文学・芸術

有頂天家族

森見登美彦

ユーモアに満ちたファンタジー作品を多く手がけてきた人気作家・森見登美彦さんの一冊。主人公である狸たちが京都の町を舞台に、命がけで人間や天狗とのドタバタ騒動を巻き起こす。歴史ある京都の街並みの風情とともに、だいぶデフォルメされてはいるが大学の様子が描かれているのも楽しい。 (幻冬舎文庫)

同じ分野のおススメ本

こちらもおススメ


みらいぶっくへ ようこそ ふとした本との出会いやあなたの関心から学問・大学をみつけるサイトです。
TOPページへ