】
永野正行 兼松学 衣笠秀行
工学部 建築学科
【 主な研究者 】
伊藤拓海

千葉大学

工学部 総合工学科 建築学コース
【 主な研究者 】
平島岳夫 原田幸博 高橋徹 中村友紀子 和泉信之
工学部 総合工学科 都市環境システムコース
【 主な研究者 】
関口徹

神戸大学

工学部 建築学科
【 主な研究者 】
向井洋一 藤永隆 多賀謙蔵 山邊友一郎 難波尚

早稲田大学

創造理工学部 建築学科
【 主な研究者 】
西谷章 輿石直幸

その他の優れた大学

大学詳細

長崎大学

工学部 工学科 構造工学コース

【構造工学コース】 建築、土木、機械などの構造に関する各分野が融合された横断型の研究・学問体系となっており、構造力学とコンピュータプログラムに特化したユニークなカリキュラムである。

北九州市立大学

国際環境工学部 建築デザイン学科

【鋼構造】 建築鋼構造・合成構造の分野で精力的に解析研究・実験研究を進めている。

日本大学

理工学部 建築学科

【構造】 独立して事務所を構え、有名建築家の依頼で構造設計を行う構造設計家が数多く出ている。

関西大学

環境都市工学部 建築学科

【免震構造・制振構造・建築基礎構造】 ゼミでの指導が丁寧、実験なども実施している。


海外で学ぶなら

大学詳細

Rice University/ライス大学(米)

George R. Brown School of Engineering(Civil and Environmental Engineering 、Mechanical Engineering)

【構造制御】 S. Nagarajaiah教授は、地震時の応答を制御する「構造制御」を永く研究している。構造制御の仕組みの確立に精力的に取り組んでいる。人間的にも人格者。

University of Illinois at Urbana-Champaign/イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校(米)

Civil and Environmental Engineering(土木環境工学科)

【スマート構造技術】 この大学はUIUCとして知られ、工学系では全米有数の大学。B.F. Spencer教授は、世界のスマート構造技術研究をけん引。初期のヘルスモニタリング分野を開拓したともいえる研究者。スマート構造分野の「スター教授」といえる。

University of Michigan/ミシガン大学(米)

Civil and Environmental Engineering(土木環境工学科)

【構造ヘルスモニタリング】 ここのJerome Lynch 教授は、土木の博士であるが、電気工学の修士も持ち、センサーや電気回路にも強い。センサー開発も行う、今後の米国モニタリング分野のエースと目されている。

主な研究者

研究者詳細
原田幸博
千葉大学
工学部 総合工学科 建築学コース/融合理工学府 創成工学専攻

【建築構造・材料】鉄骨造りの建物の耐震設計を、主な研究テーマとする。また鉄骨作り建物の骨組となる構造材料の優れた性能を持つ鋼(鉄)材の構造性能の正確な評価を行う。それは構造物の長寿命化、ひいては地球全体の環境負荷低減にもなり、産業の構造変革をもたらす。

西谷章
早稲田大学
創造理工学部 建築学科/創造理工学研究科 建築学専攻

【スマート構造、】IT技術を駆使し、センサー技術と制御技術を組み合わせた「スマート構造」に取り組む。現在、地震直後に、揺れの計測データをもとに、建築構造物の安全度・健全度・危険度を、判定するシステムを構築。高速道路などインフラの老朽化にともなう劣化の判定にも生かす。

中野達也
宇都宮大学
地域デザイン科学部 建築都市デザイン学科/地域創生科学研究科 社会デザイン科学専攻

【建築鋼構造】鋼構造建築物における接合部の力学の解明と新しい接合工法の開発する、実験研究に強みあり。

吉敷祥一
東京工業大学
環境・社会理工学院 建築学系/未来産業技術研究所/フロンティア材料研究所

【建築鋼構造】地震による損傷制御を実現する免震、制振による高度な耐震技術を研究。機械構造や建築物の振動を減衰する装置、ダンパーの性能を分析し、実験研究を精力的に行っている。

倉田真宏
京都大学
工学部 建築学科/工学研究科 建築学専攻/防災研究所

【鉄骨構造・構造ヘルスモニタリング】米国大学のPhDを取得し構造ヘルスモニタリングの海外若手研究者とのネットワークを持っている。今後の日本のモニタリング関連分野をけん引する可能性大。

仁田佳宏
足利大学
工学部 創生工学科 建築学コース/工学研究科 建設・環境工学専攻

【構造ヘルスモニタリング】構造ヘルスモニタリンの研究を行っている。近年は地震直後に天井内部の破損状況をロボットを使って判定するシステムを構築している。

三田彰
慶應義塾大学
理工学部 システムデザイン工学科/理工学研究科 開放環境科学専攻

【ヘルスモニタリング】センサの開発をしている。構造ヘルスモニタリング研究を永年行っている。

興味がわいたら

図解・超高層ビルのしくみ 建設から解体までの全技術

鹿島:編

地震と台風の国、日本の最新の建設技術がコンパクトに、わかりやすく説明されている。地震動や台風の暴風雨に備える耐震技術、大工事を滞りなく行うノウハウ、1万人が安全・快適に過ごすためのエレベーターや空調、防災設備などを、多くの超高層ビルを手掛けてきた建設会社ならではの視点で解説する。 (ブルーバックス)


地震と建築

大崎順彦

地震を受けると建物の骨組がどうなるのか、地震のメカニズムとその性質から説き明かし、地盤によってその被害がどう変わるのかを具体的に説明。建物の耐震安全性を論ずる上で必要な基礎知識が、非常にコンパクトにわかりやすく解説されている。建築構造の一般向けの書籍として有名だが、この分野の学部生・大学院生へも薦められる。研究者にとっても折に触れて手にする度に新たな発見がある。 (岩波新書)


初学者のための新・建築構造入門

西谷章

これから建築を学ぼうとする人向けに、建築構造の仕組みや考え方を、数式をほとんど使わずに平易に解説。建築構造の全体像を大掴みに学ぶ本として適している。読者から好評で、改訂前の前著『初学者のための建築構造入門』と合わせて1万部出版されている。建築構造研究にはどんな研究があるか、どんな新しい構造があるかなどもわかる。 (鹿島出版会)


鉄筋コンクリート構造入門

西谷章

鉄筋コンクリート建物の構造設計の流れを解説している。これを読めば、構造設計を行えるように構成されており、実務についたばかりの人にも読まれている。構造計算書事例も付し、学習者が実務についた際に参照できる。初版からの累計で、1万部出版。 (監修:松井源吾/鹿島出版会)


本コーナーは、中高生と、大学での学問・研究活動との間の橋渡しになれるよう、経済産業省の大学・産学連携、および内閣府/総合科学技術・イノベーション会議の調査事業の一環として、企画・制作・運営されています。
各先生の所属など、掲載されている大学(学部・学科ほか)の名称は、2020年1月段階の調べによります。実際の進路選択等に際しては、各大学のHP等で改めてご確認ください。

みらいぶっくへ ようこそ ふとした本との出会いやあなたの関心から学問・大学をみつけるサイトです。
TOPページへ