物理/素粒子、宇宙

量子革命 アインシュタインとボーア、偉大なる頭脳の激突

マンジット・クマール

量子力学の黎明期を駆け抜けた偉人たちの、世代を超えたタスキリレーを描いています。想像力と知的好奇心を原動力に、実験データと理論モデルというタスキが、次々と渡されていきます。天才たちの手によって全く新しい物理学分野が、意図せず生み出されていく様は爽快です。その当時には突拍子もない仮説でも、後々正しいと証明される科学の醍醐味を教えてくれます。前期量子論を習った高校生におすすめです。 (青木薫:訳/新潮文庫)

同じ分野のおススメ本

こちらもおススメ




みらいぶっくへ ようこそ ふとした本との出会いやあなたの関心から学問・大学をみつけるサイトです。
TOPページへ