構造・機能材料

飛行機・自動車・電車・船・橋・建築物など産業基盤を支える構造物を作るための、高機能で環境にもやさしい様々な機能材料を開発する工学

機能性高分子材料   感光性樹脂   形状記憶合金   ナノテクノロジー

学べる大学は?

研究をリードする大学

大学詳細

東北大学

工学部 材料科学総合学科 知能デバイス材料学コース
【 主な研究者 】
高村仁 杉本諭 吉見享祐 須藤祐司 小池淳一
工学部 材料科学総合学科 金属フロンティア工学コース
【 主な研究者 】
貝沼亮介
工学部 材料科学総合学科 材料システム工学コース
【 主な研究者 】
野村直之
工学部 材料科学総合学科 材料環境学コース
【 主な研究者 】
吉川昇
工学部 機械知能・航空工学科 エネルギー環境コース
【 主な研究者 】
柴田悦郎 佐藤義倫
工学部 機械知能・航空工学科 機械システムコース
【 主な研究者 】
雨澤浩史
工学部 機械知能・航空工学科 量子サイエンスコース
【 主な研究者 】
井上耕治

大阪大学

工学部 応用理工学科 マテリアル生産科学科目 マテリアル科学コース
【 主な研究者 】
安田弘行 多根正和 中野貴由 水野正隆 萩原幸司
工学部 応用理工学科 マテリアル生産科学科目 生産科学コース
【 主な研究者 】
望月正人
基礎工学部 システム科学科 機械科学コース
【 主な研究者 】
堀川敬太郎

九州大学

工学部 物質科学工学科 材料科学工学コース
【 主な研究者 】
土山聡宏 金子賢治 田中將己
工学部 物質科学工学科 応用化学コース
【 主な研究者 】
石原達己
工学部 エネルギー科学科 エネルギー物質工学コース
【 主な研究者 】
光原昌寿 板倉賢 中島英治
工学部 機械航空工学科 機械工学コース
【 主な研究者 】
津崎兼彰 佐々木一成 戸田裕之

京都大学

工学部 物理工学科 材料科学コース
【 主な研究者 】
岸田恭輔 辻伸泰 乾晴行 杉村博之
工学部 地球工学科 資源工学コース
【 主な研究者 】
馬渕守
工学部 工業化学科 創成化学コース
【 主な研究者 】
三浦清貴

東京工業大学

物質理工学院 材料系
【 主な研究者 】
細田秀樹 河村憲一 上田光敏 森川淳子 竹山雅夫

名古屋大学

工学部 マテリアル工学科
【 主な研究者 】
黒田健介 山本剛久
工学部 物理工学科
【 主な研究者 】
竹中康司
工学部 エネルギー理工学科
【 主な研究者 】
八木伸也

東京大学

工学部 マテリアル工学科
【 主な研究者 】
喜多浩之 榎学 幾原雄一 井上純哉

熊本大学

工学部 材料・応用化学科
【 主な研究者 】
松田光弘 山崎倫昭 高島和希 連川貞弘 河村能人 峯洋二

その他の優れた大学

大学詳細

北海道大学

工学部 応用理工系学科 応用マテリアル工学コース

材料学に対してバランスよく教育が行われている。

愛媛大学

工学部 工学科 機械工学コース

【超高圧下におけるLPSO構造の生成】 超高圧処理による新規LPSO型マグネシウム合金、構造形成物質の探索


海外で学ぶなら

大学詳細

Massachusetts Institute of Technology/マサチューセッツ工科大学(米)

【材料科学】 材料学の分野で世界トップレベル。

University of California, Berkeley/カリフォルニア大学バークレー校(米)

【材料科学】 材料学の分野で世界トップレベル。

University of Cambridge/ケンブリッジ大学(英)

【材料科学】 材料学の分野で世界トップレベル。

University of Oxford/オックスフォード大学(英)

Department of Materials

【材料科学】 世界中の研究者が集まってくるため、刺激がとても大きい。

主な研究者

研究者詳細
田中將己
九州大学
工学部 物質科学工学科 材料科学工学コース/工学府 物質プロセス工学専攻

【結晶塑性学】なぜ金属元素や組織が低温でもろくなるのか、原子運動の挙動に着目して探求。そのために、極低温での破壊試験や電子顕微鏡を使って、材料が壊れるときの原子の動きを観察。「硬いがもろくない材料」の開発とそのメカニズムの解明を進める。

峯洋二
熊本大学
工学部 材料・応用化学科/自然科学教育部 材料・応用化学専攻

【材料強度】金属の機械的性質に及ぼす水素の影響についての第一人者。

小山佳一
鹿児島大学
理学部 理学科 物理・宇宙プログラム

【磁場を利用した磁性材料の研究開発】磁気物理学、強磁場科学を専門に、磁性物質の特性の起源解明や、磁場で物質の特性を制御する研究。東京大学、東北大学等の共同利用施設を院生とともに積極的に利用してたくさんの研究成果を挙げている。

細田秀樹
東京工業大学
物質理工学院 材料系/未来産業技術研究所/フロンティア材料研究所

【形状記憶合金】医療用の金属材料及び形状記憶合金の開発で有名。

下川智嗣
金沢大学
理工学域 機械工学類 機械数理コース/自然科学研究科 機械科学専攻

【分子動力学法により結晶塑性】計算機実験によって原子の動きを求め、結晶の変形を明らかにしている。

辻伸泰
京都大学
工学部 物理工学科 材料科学コース/工学研究科 材料工学専攻

【バルクナノメタルの力学特性】結晶粒が小さな材料の特異な特性の起源を追求している。

乾晴行
京都大学
工学部 物理工学科 材料科学コース/工学研究科 材料工学専攻

【結晶塑性学】金属結晶は力を加えると最初弾性変形したのち、ある程度以上の力で永久変形に移る。この結晶塑性の性質に関して大きな業績を有する。

萩原幸司
大阪大学
工学部 応用理工学科 マテリアル生産科学科目 マテリアル科学コース/工学研究科 知能・機能創成工学専攻

【結晶塑性学】理論的な考察に優れている。

三井好古
鹿児島大学
理学部 理学科 物理・宇宙プログラム/理工学研究科 理学専攻 物理・宇宙プログラム

【磁場を利用した磁性材料の研究開発】強磁場、磁性、強磁場材料学をキーワードに磁場中の熱処理による磁性材料を合成する研究。東京大学、東北大学等の共同利用施設を院生とともに積極的に利用して沢山の研究成果を挙げている。

重田出
鹿児島大学
理学部 理学科 物理・宇宙プログラム/理工学研究科 理学専攻 物理・宇宙プログラム

【“ハーフメタル”の物質開発】電子のスピンが空間的に偏ったスピン分極状態の系で、一方が半導体的、もう一方が金属的な状態になった性質をハーフメタルという。スピントロニクスの分野にとって非常に重要なこの性質を調べる研究を行っている。

尾中晋
東京工業大学
物質理工学院 材料系

【材料の力学物性についてのマイクロメカニックスによる解析】数学に基づいて材料が強くなるメカニズムの理論的根拠を構築している。

高島和希
熊本大学
工学部 材料・応用化学科/自然科学教育部 材料・応用化学専攻

【材料強度学、材料評価学】材料は、微視的に見ていくと、原子が集まって結晶を組み、それらが集合して一つの結晶粒を、さらにそれらが集まったもので構成される。このよう材料の「微細組織」を計測する世界最先端、最高性能を持ったマイクロ材料試験装置を開発。どのような組織で材料を構成したときに、材料の強度が強くなるかを調べる。

河村能人
熊本大学
工学部 材料・応用化学科 物質材料工学教育プログラム/自然科学教育部 材料・応用化学専攻 物質材料工学教育プログラム/先進マグネシウム国際研究センター

【マグネシウム合金】KUMADAIマグネシウム合金の開発者として世界的に有名。

藤井伸平
鹿児島大学
理学部 理学科 物理・宇宙プログラム/理工学研究科 理学専攻 物理・宇宙プログラム

【電子物性理論、計算物理】磁性を使い、冷却時に応答速度が遅いという形状記憶合金の欠点を克服する研究。ハーフメタルという新しいタイプの磁性材料にも取り組む。ハーフメタルは半分金属という意味ではなく、スピンの向きを制御することで、新しい磁気メモリとしての応用が期待される。

興味がわいたら

カラー図解 鉄と鉄鋼がわかる本

新日鉄住金株式会社:編

我が国において、鉄鋼材料は年間約1億トンと最も多く生産されている。2番目はアルミニウムだが、生産量は約200万トンと、鉄鋼材料とは大きな開きがある。すなわち、現在でも鉄器時代が続いていると言えるだろう。鉄鋼材料が、なぜ現在でも使用されているか、この本から学んで欲しいと思う。 (日本実業出版社)


カラー図解 鉄の未来が見える本

新日鉄住金株式会社:編

『鉄と鉄鋼がわかる本』の第二弾。金属材料の性質が、原子構造や、それが集合した微細組織に大きく依存していることが紹介されており、微細組織を制御することで、いろいろ異なった性質が発現できることが紹介されている。また、そのような金属材料が、我々の生活にいかに重要かが学べるだろう。 (日本実業出版社)


金属材料の最前線 近未来を拓くキー・テクノロジー

東北大学金属材料研究所:編

日々進化する金属材料の研究。新材料の開発は、人々の生活を激変させる力すら持っている。世界的に金属材料研究の先端を行く東北大学金属材料研究所により、新材料の開発に関する話がわかりやすくまとめられている。 (ブルーバックス)


ミクロにひそむ不思議 電子顕微鏡で身近な世界を見る

牛木辰男、甲賀大輔

植物、虫、食べ物、日用品など身近なものを電子顕微鏡で見たらどうなるかを、多数例示した書籍。中高生向けに書かれたものだが、興味を惹かれるビジュアルの世界は誰が読んでも楽しい。「電子」を身近に感じられるかもしれない。 (岩波ジュニア新書)


本コーナーは、中高生と、大学での学問・研究活動との間の橋渡しになれるよう、経済産業省の大学・産学連携、および内閣府/総合科学技術・イノベーション会議の調査事業の一環として、企画・制作・運営されています。
各先生の所属など、掲載されている大学(学部・学科ほか)の名称は、2020年1月段階の調べによります。実際の進路選択等に際しては、各大学のHP等で改めてご確認ください。

みらいぶっくへ ようこそ ふとした本との出会いやあなたの関心から学問・大学をみつけるサイトです。
TOPページへ