エンタテインメント・ゲーム情報学

コンピュータを用い、VR、CG、ゲーム機など人を楽しませるデジタルコンテンツ機器を開発し、これらに関連する情報処理方式を追求する~エンタテインメント系情報学

MIDIなど音楽のデジタルデータ処理   Wii等のバーチャルリアリティのアミューズメント   3Dコンテンツアニメーション   インタラクティブアート(観客が参加する芸術作品)   ネットワークゲーム/オンラインゲーム/eSports

学べる大学は?

研究をリードする大学

大学詳細

北陸先端科学技術大学院大学

先端科学技術研究科 先端科学技術専攻
【 主な研究者 】
池田心 飯田弘之 東条敏

東京大学

教養学部 学際科学科 総合情報学コース
【 主な研究者 】
金子知適
工学部 機械情報工学科
【 主な研究者 】
廣瀬通孝

電気通信大学

情報理工学域 Ⅰ類(情報系) メディア情報学プログラム
【 主な研究者 】
児玉幸子

名古屋大学

情報学部 人間・社会情報学科
【 主な研究者 】
安田孝美
情報学部 コンピュータ科学科
【 主な研究者 】
武田一哉

早稲田大学

基幹理工学部 表現工学科
【 主な研究者 】
河合隆史

九州大学

芸術工学部 芸術工学科 メディアデザインコース
【 主な研究者 】
伊藤裕之

愛知工業大学

情報科学部 情報科学科
【 主な研究者 】
水野慎士 伊藤雅

その他の優れた大学

大学詳細

お茶の水女子大学

理学部 情報科学科

【情報科学】 インタラクション技術、メディア技術の第一線で活躍する教員が豊富である。

京都工芸繊維大学

工芸科学部 情報工学課程

神戸大学

工学部 電気電子工学科

【ウェラブルコンピューティング】 ウェラブルコンピューティングに関する独創的な研究が印象的である。

公立はこだて未来大学

システム情報科学部 情報アーキテクチャ学科 情報デザインコース

東京工科大学

メディア学部 メディア学科 メディアコンテンツコース

【メディアサイエンス】 CG技術、インタラクション技術、メディア技術の第一線で活躍する教員が豊富である。

明治大学

総合数理学部 先端メディアサイエンス学科

【メディアサイエンス】 インタラクティブコンテンツに関するユニークな提案が印象的である。

豊田工業大学

工学部 先端工学基礎学科

【電子情報分野】 従来の縦割り型の教育研究とは異なり、複数の分野を横断して新たな研究領域を切り拓くべく、柔軟な発想力と応用力の育成に取り組んでいる。

京都産業大学

情報理工学部 情報理工学科


海外で学ぶなら

大学詳細

Massachusetts Institute of Technology/マサチューセッツ工科大学(米)

Media Lab

【インタラクティブメディア】 インタラクティブメディアに関する斬新な研究を次々に開拓。

主な研究者

研究者詳細

囲碁ソフトでプロ棋士に勝つためのシステムの最適化に挑戦!

伊藤雅
愛知工業大学
情報科学部 情報科学科/経営情報科学研究科 経営情報科学専攻

AI囲碁が人間のプロ棋士に勝ったニュースが世界中を駆け巡りましたが、将棋やチェスに比べて、依然、囲碁はAIの難敵です。チェスや将棋のAIは盤面評価関数という数学を用い・・・

CG・インタラクション技術で世の中をもっと楽しく!

水野慎士
愛知工業大学
情報科学部 情報科学科 メディア情報専攻/経営情報科学研究科 経営情報科学専攻

コンピュータを用いた映像美術の世界では、ゲームや3DCGアニメーション、作品と観客の参加によって形成されるインタラクティブ(双方向)・メディアアートなど、様々なエンタ・・・

伊藤貴之
お茶の水女子大学
理学部 情報科学科/人間文化創成科学研究科 理学専攻

【マルチメディア、可視化】可視化技術やサウンド技術など、様々な分野を積極的に研究している。

五十嵐健夫
東京大学
理学部 情報科学科/情報理工学系研究科 創造情報学専攻

【インタラクティブCG、インタフェース】インタラクティブCGの分野の世界的な第一人者である。

塚本昌彦
神戸大学
工学部 電気電子工学科/工学研究科 電気電子工学専攻

【ウェラブルコンピューティング】ウェラブルコンピューティングやロボットに関わる独創的な研究を行っている。

三上浩司
東京工科大学
メディア学部 メディア学科 メディアコンテンツコース/バイオ・情報メディア研究科 メディアサイエンス専攻

【デジタルコンテンツ制作技術】デジタルコンテンツに関する造詣が深く、幅広い人脈を生かした研究を行っている。

宮下芳明
明治大学
総合数理学部 先端メディアサイエンス学科/先端数理科学研究科 先端メディアサイエンス専攻

【メディアサイエンス】インタラクティブコンテンツに関してソフトとハード共に積極的に研究している。

三輪誠
豊田工業大学
工学部 先端工学基礎学科/工学研究科 情報援用工学専攻

【機械学習、ゲームの人工知能】ゲームの人工知能などで充実した学会活動を行っている。

池田心
北陸先端科学技術大学院大学
先端科学技術研究科 先端科学技術専攻 ゲーム・エンタテインメント領域

【ゲーム情報学、機械学習】情報処理学会ゲームプログラミングワークショップのプログラム委員長を歴任した。

松原仁
公立はこだて未来大学
システム情報科学部 複雑系知能学科/システム情報科学研究科 システム情報科学専攻

【人工知能】コンピュータ囲碁フォーラム会長を務めた。

近藤邦雄
東京工科大学
メディア学部 メディア学科 メディアコンテンツコース/バイオ・情報メディア研究科 メディアサイエンス専攻

【インタフェース、視聴覚情報処理】長きにわたり日本のCG研究の第一人者であり、現在も積極的に活躍している。

興味がわいたら

Unity2018入門 最新開発環境による簡単3D&2Dゲーム制作

荒川巧也、浅野祐一

最も代表的なゲーム開発環境であるUnityの入門書。ゲームやインタラクティブデジタルコンテンツは映像を用いる場合が多いが、その実現にはCG、画像処理、数学、物理などの知識やプログラミング技術が必要で、高校生にはやや敷居が高い。Unityは無料で手に入れることができ、プログラムをしなくてもリアルタイム三次元CGが制作できるので、Unityを通じてインタラクティブデジタルコンテンツの映像制作の一端を体験してもらいたい。Kinect、Oculus、LeapMotionなどのハードウェアとの連携も充実しており、プログラミング技術を習得することで多様なコンテンツ制作の可能性が広がる。本の中では簡単なゲームプログラミング方法が具体的に記述されており、ゲーム制作を通じてUnityの基礎を習得することができる。 (SBクリエイティブ)


ビジュアル情報処理 CG・画像処理入門

CGArts協会

インタラクティブデジタルコンテンツを実現するために用いられているCGや画像処理に関する技術が紹介されている。用語解説や図も豊富で、入門書として適している。 (CG Arts協会)


Computer Graphics Gems JP 2015 - コンピュータグラフィックス技術の最前線

山本醍田ほか

現役のCG研究者による最新CG研究が紹介されている。明治大学・五十嵐悠紀先生や、静岡大学・岡部誠先生、九州大学・森本有紀先生らも執筆。レンダリング、アニメーション、イメージマニュピュレーション、コンピュテーショナルフォトグラフィの4つのセクションがあり、実践的なサンプルコード付きで解説。 (山本醍田、鈴木健太郎、小口貴弘、德吉雄介、白鳥貴亮、向井智彦、五十嵐悠紀、岡部誠、森本有紀、上瀧剛、坂東洋介/ボーンデジタル)


インタラクション2017

情報科学のみならず、認知科学や芸術系、人文系も含め、大学や企業の研究者が集まり、日本のインタラクションに関わる最新の技術や情報交換をするシンポジウム「インタラクション」。毎年開かれ、参加者約700人規模。その2017年度のサイト。「アーカイブ」→「予稿集」には、すべての論文データが公開されており、最新研究を見ることができる。


本コーナーは、中高生と、大学での学問・研究活動との間の橋渡しになれるよう、経済産業省の大学・産学連携、および内閣府/総合科学技術・イノベーション会議の調査事業の一環として、企画・制作・運営されています。
各先生の所属など、掲載されている大学(学部・学科ほか)の名称は、2020年1月段階の調べによります。実際の進路選択等に際しては、各大学のHP等で改めてご確認ください。

みらいぶっくへ ようこそ ふとした本との出会いやあなたの関心から学問・大学をみつけるサイトです。
TOPページへ