文学・芸術

映像研には手を出すな!

アニメ制作に突き動かされる高校生の青春物語です。原作マンガも素晴らしいのですが、アニメ版はまさしく一見の価値ありです。アニメとは何かをアニメで表現するこの作品には、制作陣の熱がみなぎっています。アニメは複雑な工程をもつ媒体であるため、そこに関わる多数のスタッフが円滑に協働作業を進めなければ、作品として成立しません。途方もない地道な作業とそれを支える情熱があってこそ、作品は私たち視聴者のもとに届けられるのです。

視聴者がつい忘れてしまいがちな事実に、この作品は気づかせてくれます。そして、アニメという表現がどのような経緯で成立し、いかに人々に受容されてきたのかを教えてくれます。(※画像はTVアニメ『映像研には手を出すな!』公式ガイド)

同じ分野のおススメ本

みらいぶっくへ ようこそ ふとした本との出会いやあなたの関心から学問・大学をみつけるサイトです。
TOPページへ